ZiZiの書き殴り妄想ノート

興味を持った事柄をその場で躊躇なくメモる

タグ:ScanSnap

富士通 ScanSnap SV600 FI-SV600富士通 ScanSnap SV600 FI-SV600 [Personal Computers]
商標:富士通
(2013-07-12)


スキャナーの新しい形 PFUより新技術を採用したドキュメントスキャナー


PFUの「ScanSnapシリーズ」は、簡単な操作でスピーディーに紙を電子化する定番機器として広く知られている。所有している書籍をスキャンして電子化する、いわゆる「自炊」と呼ばれるパーソナルなデジタル書籍作成作業では、裁断機を使って書籍をページごとにバラバラにする必要があり、高価だったり希少価値の高い書籍の電子化には向いていなかった。

今回「Versatile Imaging Technology」(以下、VIテクノロジー)というまったく新しいスキャン技術を搭載したドキュメントスキャナー「ScanSnap SV600」が登場した。この製品は、大きなサイズの原稿、製本された状態の書籍を裁断して分解せずに最大A3サイズまでの原稿が高画質でスキャンできる。

さらに「ワンプッシュ」に象徴されるScanSnapシリーズの優れた操作性に見開きにした本の湾曲を自動的に補正する「ブック補正」や「ページめくり検出」機能を搭載することで、様々な媒体を手間なくイメージデータに変換できる。

書画カメラと呼ばれるOHPを電子機器化した機器、いわゆるOHC(オーバーヘッドカメラ)ライクな「SV600」は、上からカメラで見下ろす感じでスキャンを行い、デジタルデータ化する。高被写界深度レンズ、高指向性LED光源、ライン型CCDセンサーを組み合わせたVIテクノロジーにより、スキャン時の画質のムラを最小限に抑え、均一で読みやすいドキュメント画質を実現した。大きなサイズの原稿、製本を崩さず簡単に電子化できる。

スキャンはこんな感じで行う


最大A3までのサイズで新聞、書籍など原稿の大きさを問わずスキャン可能新聞や書籍・雑誌の見開きなどの大きな原稿でも裁断してバラバラにせずにスキャン可能だ。本や色紙といった厚みのある原稿、付箋など重ね付けされたものがある原稿も、そのままスキャンできる。Windows用ソフトウェアは同梱され、2013年秋にはMac OS用のソフト(ドライバソフト、名刺管理ソフト、OCRソフト)が無償でダウンロード提供予定となっている。

価格はオープンプライスだが、参考としてPFUダイレクトでの価格が59,800円と6万円を切っており、新技術を採用した新製品の割に手ごろな価格に設定されているのがうれしい。

ScanSnap SV600
PFU

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

■PFUに関連した記事を読む
3年連続売上げ1位! ScanSnapが「BCN AWARDスキャナ部門 最優秀賞」を3年連続受賞
PC不要でモバイル端末からダイレクトにスキャン【動画で見る新型ScanSnap】
スマホと連携できる賢いスキャナ!PFU、スマートに書類を電子化するScanSnap「iX500」を発表
定番スキャナがiPhone&スマホに対応! iPhoneやAndroidからスキャンできるScanSnap登場
プロ向けで約3万円!高速タイピング性能を追求した超高級コンパクトキーボード


ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY

Share on Tumblr

FUJITSU ScanSnap iX500 FI-IX500FUJITSU ScanSnap iX500 FI-IX500
販売元:富士通
(2012-11-30)
販売元:Amazon.co.jp


ドキュメントスキャナーの定番製品と言えばPFUのScanSnapシリーズだ。筆者も旧来からのScanSnapユーザーである。名刺の取り込み、必要書類といったドキュメント類の電子化に欠かせない製品と言え、最近では自炊ユーザーにも定番製品として知られている。ラインアップも幅広く、持ち運べるモバイル向けのモデルから、最新モデルではスマホとの連携が強化されるなど、新モデルが登場するたびに地道に進化してきているのも、その人気を押し上げる原因になっていると言えるだろう。


そのScanSnapがBCN社の「BCN AWARD 2013」において、3年連続で「スキャナ部門 最優秀賞」(国内スキャナ年間販売台数 No.1に与えられる賞)を獲得した。その受賞を記念して5万円分の商品券が当たるキャンペーンを開始している。キャンペーンに応募できるのは、同社のScanSnapを購入したユーザーとなっている。キャンペーンの対象となる商品は12製品で、最安値のモデルは2万円を切っているScanSnap S1100(PFUダイレクト価格で17,800円)だ。まだScanSnapを使ったことがないというユーザーは、この機会に購入してキャンペーンに応募してみるのはどうだろう。

ニュースリリース
キャンペーンページ
ScanSnap
PFUダイレクト「ScanSnap」


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ScanSnapに関連した記事を読む
PC不要でモバイル端末からダイレクトにスキャン【動画で見る新型ScanSnap】
Macユーザーも注目!新しいScanSnapはWindowsやスマホだけじゃなくMacOSでも便利に進化
スマホと連携できる賢いスキャナ!PFU、スマートに書類を電子化するScanSnap「iX500」を発表
定番スキャナがiPhone&スマホに対応! iPhoneやAndroidからスキャンできるScanSnap登場
雑誌をPDF化してiPadで読む裏技!スキャナー活用のノウハウを伝授【新スタイル活用術】

