ZiZiの書き殴り妄想ノート

興味を持った事柄をその場で躊躇なくメモる

タグ:microsoft

ITライフハック
慣れないオールドタイプの嘆き アナタはWindows 8の新UIにすぐに慣れた? 【デジ通】
Windows 8の新しいインターフェイスは、タッチ操作によって、より便利に使えるようになっている、つまりタブレットに最適化されており、従来のマウスとキーボード操作を中心とした使い方から変化し、これからのPCはタッチ操作を主流とする流れへと進んで行くことを示している。

ここで行きあたる問題としては、従来のマウスとあキーボード中心のUIに慣れてきたオールドタイプと新しいタッチ操作にすぐに慣れてしまうニュータイプとの違いだ。

今回は、オールドタイプの嘆きとでも思ってもらって結構だが個人的には発売前から各社のWindows 8のタッチ操作対応モデルを長期間使用したが、いまだに慣れることができないでいる。一般的に新しいデバイスを使用し始めて、使い勝手が優れていれば、使い始めの違和感があったとしても数日使えば慣れることができる。しかし、筆者だけなのかは知らないがWindows 8を搭載する様々な機種を数週間程度使用し続けてきたものの、操作の作法はある程度わかってきたが、まだ“慣れた”とまでいっていない。

これについて日本マイクロソフトの樋口社長は

「何か画期的な変化を起こそうとすると、これまでのやり方をある程度変えなければいけない」

「いまのWindows 8の設計思想、考え方は自信を持っている。
 かつ新しいインターフェースもすぐに慣れるようにできているので、そこは慣れていただくと」

と答えている。

また某メーカーの代表者も「数日前から使い始めたがだんだん慣れてきた」と筆者の質問に答えたが、数週間後に同じ質問をして「もう完全に慣れた」と答えが返ってくるかどうかは疑問だ。


Windows 8のインターフェイスについて日本マイクロソフトの樋口社長が語る(動画)

日本のPCメーカーはサポートの良さ売りだが、NECなどはWindows 8発売に合わせてサポート体制の強化を発表するように、ユーザーが戸惑う部分については各社とも織り込み済みのようだ。

実際に初めて使う場合、ログインから、ソフトの起動や終了、電源のシャットダウンまで、様々な部分で戸惑うだろう。もちろんAndroidやiOS6といったタッチ操作を基本としている別の製品には見られない良い部分もある。ただ、まだまだ洗練されていないUIだなと思うことの方が筆者的には多い。

筆者が様々な機種を使う中で身についてしまった操作に、Windows 8がインストールされているPCであれば、タッチパネルが搭載しているという前提で、タッチ非対応の機種でもついつい画面を触ってしまうという点だ。これはAndroidやiOS6を普段使い慣れていることに通じるものがある。

現状ではタッチパネルに対応していないWindows 8搭載PCも多く存在しているが、ユーザーがタッチパネル対応のWindows 8に慣れれば慣れるほど、すべての製品がタッチパネル対応にせざるを得なくなるのではないかとも思えてくる。

「できる!私にもこのUI操作ができるぞ!」と、筆者がWindows 8のUIに慣れるのはいつになるだろうか。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)] 

digi2は「デジタル通」の略です。現在のデジタル機器は使いこなしが難しくなっています。
皆さんがデジタル機器の「通」に近づくための情報を、皆さんよりすこし通な執筆陣が提供します。

デジ通の記事をもっと見る
Windows前夜祭で展示されたPC一覧 ノート、タブレット編
いよいよ発売開始  もの凄い盛り上がりを見せたWindows 8関連イベント
Windowsタブレット購入時の注意点! スペックを確認しストレージの空き容量に注目!
Windowsストアアプリの立ち上げに注目! Windows 8への最適化はどこまで進んでいるか?
新UIの使い心地次第! Windows 8へのアップグレードの判断

グリーンハウス 21.5インチタッチパネルワイド液晶ディスプレイ HDMI ブラック GH-JTJ223GSHB
グリーンハウス 21.5インチタッチパネルワイド液晶ディスプレイ HDMI ブラック GH-JTJ223GSHB
クチコミを見る
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr


エスマックス
Microsoft、自社ブランドのタブレット「Surface with Windows RT」の詳細を発表!499ドル~

Surface with Windows RTのスペックや価格が発表!

Microsoftは16日(現地時間)、自社ブランドの10.6インチインチタブレット端末「Surface with Windows RT」のスペックや価格といった詳細を発表しています。発売は2012年10月26日(金)を予定。

価格は内蔵ストレージが32GBモデルで499ドル、64GBで799ドル、その他、本体(32GBモデル)にタッチキーボード機能付きの画面カバー「Touch Cover」(ブラック)を同梱するモデルで599ドルとのこと。

なお、Touch Cover(ブラック、ホワイト、マゼンダ、シアン、レッド)は119.99ドルで別売りされ、タッチ式ではない従来型キーボード「Type Cover」(ブラック)も129ドルで販売されます。

販売は、米国などで展開している「Microsoft Store」で行うほか、オンラインでは、オーストラリアやカナダ、中国、フランス、ドイツ、香港、英国の8地域で購入できるとのこと。これらに日本は含まれておらず、国内での販売および価格などについては不明。

02


Surface with Windows RTは、同じく10月26日に発売開始されるMicrosoftの最新プラットフォーム「Windows 8」のARMプロセッサ-向けバージョン「Windows RT」を搭載した同社初の自社ブランドによるタブレット端末です。

これまで発売日とおおまかなスペックのみ発表されていましたが、今回、発売を直前にして詳細なスペックや価格が明らかにされました。

また、Windows 8 Proを搭載した上位モデル「Surface with Windows 8 Pro」が2013年1月に発売予定ですが、これについては現時点で価格などは未定となっています。

03


■Surface with Windows RTの主な仕様
ディスプレイ:10.6インチ 1366×768ドット
大きさ:約275×172×9.4mm
質量:約680g
CPU:NVIDIA T30
内蔵ストレージ:32GBおよび64GB
メモリー(RAM):2GB
外部メモリースロット:microSD/microSDHC/microSDXC
ワイヤレス:IEEE802.11a/b/g/n準拠、Bluetooth 4.0
カメラ:720p HD(フロント/リア)
オーディオ:マイク×2、ステレオスピーカー
ポート:USB 2.0、ヘッドセットジャック、HDビデオ出力、カバーポート
センサー:加速度センサー、照度センサー、ジャイロスコープ、電子コンパス

記事執筆:S-MAX編集部


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Micrsoft、Windows 8を10月26日に発売開始!独自ブランドタブレット「Surface for Windows RT」も同日発売 - S-MAX - ライブドアブログ
Microsoft Announces New Surface Details
Surface by Microsoft, Pre-Order the New Windows Tablet
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr



9582

マイクロソフトのスティーブ・バルマー(Steve Ballmer)最高経営責任者(CEO)はサーフェスを「仕事にも遊びにも使える」タブレットだと説明した。  OSにARM製モバイル機器用CPUに対応した「Windows RT」を搭載したバージョンは厚さ9.3ミリ、重さ676グラム。10.6インチの高精細スクリーンを搭載し、記憶容量は32GBと64GBの2種類。  Windows 8 Pro搭載バージョンは、厚さ13.5ミリ、重さ903グラムで、記憶容量は64GBと128GBの2種
Share on Tumblr

↑このページのトップヘ