ZiZiの書き殴り妄想ノート

興味を持った事柄をその場で躊躇なくメモる

タグ:Ultrabook





女性向けパソコン「Floral Kiss」(富士通)がフルモデルチェンジ【デジ通】

写真拡大

富士通は、女性向けに特化したパソコンとして「Floral Kiss」というブランドを立ち上げ、いかにも情報機器然としたデザインではなく、可愛らしくオシャレなイメージを前面に打ち出した製品展開を行ってきた。その「Floral Kiss」に新モデルが登場した。

約1年半ぶりのフルモデルチェンとなる。前モデルはUltrabookだったのがスリムなことは変わらないが一般的なノートパソコンになった。女性向けを謳うだけあり、同社製の他製品には普通に付いている富士通ロゴすらない。そして今モデルでは、ユーザーのニーズを吸い上げた結果、光学ドライブを搭載。オシャレなUltrabookというよりも、実機能をより充実させたオールインワン型へと変化したことになる。

オールインワン型ということで、これ1台購入すればパソコンとしての機能は十分満たせるようにプリインストールソフトやサービスも、かなり充実している。

■パソコン然としたデザインから「持っててうれしい」デザインへ
Floral Kissは20代から30代の女性をメインターゲットにしており、「持っててうれしい」製品を目標として2012年秋に登場。今回のコンセプトは「わたしの好きなわたしになれる」となっており、より上質な自分を目指したい女性向けに、機能や付加価値を高めている。

たとえばハードウェア部分ではユーザーからの意見を取り入れDVD対応の光学ドライブを搭載。ただし、厚さや重量の増加は最低限に押さえ、厚さ17.5mmから22.5mmに、重量は1.45kgから1.72kgになった。モバイルで利用というのは、厳しくなってしまったと言える。ただ、吸い上げた声では、モバイル利用の優先度が低かったためと思われる。

大きく重くなった分、バッテリーも大容量なバッテリーを搭載したことで駆動時間は、従来の約2倍となる17.8時間へ伸びている(JEITA測定法2.0では約9.1時間となる)。もちろん同社製の他パソコンと同様に「LIFEBOOK CH75」という型番が付けられているが、先述したように富士通やLIFEBOOKのロゴは一切ない。完全にFloral Kissに特化したデザインとなっている。カラーはブラウン系と、レッド系の2系統用意される。

光学ドライブ、有線LANを搭載。また、HDMIポートも搭載し液晶テレビへの画面出力もケーブル一本でできるようになった。もちろんWindows 8.1なのでタッチパネルにも対応。最新OSであるWindows 8.1の機能をフル活用できるようになっている。このように機能は十分となった。

ターゲットとなる女性の関心事である旅行、美容、ファッション、スキルアップに合わせたソフトやサービスも強化している。ガイドブックの「ことりっぷ」、スポーツクラブ監修のエクササイズを実践できる「BIKATSU life」、ネットショッピングで気になった商品とURLをスクラップできる「SCRAPBOOK」、プリインストールされるOffice用にビジネスやprivateでも活用できる「Floral KissオリジナルOfficeテンプレート」が用意されている。さらに、ことりっぷの電子書籍1冊分や、エクササイズに関連したスポーツクラブの割引券といったこの機種だけのサービスも用意されている。発売予定は6月6日。価格は19万円程度になる見込みだ。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter

■ITライフハック Facebook

cc_by-nd
 
Share on Tumblr

東芝 ウルトラブックパソコン dynabook KIRA V832/28HS(Office Home and Business 2013搭載) PV83228HNMS東芝 ウルトラブックパソコン dynabook KIRA V832/28HS(Office Home and Business 2013搭載) PV83228HNMS [エレクトロニクス]
商標:東芝


高精細ディスプレイ採用Ultrabook登場 ディスプレイ高精細化の波がUltrabookに到来【デジ通】


スマートフォンやタブレットでは、肉眼で各ピクセルが認識できないほど細かい画素ピッチの液晶パネルを搭載することが当たり前になった。AppleはこうしたディスプレイをRetina(網膜)ディスプレイと呼んで差別化し、iPhoneやiPadに加え、MacBook Proで対応モデルをリリースして差別化を図っている。

