ZiZiの書き殴り妄想ノート

興味を持った事柄をその場で躊躇なくメモる

タグ:Windows8

Windows 8のコントロールパネルやタスクマネージャーをショートカットから開く【知っ得!虎の巻】


前回は、チャームの設定よりコントロールパネルを開いて、省電力モードに切り替える方法を解説した。今回は、ショートカットからコントロールパネルを開く方法を解説しよう。キーボード中心の利用を中心で作業しているなら、こちらのほうが便利だ。
■知っ得No.493 [Windowsロゴ]+[X]キーで「高度なコンテキストメニュー」を表示
さまざまな設定画面を呼び出したり、スタート画面と検索画面を行き来したりするには、チャームを利用する。しかし、画面をスワイプしてチャームを呼び出し、メニューを選択する手順が面倒だと思ったら、「高度なコンテキストメニュー」を表示するショートカットを覚えておくと便利だ。

[Windowsロゴ]+[X]キーを押すと、画面の左下にメニューが表示される。ここから、コントロールパネル、タスクマネージャー、エクスプローラーなどの機能を呼び出すことができる(画面1、画面2)。
画面1 [Windowsロゴ]+[X]キーを押すと、画面の左下にメニューが表示される。ここでは、[コントロールパネル]を選択する。

画面2 デスクトップにコントロールパネルが表示された。

なお、このメニューはデスクトップだけでなく、スタート画面やWindowsストアアプリ上からも利用可能だ。デスクトップにすばやく戻ったり、検索画面に切り替えて、アプリを起動したりすることもできる。

キーボードとマウス中心の操作なら、このほうが手早く機能を呼び出せる。画面の左下を右クリックして、呼び出すことも可能だ。Windowsを管理する機能をすばやく呼び出したいときに利用すると便利だ。

編集部:池田利夫+岡本奈知子(ジャムハウス
制作編集:エヌプラス
Copyright 2013 LINE Corp. All rights reserved.

■PC便利技が満載!「知っ得!虎の巻」ブログ
ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

「知っ得!虎の巻」の記事をもっとみる
Windows 8を省電力設定にするには?
Firefoxに世界の時刻を表示する
Excelで指定した印刷範囲を無視して全体を印刷する

ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY

Share on Tumblr

Windows 8のエクスプローラーなら拡張子や隠しファイルの表示が簡単【知っ得!虎の巻】


Windows 8は、エクスプローラーにもリボンメニューを採用している。これまでのドロップダウンメニューに慣れたユーザーは、戸惑うかもしれないが、よく使う設定がわかりやすい場所に配置されるなど、さまざまな工夫がされている。今回は、拡張子や隠しファイルを表示してみよう。

■知っ得No.452 エクスプローラーで拡張子と隠しファイルをオンにする
以前のエクスプローラーで、拡張子や隠しファイルを表示するには、いったん[フォルダオプション]を表示する必要があった。さらに、フォルダオプション内には数多くのチェックボックスが並んでいて、目的の項目が見つけづらいこともあった。

Windows 8では、リボンメニューの[表示]に、大きく[ファイル名拡張子]と[隠しファイル]の項目が用意されている。ここをタップまたはクリックすることで、表示/非表示を切り替えられる。
画面1 タスクバーの[エクスプローラー]アイコンをタップし、エクスプローラーを表示。ファイルを確認したいフォルダーを開く。

画面2 [v](リボンの展開)をタップ(クリック宇)する。

画面3 [表示]タブをタップする。

画面4 [ファイル名拡張子]や[隠しファイル]のチェックボックスをオンにすると、該当する情報が表示される。

Windows 8のデスクトップ画面を一見すると、従来と似ているように思えるが、変更点も多い。使い始めるときには、エクスプローラーの各機能についても確認しておこう。

編集部:池田利夫+岡本奈知子(ジャムハウス
制作編集:エヌプラス
Copyright 2013 livedoor. All rights reserved.