FUJITSU ScanSnap S1100 Deluxe FI-S1100-D
FUJITSU ScanSnap S1100 Deluxe FI-S1100-D
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY

Share on Tumblr

【11月30日発売予定予約受付中】Fujitsu/富士通A4スキャナ[600dpi・USB2.0] ScanSnap iX500 楽2ライブラリ セットモデル(Windowsモデル) FI-IX500-DC
【11月30日発売予定予約受付中】Fujitsu/富士通A4スキャナ[600dpi・USB2.0] ScanSnap iX500 楽2ライブラリ セットモデル(Windowsモデル) FI-IX500-DC

ITライフハック
スマホと連携できる賢いスキャナ!PFU、スマートに書類を電子化するScanSnap「iX500」を発表
ペーパーレス化が叫ばれてから、はや幾年、遅い歩みではあるがビジネス関連の書類の電子化は進んできているし、iPadシリーズやAndroidタブレットの普及が一気に加速したこともあり、電子書籍も一気に市場が拡大しそうな勢いだ。

自己所有の書籍を電子化する”自炊”やビジネス文書の電子化に役立ってくれるガジェットにドキュメントスキャナがある。ただし、業務用では、10万円を超えるなど個人で買うには敷居が高かった。

最近では個人でも何とか頑張れば購入できる価格帯(4~6万円)に落ちてきているが、かなり前から購入しやすい価格で一般ユースに圧倒的な知名度と人気を誇ってきたのがPFUの「ScanSnap」シリーズである。

そのPFUが本日11月12日、都内 ホテルにおいて、報道関係者向けにScanSnap新製品発表会を開催した。発表したのはパーソナルドキュメントスキャナ「ScanSnap」シリーズのフラッグシップモデル「ScanSnap S1500」の後継機種となる「ScanSnap iX500」だ。

発売開始は2012年11月30日より。価格は、PFUダイレクト価格で、「ScanSnap iX500」が49,800円(税込み)。ファイリングソフトウェア「楽2ライブラリ Smart with Magic Desktop」が54,800円(税込み)と、相変わらず購入しやすい価格で投入される。

■スキャン速度、給紙性能を大きく向上
前述したようにパーソナルドキュメントスキャナ ScanSnapシリーズは、ワンプッシュでスピーディーに書類を電子化できることから、数多くのユーザーに愛用されている。何を隠そう筆者もその一人だ。

今回発表された新製品「iX500」は、ベストセラーモデルである「S1500/S1500M」を引き継ぎ、クラウドサービス、スマートフォン/タブレット連携でクラウド市場を大きく拡げる新世代のドキュメントスキャナになる。
フラッグシップモデル「ScanSnap S1500」の後継機種「ScanSnap iX500」


外観は、ピアノブラックを基調としたスマートかつ洗練されたデザインに一新。最新インターフェイス (Wi-Fi、USB3.0)に対応する新開発の画像処理エンジン「GI」プロセッサーを搭載。スマートフォン/タブレットからの直接利用を実現するとともに、スキャン速度、給紙性能を大きく向上させた。同時にソフトウェアを強化し、より一層便利に活用できるようになっている。

新開発の画像処理エンジン「GI」プロセッサー


今後ともPFUは、機能・性能を進化させ、「カンタン」「コンパクト」「スピーディー」を合言葉に製品開発を続けるとしている。PCで取り込んでからスマホやタブレット向けにデータを整えていた従来の電子化手順から、スマホやタブレットからダイレクトにScanSnapを使って電子化が行える今回の新世代ScanSnap「iX500」によって、ユーザーのライフスタイルが大きく変化することは間違いないだろう。

ScanSnap製品情報
株式会社PFU

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

■パソコンに関連した記事を読む
北欧パーツ第二弾! スウェーデン「Fractal Design」のPCケース登場
オンキヨーのPC部門に変化 SOTECからONKYO、そしてMoneualへ【デジ通】
性格の異なるGTX 650 Tiカード リードテックよりGeForce GTX 650 Ti搭載モデル2製品
お土産の試食やコーヒーも! マガジンハウス「BRUTUS」とUltrabookのコラボイベント 【デジ通】
世界最薄のUltrabook登場! Acerから厚さ11.9mmのタッチ対応Ultrabook登場

Lexar プラチナII 200倍速16GB(SDHC、Class10)
Lexar プラチナII 200倍速32GB(SDHC、Class10)
Lexar プラチナII 200倍速64GB(SDXC、Class10/UHS-I対応)
Lexar micro SDHC High-Speedシリーズ16GB(SDHC、Class10)
Lexar micro SDHC High-Speedシリーズ32GB(SDHC、Class10)
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr

↑このページのトップヘ