当然、これに対抗するべくAndroidでもスマートフォンやタブレットに高精細液晶パネルを搭載している製品が多数登場している。さらに、GoogleのChorme OSを搭載した、Chromebook Pixelも登場したが、Windows系ノートパソコンの高精細液晶パネル搭載は基本的にフルHDまでで、他のプラットフォームに対して遅れているのが現状だ。

しかし、東芝が高精細液晶パネル搭載のUltrabookのdynabook KIRA V832を発表したことで、Windowsでもディスプレイの高精細化が始まろうとしている。現在、日本などの先進国で販売されているスマートフォンのほとんどには高精細液晶パネルが搭載されているし、10インチ程度のiPadなどのタブレットでも高精細液晶パネルの搭載は一般的になりつつある。2万円程度で販売されているNexus 7などの7インチタブレットは価格重視ながらも比較的高精細の液晶パネルを搭載している。

1インチあたりのピクセル数を表す画素ピッチ(ppi)では、iPadは260ppi、Nexus 7は216ppi。iPhoneやAndroidスマートフォンは300から400ppi程度になっている。この数字が大きければ大きいほど、各ピクセルが細かくなり、より高精細な表示となる。

話をもっと簡単にするなら1インチ四方の中にピクセルが何個入っているかということだ。10個より100個、100個より200個、200個より400個入っているとしたらピクセルのサイズは増えるにつれて小さくなる。つまりそれだけ細かな表現が可能になるから高精細になるというわけだ。点だけで絵を描く点描画みたいだと思えばいい、より点を小さくそして多く打つことでより精細さが増すのと同じ理屈だ。

一方で、ノートパソコンは100から130ppi程度の画素ピッチしかない。本体価格がスマートフォンやタブレットの数倍もするのに画面表示性能自体は以前からほとんど変わっていないのだ。元々、PCの世界での高精細ディスプレイを出したとしてもOSが対応していなかったためOSのデスクトップやメニュー表示等がおかしくなってしまうということがあり、そのまま放置されていたという経緯もある。

iPhoneで実質的に高精細液晶を本格的に普及させるきっかけとなったAppleは、2012年にハイエンドノートパソコンMacBook Proで15.4インチで2880×1800ドットの220ppi。さらに、13.3インチで2560×1600の227ppiを搭載した製品も投入している。

WindowsではフルHDの1920×1080ドット、1920×1200ドットと搭載した製品はいくつかあるが、普及価格帯の製品では1366×768ドットという従来と変わらない解像度が主流だ。スマートフォンの数倍の画面サイズで価格も数倍なのに、画素数はスマートフォンと同等という状態だった。ただOSが対応していなかっただけで、Windows 8からは、1920×1080ドット以上の解像度もサポートするようになったためMacBook Proと同レベルの高解像度に対応できるようになった。

今回発表された東芝の「dynabook KIRA V832」は、13.3インチの液晶に、2560×1440ドットの画面解像度で221ppiの液晶パネルを搭載している。2560×1440ドットはWide Quad High Definition(WQHD)とも言われており、1280×720ドットの4倍の解像度となり、業務向けの27型などのデスクトップパソコン用ディスプレイではサポートされる解像度だ。

今回、そんな高級ディスプレイと同等の画面解像度を持ったのだから、値段も結構するのかと思いきや価格はおよそ17万円からと、高精細液晶パネルやタッチ対応などの付加価値が付いているのに標準解像度のモデルと彼べて2割ほど高い価格に抑えられている。Ultrabookの購入を画面解像度に対する不満であきらめていたというような人には、購入候補としておススメしたい。

dynabook KIRA V832
東芝

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)] 

デジ通の記事をもっと見る
修理が困難になる古PC ハードウェアの長期利用リスクについて考える
XP以前の環境も? XPやそれ以前も使われている組込用パソコンのOS
ユーザー層によってはタブレットが不要に? ThinkPad Helixが想定するユーザーとは?
レノボの成長につながる「PC+戦略」 ThinkPad Helix、その先にあるモノ
デタッチャブルでも使いやすいThinkPad Helix 耐久性はもちろん使い勝手も上々

ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY

Share on Tumblr

XPS13がフルHD対応  デルのUltrabook「XPS 13」にフルHDモデルが追加
高レベルの品質や仕様ながらも低価格で高解像度液晶ディスプレイをリリースしているデルだが、同社のノートPCにも、その流れが押し寄せた模様だ。同社の誇るスタイリッシュなUltrabook「XPS 13 Ultrabook」に13.3インチでフルHD(1920×1080ドット)解像度のディスプレイを搭載したモデルが追加された。


■液晶はタッチ非対応ながらもタッチパッドでWindows 8のチャームに対応
コンパクトでスタイリッシュデザインのXPS 13に標準で搭載されるCPUはIntel Core i5-3337Uでメインメモリーは8GB、256GBのSSDといった構成で119,980円からとなっている。欲しかったんだけど画面解像度が・・・と思ていたのなら、購入候補にしてみるといいだろう。なおタッチパッドは、Windows 8のタッチ操作に対応しているのでディスプレイがタッチ非対応ながら、Windows 8のチャームを利用できるようになっている。また、個人向けとされる本モデルだが珍しく法人ユーザーにもおススメとしているので、上司を説得して法人で購入というのもアリだろう。

タッチパッドでWindows 8の操作が可能


■『New XPS 13 プレミアム・フルHD液晶』の主な特長
・113.3インチでフルHD解像度のWLED IPS液晶ディスプレイ
・Corning Gorilla Glass使用
・第3世代(IvyBridge)Intel Core i5-3337U(TurboBoost時最高2.7GHz)
・インテルHD Graphics 4000 
・最薄部で約6㎜、最厚部約18㎜のコンパクトでスタイリッシュなデザイン
・大容量256GBの高速SSDを搭載
・Intel Rapid StartおよびSmart Connect Technology対応

■製品概要
メーカー:デル
製品名:New XPS 13 プレミアム・フルHD液晶
発売日:2013年1月29日
価格:119,980円より


製品情報
デル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

LOGICOOL ワイヤレス 充電式 タッチパッド T650
LOGICOOL ワイヤレス 充電式 タッチパッド T650

ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY


Share on Tumblr

ASUS TAICHI 裏表デュアル画面 閉じてスタイラス対応タブレット化 Windows 8 11.6インチ ノート-i5-128gASUS TAICHI 裏表デュアル画面 閉じてスタイラス対応タブレット化 Windows 8 11.6インチ ノート-i5-128g
販売元:ASUSTek

販売元:Amazon.co.jp

ITライフハック
ノートもタブレットも両方欲しい人に! ASUS TAICHIは最もシンプルな解決方法【デジ通】
通常のクラムシェル型Ultrabook風だが、天板の両面にディスプレイがついたデュアルディスプレイUltrabookのASUS TAICHIが日本でも発売される

ベースがUltrabookなので、薄型軽量の製品に仕上がっており、天板側にマルチタッチ対応ディスプレイを搭載しているためタブレットとしても使えるようになっている。

iPadなどのタブレットの普及によりパソコンの市場が食われてしまうことを想定してか、さまざまな仕組みでノートパソコンがタブレットとしても使えるように変化する製品を各社が投入している。ASUS TAICHIは、その中でも最もシンプルにタブレットとノートパソコンを両立できる製品だ。確かにユニークで目を引く、しかし、本当にこのような使い方は普及するのだろうか? 少し考えてみたい。パソコン業界の関係者の一部では、ノートパソコンがタブレットとしても使えるようになることで、ノートパソコンとタブレットの2台をわざわざ持ち運ぶ必要がなくなるなどと説明している。

ノートパソコンも欲しいしタブレットも欲しいという人がこうした製品を購入することで両方の欲求を満たすことができるというわけだ。実際にノートパソコンとタブレットを1台でまかなって使いたい人はどれだけいるのだろうか? 様々な製品の登場は選択の幅が広がるなど、用途に合わせた製品選びにつながる。

Windowsタブレットは業務用用途などで引きが強いという話もあるが、現在市場で最も伸びているのはアップルのiPadや、7インチクラスのお買い得感の高いAndroidタブレットだ。価格的には2万円弱から5万円程度の価格までだ。