■PC便利技が満載!「知っ得!虎の巻」ブログ
ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

「知っ得!虎の巻」の記事をもっとみる
Windows 8の文字入力位置をすぐに見つける方法く
Firefoxの表示倍率を手早く数字で指定する
ExcelやWordで他人のデータを上書きしないようにするワザ
Windows 8を素早くシャットダウンする方法
Firefoxのタブをたくさん開いたらツリー表示でわかりやすく
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY


Share on Tumblr

ITライフハック
タッチ液晶が大きく進化! センサーの大進化でペンと指を個別認識【デジ通】
Windows 8対応製品の中で、他のタブレット製品に対して優位に立てる点が電磁誘導ペン(デジタイザペン)を使える製品が多く用意されているところだ。通常のタッチセンサーに加えペンでの操作に対応することで、実際の紙にペンで書いているような使い方が期待できる。

さらに、今後登場してくる高性能な静電式センサーの液晶パネルでは、電磁誘導ペンがいらなくなるくらいの精度で、静電式センサーだけでペンや指を切り替えて使えるようになる。
■電磁誘導ペン
最近の液晶パネルでのタッチ対応は静電式によるものだ。これに電磁誘導ペンを使えるようにするには、静電式センサーの他に電磁誘導ペンへのハードウェア対応が必要になる。

ソニーのVAIO Duo 11に提供されるMetaMoJiのNote Anytime for VAIOでは、指の操作と電磁誘導ペンの操作を切り替えることで、実際に紙とペンで書いているような操作性を実現しようとしている。

電磁誘導ペンには一般的にバッテリーが入っており、より精密な操作ができるし、ボタンがあるので実際のペン以上の使い方ができる。

しかし、電磁誘導ペンを使うには、指で操作するための静電式センサーに加えて、電磁誘導ペンそのものも必要だし、さらにセンサー自体の対応が必要になる。

■これからの静電式センサー


この電磁式ペンなどが必要なくなりそうなのが、これから製品化が期待される静電式のセンサーだ。静電式のタッチパネルは液晶自体からのノイズがタッチパネルの精度に影響している。シャープのIGZOなどは、そのノイズが減るため、タッチパネルの精度向上が期待できるとしている。

世界最大規模のフラットディスプレイ関連の展示会であるFPD International 2012で、ジャパンディスプレイが液晶パネルにセンサーをインプリメントする「Pixel Eyes」を応用したタッチセンサーのデモを行っていた。


ジャパンディスプレイの高性能タッチセンサー内蔵液晶(動画)

ここでは、ペンのみで操作できるように設定されていたが、電磁誘導ペン並みの精度で静電容量式センサーのタッチパネルPixel Eyesを通常のペンで操作することができた。

ペンは静電式に対応できるモノが必要になるが、バッテリーや特殊な機器も必要ではなく、指とペンでの操作を認識できる。このため従来は静電式センサーによる指の操作と、電磁誘導ペンでの操作を切り替えていたことが静電式センサーのみでできるようになるわけだ。さらに、今回紹介した技術ではセンサー自体を液晶パネルへインプリメントしているので、液晶の薄型化も可能になっている。将来の応用製品が楽しみだ。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)] 

digi2は「デジタル通」の略です。現在のデジタル機器は使いこなしが難しくなっています。
皆さんがデジタル機器の「通」に近づくための情報を、皆さんよりすこし通な執筆陣が提供します。

デジ通の記事をもっと見る
Kindleも「konozama」か? さいたま市で評判の悪いAmazon配送業者
万歩計? いえ活動量計です!活動量を“見える化”してダイエットに挑戦
Ultrabookコンバーチブルとは? インテルのUltrabookのコンセプトが拡張
慣れないオールドタイプの嘆き アナタはWindows 8の新UIにすぐに慣れた?
Windows前夜祭で展示されたPC一覧 ノート、タブレット編

Wacom Bamboo Funペン EP-155E-0W
Wacom Bamboo Funペン EP-155E-0W
クチコミを見る
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY

Share on Tumblr

ITライフハック
発売から1週間ちょっと、すでに400万本以上を売ったというマイクロソフトの新OS「Windows 8」。タッチ操作による新型UI(ユーザー・インターフェイス)を採用しており、ユーザーに新しいPCの使い方を提案してくれるOSになっている。今後、ITライフハックでも、メインネタのひとつとして扱うことになるだろう。と言うことで【デジ通】で紹介したWindows 8関連記事をまとめてみた。