価格以外にもiPadなどのタブレットは7インチから10インチ程度の画面サイズで、重量は300g程度から700g程度。持ち運べるとは言ってもノートパソコンやUltrabookは800g程度から1.5kg程度と重過ぎるといえる。

Ultrabookコンバーチブルなどは多機能で高性能とはいえ、重量を考えるとタブレットに比べると気軽に持ち運べルとは言えない製品が多いのが現状だ。

Windows 8やWindows RTはタブレットに最適化された部分もあるが、iPadに比べれば、登場直後と言うこともあり、タブレットに最適化されたアプリが十分にあるわけでもない。

各プラットフォームの製品は厚みや重量も違えば、それぞれ機能が全く異なる。ハードウェアやアプリなどは今後進化するだろうが、現時点で無難な使い方は、タブレットはタブレットだけで使い、Ultrabookなどノートパソコンはノートパソコンとして使う。要するに個別の製品をそれぞれ1台ずつ所有することだ。

ただ、それでも1つのデバイスだけですべてをまかないたいのなら、液晶を閉じるだけでタブレットとして使え、液晶を開けばノートパソコンとしても使えるASUSのTAICHIのような製品を選択するのもアリだろう。


上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)] 

digi2は「デジタル通」の略です。現在のデジタル機器は使いこなしが難しくなっています。
皆さんがデジタル機器の「通」に近づくための情報を、皆さんよりすこし通な執筆陣が提供します。

デジ通の記事をもっと見る
ファームウェアのアップデートで互換性の問題を解消! MacのUSB 3.0対応が本格化【デジ通】
Macユーザーも注目!新しいScanSnapはWindowsやスマホだけじゃなくMacOSでも便利に進化
節電PCやロボット掃除機も! オンキヨーが家電へ進出
そんなミスで大丈夫か? Wii Uの海外ローンチは成功するか?
オンキヨーのPC部門に変化 SOTECからONKYO、そしてMoneualへ

ASUS TAICHI 裏表デュアル画面 閉じてスタイラス対応タブレット化 Windows 8 11.6インチ ノート-i5-128g
ASUS TAICHI 裏表デュアル画面 閉じてスタイラス対応タブレット化 Windows 8 11.6インチ ノート-i5-128g
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr

ITライフハック
発売から1週間ちょっと、すでに400万本以上を売ったというマイクロソフトの新OS「Windows 8」。タッチ操作による新型UI(ユーザー・インターフェイス)を採用しており、ユーザーに新しいPCの使い方を提案してくれるOSになっている。今後、ITライフハックでも、メインネタのひとつとして扱うことになるだろう。と言うことで【デジ通】で紹介したWindows 8関連記事をまとめてみた。


Ultrabookコンバーチブルとは? インテルのUltrabookのコンセプトが拡張
インテルはWindows 8の発売に合わせ、Ultrabookに関する最新の状況を解説した。すでに海外の展示会などで紹介された内容が多いが、Windows 8に合わせた目新しい点として、液晶パネルが回転するなどする新しいギミックを搭載したUltrabookの登場がある。インテルではそれらのタブレットとUltrabookの間の製品カテゴリを、「Ultrabookコンバーチブル」と呼ぶことにしたようだ。


慣れないオールドタイプの嘆き アナタはWindows 8の新UIにすぐに慣れた?
Windows 8の新しいインターフェイスは、タッチ操作によって、より便利に使えるようになっている、つまりタブレットに最適化されており、従来のマウスとキーボード操作を中心とした使い方から変化し、これからのPCはタッチ操作を主流とする流れへと進んで行くことを示している。ここで行きあたる問題としては、従来のマウスとあキーボード中心のUIに慣れてきたオールドタイプと新しいタッチ操作にすぐに慣れてしまうニュータイプとの違いだ。今回は、オールドタイプの嘆きとでも思ってもらって結構だが個人的には発売前から各社のWindows 8のタッチ操作対応モデルを長期間使用したが、いまだに慣れることができないでいる。


Windows前夜祭で展示されたPC一覧 ノート、タブレット編
日本マイクロソフトが主催したWindows 8前夜祭では、トークショーなどで盛り上がったが、Windows 8に対応したPCの展示では未発売品を実際に触れるとあって人だかりが絶えなかった。ここで展示されていたのは、Windows 8やRTに最適化されるなどした各社の主要モデルだ。Windows 8搭載PCを購入しようと考えている人たちにの製品選びの参考にもなるので、ここで展示されたUltrabookやタブレットを中心に紹介しよう。