Ultrabookコンバーチブルとは? インテルのUltrabookのコンセプトが拡張
インテルはWindows 8の発売に合わせ、Ultrabookに関する最新の状況を解説した。すでに海外の展示会などで紹介された内容が多いが、Windows 8に合わせた目新しい点として、液晶パネルが回転するなどする新しいギミックを搭載したUltrabookの登場がある。インテルではそれらのタブレットとUltrabookの間の製品カテゴリを、「Ultrabookコンバーチブル」と呼ぶことにしたようだ。


慣れないオールドタイプの嘆き アナタはWindows 8の新UIにすぐに慣れた?
Windows 8の新しいインターフェイスは、タッチ操作によって、より便利に使えるようになっている、つまりタブレットに最適化されており、従来のマウスとキーボード操作を中心とした使い方から変化し、これからのPCはタッチ操作を主流とする流れへと進んで行くことを示している。ここで行きあたる問題としては、従来のマウスとあキーボード中心のUIに慣れてきたオールドタイプと新しいタッチ操作にすぐに慣れてしまうニュータイプとの違いだ。今回は、オールドタイプの嘆きとでも思ってもらって結構だが個人的には発売前から各社のWindows 8のタッチ操作対応モデルを長期間使用したが、いまだに慣れることができないでいる。


Windows前夜祭で展示されたPC一覧 ノート、タブレット編
日本マイクロソフトが主催したWindows 8前夜祭では、トークショーなどで盛り上がったが、Windows 8に対応したPCの展示では未発売品を実際に触れるとあって人だかりが絶えなかった。ここで展示されていたのは、Windows 8やRTに最適化されるなどした各社の主要モデルだ。Windows 8搭載PCを購入しようと考えている人たちにの製品選びの参考にもなるので、ここで展示されたUltrabookやタブレットを中心に紹介しよう。


いよいよ発売開始  もの凄い盛り上がりを見せたWindows 8関連イベント
日本マイクロソフトはWindows 8の発売に合わせて秋葉原で前夜祭などを行った。発売日となる2012年10月26日の深夜0時には、各PCショップがカウントダウンを開始し、DSP版の販売も行われた。前夜祭から精力的に取材をおこなったので、その模様を写真と動画でお届けしよう。なお、明日、26日も大手家電量販店でのイベントやマイクロソフトの正式発表会などが予定されている。


32ビット版でメモリー3.2GBの壁! Windows 8タブレットのパフォーマンスに疑問アリ
昨日はWindows 8タブレットのスペックについて解説したが、今日もタブレットの話題。WindowsマシンはOS(マイクロソフト)とハードウェア(PCメーカー)といった感じで、それぞれを別の会社が開発している。特にハードウェアは各社が競争しているため、様々なバリエーションの製品が流通しているのがWindowsの魅力にもなっている。そのWindowsマシンに求める条件は、人それぞれだろうが、一般的には競合製品よりもより高性能だったり、コストパフォーマンスが高いことが製品選択で重視される。Windows 8で本格的に展開が期待されるのがiPadなどのタブレット製品に直接競合することになる「Windows 8タブレット」だ。ただ、いくつかの製品を見る限り、性能面で、いまいちだと感じる製品が少なくない。


Windowsタブレット購入時の注意点! スペックを確認しストレージの空き容量に注目!
Windows 8やWindows RT対応のハードウェアの中で、現在PCに変わって躍進しつつあるスマートフォンやタブレットに直接対抗する製品として注目されるのが、キーボードのないピュアタブレットやスレートPCとして使える製品だ。その中でも、x86系CPUを採用した製品は従来のWindows対応アプリがそのまま動作するため、タブレットながら過去のソフトウェア資産も生かせるなど、iPadやAndroidタブレットなどと差別化ができる。しかし、残念な点もいくつかあり注意が必要な点もある。その1つがストレージ容量なのだ。


Windowsストアアプリの立ち上げに注目! Windows 8への最適化はどこまで進んでいるか?
Windows 8ではソフトウェアをマイクロソフトの「Windowsストア」から入手できるようになる。Windowsストアはオンラインで商用ソフトが購入できるサービスで、店舗でパッケージを購入することなく簡単に新しいアプリを導入することができる。いわばAndroidにおけるGoogle Play、アップル(iOS)のApp StoreのWindows 8版がWindowsストアとなるが、各ストアがそうだったように、サービスイン当初から便利なソフトが、豊富にそろうわけではなさそうだ。


新UIの使い心地次第! Windows 8へのアップグレードの判断
以前も紹介したがWindows 8はXPやVisita、7からアップグレードできるアップグレード版が用意される。アップグレード版の価格は販売店にもよるが6,000円前後となっており、従来と比較しても安く設定されおり、金銭的な負担も少ない。Windows 8 優待購入プログラムなら1,200円でアップグレードすることもできる。OSが新しくなると機能が増えたり、今まで以上のシステム要件となることで古いPCでは動作が重くなることが多い。しかし、Windows 8はWindows 7が走るPCであれば動作も軽いし、いままでのスペックで使っても不満は感じないだろう。しかし、UI=操作性がだいぶ変わるので、誰にもオススメというわけではない。


digi2は「デジタル通」の略です。現在のデジタル機器は使いこなしが難しくなっています。
皆さんがデジタル機器の「通」に近づくための情報を、皆さんよりすこし通な執筆陣が提供します。


デジ通の記事をもっと見る
Ultrabookコンバーチブルとは? インテルのUltrabookのコンセプトが拡張
慣れないオールドタイプの嘆き アナタはWindows 8の新UIにすぐに慣れた?
Windows前夜祭で展示されたPC一覧 ノート、タブレット編
いよいよ発売開始  もの凄い盛り上がりを見せたWindows 8関連イベント
Windowsタブレット購入時の注意点! スペックを確認しストレージの空き容量に注目!

ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr

ITライフハック
終了もここから Windows 8のチャームを極める【知っ得!虎の巻】
Windows 8にはスタートメニューがなくなり、アプリの起動はスタート画面から行うことになった。スタートメニューがなくなって、パソコンの終了や、Windowsの各種機能を利用するにはどうすればいいのか、迷うかもしれない。そんなときには、新しいメニュー「チャームバー」を活用しよう。

■知っ得No.382 チャームバーを引き出す様々な方法

タッチ機能を搭載したパソコンを使っているなら、画面の右端から中央方向にスワイプすることで、チャームバーを表示できる。マウス操作なら、マウスポインターを画面の右上または右下に移動する(画面1)。“Windows”+“C”キーのショートカットも覚えておくと便利だ。

チャームには、アプリを検索する「検索」、スタート画面に戻る「スタート」などのボタンが用意されている。もし、終了メニューを選びたいなら、「設定」をタップ(画面2)。次の画面で「電源」をタップして、「スリープ」や「シャットダウン」から終了方法を選択する(画面3)。
画面1 画面の右端から中央方向へスワイプする。または、マウスポインターを画面の右上または右下に移動する。

画面2 チャームバーが表示されたら、[設定]をタップする。

画面3 [電源]をタップして、終了方法を選択。電源を切るなら、[シャットダウン]を選ぶ。

チャームには、その他にも、選択したファイルをメールアプリなどを使って共有する「共有」や、周辺機器を管理する「デバイス」などが用意されている。

また、「設定」を選んだときに表示されるメニューは、利用中のアプリによって異なる。例えば、デスクトップを表示しているときには、「コントロールパネル」を呼び出せる。チャームの操作に慣れることは、Windows 8を便利に使うために欠かせない。

編集部:池田利夫+岡本奈知子(ジャムハウス
制作編集:エヌプラス
Copyright 2012 livedoor. All rights reserved.

■PC便利技が満載!「知っ得!虎の巻」ブログ
ITライフハック
ITライフハック Twitter

「知っ得!虎の巻」の記事をもっとみる
Excelの空白セルを一気に選択する
Windows 8のスタート画面を使いやすくカスタマイズ
Firefoxでいくつものタブを1画面に表示して見比べる
一文だけをパッと選択できるWord便利ワザ
プライバシーを守ってiPhone 5を使う
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr

ITライフハック
発売日にゲット成功! Windows 8搭載「ASUS VivoBook X202E」開封レポ
ASUSのWindows 8搭載タッチパネル搭載ノート「ASUS VivoBook X202E」。Windows 8の発売日と同時に発売予定だったが、あまりの人気に予約が殺到したためか、発売日が延期され本日、10月31日の発売となってしまった。ITライフハックで何とか一台を確保、CPUがCore i3で本体カラーがシャンパンゴールドのASUS VivoBook X202E-CT3217Gだ。