いよいよ発売開始  もの凄い盛り上がりを見せたWindows 8関連イベント
日本マイクロソフトはWindows 8の発売に合わせて秋葉原で前夜祭などを行った。発売日となる2012年10月26日の深夜0時には、各PCショップがカウントダウンを開始し、DSP版の販売も行われた。前夜祭から精力的に取材をおこなったので、その模様を写真と動画でお届けしよう。なお、明日、26日も大手家電量販店でのイベントやマイクロソフトの正式発表会などが予定されている。


32ビット版でメモリー3.2GBの壁! Windows 8タブレットのパフォーマンスに疑問アリ
昨日はWindows 8タブレットのスペックについて解説したが、今日もタブレットの話題。WindowsマシンはOS(マイクロソフト)とハードウェア(PCメーカー)といった感じで、それぞれを別の会社が開発している。特にハードウェアは各社が競争しているため、様々なバリエーションの製品が流通しているのがWindowsの魅力にもなっている。そのWindowsマシンに求める条件は、人それぞれだろうが、一般的には競合製品よりもより高性能だったり、コストパフォーマンスが高いことが製品選択で重視される。Windows 8で本格的に展開が期待されるのがiPadなどのタブレット製品に直接競合することになる「Windows 8タブレット」だ。ただ、いくつかの製品を見る限り、性能面で、いまいちだと感じる製品が少なくない。


Windowsタブレット購入時の注意点! スペックを確認しストレージの空き容量に注目!
Windows 8やWindows RT対応のハードウェアの中で、現在PCに変わって躍進しつつあるスマートフォンやタブレットに直接対抗する製品として注目されるのが、キーボードのないピュアタブレットやスレートPCとして使える製品だ。その中でも、x86系CPUを採用した製品は従来のWindows対応アプリがそのまま動作するため、タブレットながら過去のソフトウェア資産も生かせるなど、iPadやAndroidタブレットなどと差別化ができる。しかし、残念な点もいくつかあり注意が必要な点もある。その1つがストレージ容量なのだ。


Windowsストアアプリの立ち上げに注目! Windows 8への最適化はどこまで進んでいるか?
Windows 8ではソフトウェアをマイクロソフトの「Windowsストア」から入手できるようになる。Windowsストアはオンラインで商用ソフトが購入できるサービスで、店舗でパッケージを購入することなく簡単に新しいアプリを導入することができる。いわばAndroidにおけるGoogle Play、アップル(iOS)のApp StoreのWindows 8版がWindowsストアとなるが、各ストアがそうだったように、サービスイン当初から便利なソフトが、豊富にそろうわけではなさそうだ。


新UIの使い心地次第! Windows 8へのアップグレードの判断
以前も紹介したがWindows 8はXPやVisita、7からアップグレードできるアップグレード版が用意される。アップグレード版の価格は販売店にもよるが6,000円前後となっており、従来と比較しても安く設定されおり、金銭的な負担も少ない。Windows 8 優待購入プログラムなら1,200円でアップグレードすることもできる。OSが新しくなると機能が増えたり、今まで以上のシステム要件となることで古いPCでは動作が重くなることが多い。しかし、Windows 8はWindows 7が走るPCであれば動作も軽いし、いままでのスペックで使っても不満は感じないだろう。しかし、UI=操作性がだいぶ変わるので、誰にもオススメというわけではない。


digi2は「デジタル通」の略です。現在のデジタル機器は使いこなしが難しくなっています。
皆さんがデジタル機器の「通」に近づくための情報を、皆さんよりすこし通な執筆陣が提供します。


デジ通の記事をもっと見る
Ultrabookコンバーチブルとは? インテルのUltrabookのコンセプトが拡張
慣れないオールドタイプの嘆き アナタはWindows 8の新UIにすぐに慣れた?
Windows前夜祭で展示されたPC一覧 ノート、タブレット編
いよいよ発売開始  もの凄い盛り上がりを見せたWindows 8関連イベント
Windowsタブレット購入時の注意点! スペックを確認しストレージの空き容量に注目!

ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr

ITライフハック
使い方4通り! 製品担当が語る4形態の魅力【IdeaPad Yoga 13動画】
先日行われた4つのモードを持つヨガノート!レノボ・ジャパンWindows8搭載製品を発表PC!の発表会場において“中の人”で製品を隅々まで知り尽くす製品担当、レノボ・ジャパン株式会社IdeaPad製品担当 櫛田 弘之氏に、大注目のUltrabook「IdeaPad Yoga 13」の魅力について語っていただいた。メインユース可能なハイパフォーマンスPCであり、なおかつ4つのスタイルが取れる点がIdeaPad Yoga 13の大きな魅力になるとのこと。スタイルを変形させつつ、各スタイルをどう使うかについてわかりやすく説明してもらった。



※ニコニコ動画はこちら
※Youtube動画はこちら

IdeaPad Yoga 13製品情報
lenovo

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY

Share on Tumblr

ITライフハック
4つの形を持つミラクルなUltrabook! IdeaPad Yoga 13を写真で解説
本日行われたレノボ・ジャパンの発表会でお伝えしたように、同社はWindows 8対応のウルトラブック3機種、ノート3機種、タブレット1機種、デスクトップ6機種(うちオールインワン5機種)の全13機種を発表した。中でも大注目なのがディスプレイが360度回転して4つの形態に変化するUltrabook「IdeaPad Yoga 13」だ。
4つの形態(スタイル)とは、以下のスタイルのことを言う。

・第一形態ノートブック(Laptop Mode)
・第二形態タブレット(Tablet Mode)
・第三形態テント(Tent Mode)
・第四形態スタンド(Stand Mode)


IdeaPad Yoga 13は利用シーンに合わせて上記の4つのスタイルを選択することができるスグレモノのUltrabookだ。搭載するCPUもパフォーマンスが十分なCore i7-3517UまたはCore i5-3317Uが選択できる。

13.3インチで1600×900ドットのIPS液晶を搭載し、10ポイントまでのマルチタッチに対応している。メモリーも4GBから8GBと十分な容量を搭載している。何よりもその薄さ16.9㎜に驚かされる。スリムでいながら4つの形態といった魅力ある新モデルを写真で紹介しよう。

本体正面からスライドパッドとキーボード(アイソレーションタイプ)


本体右サイドには電源ボタン、USBポート、メモリカードスロット、電源


本体左サイドにはHDMI、USBポート、サウンド用ジャック、ボタン


それでは、IdeaPad Yoga 13の4つのスタイルを紹介しよう。

第一形態ノートブック(Laptop Mode)


第二形態タブレット(Tablet Mode)


第三形態テント(Tent Mode)


第四形態スタンド(Stand Mode)


IMG_2929
スペックおよび予想価格



IdeaPad Yoga製品情報
レノボ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

■レノボに関連した記事を読む
4つのモードを持つヨガノート!レノボ・ジャパンWindows8搭載製品を発表
レノボWindows 8タブレットを公開 詳細は不明ながらThinkPad同様に企業向け【デジ通】
ThinkPadをNECで生産へ 2012年秋より日本で試験生産【デジ通】
パソコンとテレビが合体した製品!NECの技術を盛り込んだ、レノボの新PCが凄い
ThinkPad X1風アイソレーションタイプへ! ThinkPad新シリーズのキーボード一大変更
Windows&LinuxのデュアルOS! Thinkpad X1 Hybrid 3/9より発売開始!