■ASUS VivoBook X202Eの主な仕様
型番/本体カラー:X202E-CT3217G(Core i3モデル、シャンパンゴールド)
OS:Windows 8 64ビット 正規版
CPU:超低電圧版インテルCore i3-3217U(1.8GHz)
メインメモリー:4GB(増設不可)
液晶ディスプレイ:11.6型ワイドTFT、タッチスクリーン液晶
(10点マルチタッチ対応/LEDバックライト)
表面仕様:グレア
表示解像度:1366×768ドット(WXGA)、外部出力時1920×1080ドット(フルHD)
グラフィックス:Intel HD Graphics 4000(CPU内蔵)
ストレージ:500GB(HDD)
ワイヤレス:IEEE802.11b/g/n、Bluetooth 4.0
外部ディスプレイ出力:D-Sub 15ピン×1、HDMI出力×1
インターフェイス:USB 3.0×1:USB 2.0×2:SDメモリーカード(SDXC対応)
バッテリー駆動時間:約5.2時間
本体サイズ:幅303mm×奥行き200mm×高さ8.5~21.7mm
質量:約1.3kg
ビジネス統合ソフトウェア:KINGSOFT Office 2012 Standard 
価格:54,800円



54,800円という低価格ながら、タッチ液晶を搭載しCPUもインテルCore iシリーズとWindows 8を搭載し新しいUIのタッチ操作が可能になっており、コストパフォーマンスが非常に高いモデルと言える。ということでさっそく開封レポートをお届けしよう。

ノート等に見られる取っ手付きの箱という以外至ってシンプル。


箱を開ける。梱包も箱の外観同様にシンプルだ。


ACアダプター、製品マニュアル、Windows 8マニュアル、製品保証書など、必要十分な付属品類


本体左サイドにはAC電源、有線LAN、HDMI、USB3.0、USB2.0が並ぶ


本体右サイドには、SDカードスロット、マイク/ヘッドホン端子、USB2.0、D-Sub 15ピン(アナログRGB)出力


前面右側のパームレスト手前に各種LEDを搭載


アイソレーションタイプの日本語87キー、マルチタッチ対応のパッド


真正面から見た感じとWindows8の画面


グレア液晶の移り込み具合はこんな感じ


以上だ。なお使い勝手等やパフォーマンスについては、今後紹介する予定でいる。

ASUS VivoBook X202E-CT3217G
ASUS

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr

ITライフハック
慣れないオールドタイプの嘆き アナタはWindows 8の新UIにすぐに慣れた? 【デジ通】
Windows 8の新しいインターフェイスは、タッチ操作によって、より便利に使えるようになっている、つまりタブレットに最適化されており、従来のマウスとキーボード操作を中心とした使い方から変化し、これからのPCはタッチ操作を主流とする流れへと進んで行くことを示している。

ここで行きあたる問題としては、従来のマウスとあキーボード中心のUIに慣れてきたオールドタイプと新しいタッチ操作にすぐに慣れてしまうニュータイプとの違いだ。

今回は、オールドタイプの嘆きとでも思ってもらって結構だが個人的には発売前から各社のWindows 8のタッチ操作対応モデルを長期間使用したが、いまだに慣れることができないでいる。一般的に新しいデバイスを使用し始めて、使い勝手が優れていれば、使い始めの違和感があったとしても数日使えば慣れることができる。しかし、筆者だけなのかは知らないがWindows 8を搭載する様々な機種を数週間程度使用し続けてきたものの、操作の作法はある程度わかってきたが、まだ“慣れた”とまでいっていない。

これについて日本マイクロソフトの樋口社長は

「何か画期的な変化を起こそうとすると、これまでのやり方をある程度変えなければいけない」

「いまのWindows 8の設計思想、考え方は自信を持っている。
 かつ新しいインターフェースもすぐに慣れるようにできているので、そこは慣れていただくと」

と答えている。

また某メーカーの代表者も「数日前から使い始めたがだんだん慣れてきた」と筆者の質問に答えたが、数週間後に同じ質問をして「もう完全に慣れた」と答えが返ってくるかどうかは疑問だ。


Windows 8のインターフェイスについて日本マイクロソフトの樋口社長が語る(動画)

日本のPCメーカーはサポートの良さ売りだが、NECなどはWindows 8発売に合わせてサポート体制の強化を発表するように、ユーザーが戸惑う部分については各社とも織り込み済みのようだ。

実際に初めて使う場合、ログインから、ソフトの起動や終了、電源のシャットダウンまで、様々な部分で戸惑うだろう。もちろんAndroidやiOS6といったタッチ操作を基本としている別の製品には見られない良い部分もある。ただ、まだまだ洗練されていないUIだなと思うことの方が筆者的には多い。

筆者が様々な機種を使う中で身についてしまった操作に、Windows 8がインストールされているPCであれば、タッチパネルが搭載しているという前提で、タッチ非対応の機種でもついつい画面を触ってしまうという点だ。これはAndroidやiOS6を普段使い慣れていることに通じるものがある。

現状ではタッチパネルに対応していないWindows 8搭載PCも多く存在しているが、ユーザーがタッチパネル対応のWindows 8に慣れれば慣れるほど、すべての製品がタッチパネル対応にせざるを得なくなるのではないかとも思えてくる。

「できる!私にもこのUI操作ができるぞ!」と、筆者がWindows 8のUIに慣れるのはいつになるだろうか。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)] 

digi2は「デジタル通」の略です。現在のデジタル機器は使いこなしが難しくなっています。
皆さんがデジタル機器の「通」に近づくための情報を、皆さんよりすこし通な執筆陣が提供します。

デジ通の記事をもっと見る
Windows前夜祭で展示されたPC一覧 ノート、タブレット編
いよいよ発売開始  もの凄い盛り上がりを見せたWindows 8関連イベント
Windowsタブレット購入時の注意点! スペックを確認しストレージの空き容量に注目!
Windowsストアアプリの立ち上げに注目! Windows 8への最適化はどこまで進んでいるか?
新UIの使い心地次第! Windows 8へのアップグレードの判断

グリーンハウス 21.5インチタッチパネルワイド液晶ディスプレイ HDMI ブラック GH-JTJ223GSHB
グリーンハウス 21.5インチタッチパネルワイド液晶ディスプレイ HDMI ブラック GH-JTJ223GSHB
クチコミを見る
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr

ITライフハック
Windows 8のスタート画面を使いやすくカスタマイズ【知っ得!虎の巻】
Windows 8の発売日も間近。基本的な操作解説は、いろいろなところで書かれているので、ここではちょっとしたカスタマイズ方法について解説したい。今回は、最初に開く「スタート画面」を使いやすくしてみよう。

■知っ得No.380 タイルの表示方法をカスタマイズする
Windows 8を起動したときに、最初に目に入るはタイル状のアイコンがずらりと並ぶメニューだ。このタイル、正方形と横長の2種類のサイズがあることに気づくだろう。それぞれ初期にサイズが設定されているが、実はユーザーが変更することも可能だ。よく使うものは大きく、あまり使わないものは小さくしておこう。

●タイルのサイズを変更する
タイルを下方向にスワイプするか、右クリックすると、下にメニューが現れてカスタマイズが可能になる。タイルのサイズは[大きくする]または[小さくする]から選択しよう(画面1、画面2)。
画像1  タイルを下方向にスワイプ、または右クリックする。画面の下にメニューが現れたら、[拡大する]ボタンをタップ、またはクリックする。

画像2 タイルのサイズが大きく表示される。

タイルメニューには、「ライブタイル」と呼ばれる機能があり、ニュースや天気のアプリの中には情報がリアルタイムに表示されるものがある。ただし、オフラインで使っていると、いつまでも古い情報が出てくることになる。その場合、[ライブタイルをオフにする]をタップして、表示をオフにできる。

タイルを選択したときに、下に表示されるメニューの内容は、選択したアプリによって異なる。ここの設定を上手く活用することで、Windows 8のスタート画面をもっと使いやすくできる。

編集部:池田利夫+岡本奈知子(ジャムハウス
制作編集:エヌプラス
Copyright 2012 livedoor. All rights reserved.