Transcend SDHCカード 16GB Class10 永久保証 [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] TS16GSDHC10ETranscend SDHCカード 16GB Class10 永久保証 [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] TS16GSDHC10E
トランセンド・ジャパン
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr

【新登場】デル S シリーズ S2240L 21.5インチ ワイド モニタ LED搭載 <送料込>
【新登場】デル S シリーズ S2240L 21.5インチ ワイド モニタ LED搭載 <送料込>


スタイリッシュなモニター新登場 Ultrabookのセカンドモニタに【デジ通】
DELLは日本のモニター市場でエントリーモデルから、ハイエンドのプロユースまで大きく4ラインを展開しており、5年連続シェア1位となっている。今回、コンシューマー向け製品のSシリーズを強化すべく新モデルを発表した。実際に製品を見てきたので紹介しよう。

IPSパネルを使用し、画質などを向上させながら、狭額縁でスタイリッシュなデザインを採用しているが、価格は従来と同等で13,980円からという低コストを実現している。

最近はノートパソコンの利用が多く、そうしたユーザーには外付けモニターは不要になりつつあるが、このような外部モニターと併用する事で利便性も向上する。

今回発表されたのは22型から27型までの4モデルで、24型の「S2440L」のみVAパネルを使用しているが、それ以外はISPパネルを使用。視野角度はどのモデルも水平/垂直で178°、コントラスト比はVAパネルを使用したS2440Lのみ5000:1だが、それ以外は1000:1。インターフェイスは27型のS2740LのみVGA(アナログRGB)、DVI-D、HDMI、USB×2で、それ以外はVGA(アナログRGB)とHDMIとなっている。

消費電力は通常時に18ワット(スタンバイ時0.5ワット未満)、最大解像度は、どのモデルもフルHDの1920×1080となっている。

外付けモニターの価格はここ数年一気に価格を下げてきたが、価格が下がっていいるのに対して品質は向上しているのが最近の傾向だ。今回の新モデルではIPSパネルを使用しているので、写真などの表示でも問題なく利用できるだろう。狭額縁なのでフルHD解像度のパネルがそのまま目に飛び込んでくる感覚だ。この解像度で作業することを経験したら、その快適さからは離れられなくなってしまうだろう。

今回発表されたモデルと価格
・S2240L 13,980円
・S2340L 15,980円
・S2440L 19,980円
・S2740L 29,980円

(価格は税込、配送料込)

Ultrabookと接続した例


■デスクトップ用モニターを活用しよう
このような外付けモニターは一般的にデスクトップパソコンで使用する物と思っている方も多いと思う。それだけでなくノートパソコン含め様々な機器でも利用できる。今回のモデルでは主にHDMIを利用するようになっているが、HDMIは最近のパソコン以外にも、ゲーム機やデジタルカメラなどを接続することも可能だ。

Ultrabookは従来のVGA出力に変わってHDMI出力を搭載していることが多い。HDMIから出力すればフルHD液晶や大画面テレビなどにも接続できる。先述したようにフルHD解像度で作業してしまうと、その便利な感覚を捨てることができなくなってしまう。外出時はUltrabookの低解像度画面で我慢するとしても、帰宅時には大画面かつフルHD解像度で作業したほうがストレスも感じない。

メインの大画面モニターとして使うのが断然オススメだが、外付けモニターを2つめの画面として利用するのもいいだろう。Playstation3などHDMIに対応した機器も増えているので、これらの機器用のモニターとして使用してもいいだろう。

今回発表された製品は27型(S2740L)でも29,980円で、22型(S2240L)なら13,980円と同社製PCのオプションとしても購入しやすい価格になっている。まもなくWindows 8が登場する。さらなる高解像度環境を生かせるOSになっていると思われ、そうした意味でも購入しておくというのはアリだろう。

PCだけでなくゲーム機といったHDMI対応機器などの使い勝手を向上させたいと思っている方は、このようなモニターの活用を考えてはいかがだろうか。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)] 

digi2は「デジタル通」の略です。現在のデジタル機器は使いこなしが難しくなっています。
皆さんがデジタル機器の「通」に近づくための情報を、皆さんよりすこし通な執筆陣が提供します。


デジ通の記事をもっと見る
iPhone 4Sの音声認識機能は使える 新しいiPadでも使える音声認識
英語の音声認識で英会話練習 自分の発音を客観的に知る方法
サービス終了後はどうなる!電子書籍は永遠に読めるのか
キンドルが日本に参入する?Amazonの電子書籍をおさらい
iPhoneが据え置きゲーム機も殺す?多機能化するスマートフォン


Amazonベーシック high speed Ethernet対応 HDMIケーブル 2.0m
Amazonベーシック high speed Ethernet対応 HDMIケーブル 2.0m
クチコミを見る
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr

↑このページのトップヘ