■PC便利技が満載!「知っ得!虎の巻」ブログ
ITライフハック
ITライフハック Twitter

「知っ得!虎の巻」の記事をもっとみる
Firefoxでいくつものタブを1画面に表示して見比べる
一文だけをパッと選択できるWord便利ワザ
プライバシーを守ってiPhone 5を使う
ブログは1つだけじゃつまらない! Tumblrで複数のブログを管理する
Wordで不要になった表は一発で削除する
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr

ITライフハック
使い方4通り! 製品担当が語る4形態の魅力【IdeaPad Yoga 13動画】
先日行われた4つのモードを持つヨガノート!レノボ・ジャパンWindows8搭載製品を発表PC!の発表会場において“中の人”で製品を隅々まで知り尽くす製品担当、レノボ・ジャパン株式会社IdeaPad製品担当 櫛田 弘之氏に、大注目のUltrabook「IdeaPad Yoga 13」の魅力について語っていただいた。メインユース可能なハイパフォーマンスPCであり、なおかつ4つのスタイルが取れる点がIdeaPad Yoga 13の大きな魅力になるとのこと。スタイルを変形させつつ、各スタイルをどう使うかについてわかりやすく説明してもらった。



※ニコニコ動画はこちら
※Youtube動画はこちら

IdeaPad Yoga 13製品情報
lenovo

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY

Share on Tumblr

ITライフハック
4つの形を持つミラクルなUltrabook! IdeaPad Yoga 13を写真で解説
本日行われたレノボ・ジャパンの発表会でお伝えしたように、同社はWindows 8対応のウルトラブック3機種、ノート3機種、タブレット1機種、デスクトップ6機種(うちオールインワン5機種)の全13機種を発表した。中でも大注目なのがディスプレイが360度回転して4つの形態に変化するUltrabook「IdeaPad Yoga 13」だ。
4つの形態(スタイル)とは、以下のスタイルのことを言う。

・第一形態ノートブック(Laptop Mode)
・第二形態タブレット(Tablet Mode)
・第三形態テント(Tent Mode)
・第四形態スタンド(Stand Mode)


IdeaPad Yoga 13は利用シーンに合わせて上記の4つのスタイルを選択することができるスグレモノのUltrabookだ。搭載するCPUもパフォーマンスが十分なCore i7-3517UまたはCore i5-3317Uが選択できる。

13.3インチで1600×900ドットのIPS液晶を搭載し、10ポイントまでのマルチタッチに対応している。メモリーも4GBから8GBと十分な容量を搭載している。何よりもその薄さ16.9㎜に驚かされる。スリムでいながら4つの形態といった魅力ある新モデルを写真で紹介しよう。

本体正面からスライドパッドとキーボード(アイソレーションタイプ)


本体右サイドには電源ボタン、USBポート、メモリカードスロット、電源


本体左サイドにはHDMI、USBポート、サウンド用ジャック、ボタン


それでは、IdeaPad Yoga 13の4つのスタイルを紹介しよう。

第一形態ノートブック(Laptop Mode)


第二形態タブレット(Tablet Mode)


第三形態テント(Tent Mode)


第四形態スタンド(Stand Mode)


IMG_2929
スペックおよび予想価格



IdeaPad Yoga製品情報
レノボ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

■レノボに関連した記事を読む
4つのモードを持つヨガノート!レノボ・ジャパンWindows8搭載製品を発表
レノボWindows 8タブレットを公開 詳細は不明ながらThinkPad同様に企業向け【デジ通】
ThinkPadをNECで生産へ 2012年秋より日本で試験生産【デジ通】
パソコンとテレビが合体した製品!NECの技術を盛り込んだ、レノボの新PCが凄い
ThinkPad X1風アイソレーションタイプへ! ThinkPad新シリーズのキーボード一大変更
Windows&LinuxのデュアルOS! Thinkpad X1 Hybrid 3/9より発売開始!

Transcend SDHCカード 16GB Class10 永久保証 [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] TS16GSDHC10ETranscend SDHCカード 16GB Class10 永久保証 [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] TS16GSDHC10E
トランセンド・ジャパン
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr

↑このページのトップヘ