ZiZiの書き殴り妄想ノート

興味を持った事柄をその場で躊躇なくメモる

タグ:Samsung

GALAXY Tab 3はIntel CPU搭載 サムスンの10.1インチタブレット「GALAXY Tab 3」発表


つい先日、インテルがCOMPTEX TAIPEIで、タブレットやスマホと言ったモバイル端末向けのCPUであるタブレット向けの「Bay Trail-T」とスマホ向けの「Merrifield」についての発表も行なわれた。いずれも今年の後半以降に登場してくるとされており、いま現在のタブレット向けのプラットフォームであるClover Trail+の例として昨日発表されたSamsungの新しい10.1インチAndroid搭載タブレット「GALAXY Tab 3」を紹介。

このタブレットは、インテルの4G LTEソリューションとAndroidタブレット向けのインテルAtom SoC(開発コード名:Clover Trail+)プラットフォームという2つのテクノロジーを採用しているという。

iPadとは異なり横画面での利用が前提になっているGALAXY Tab 3。


■スペック表には書いてないが搭載するCPUはClover Trail+
サムスンのGALAXY Tab 3用サイトでは、CPUは1.6GHz(デュアルコア)としか書かれていないCPUだがこのCPUがAtomプロセッサーZ2560であるという。インテルによるとClover Trail+プラットフォームは、前世代のインテルAtomプロセッサーの2倍のコンピューティング性能と3倍のグラフィックス性能を持ち、バッテリー駆動時間でも競争力があるという。

またCPUに統合されたインテルグラフィックス・メディア・アクセラレーターは、性能が向上しており、リアルな3Dゲーム体験やフルHDビデオ再生といったグラフィックス性能を提供するとしている。Clover Trail+のデュアルコア性能とインテルハイパースレッディング・テクノロジーにより、同時に4つのアプリケーション・スレッドを処理でき、滑らかでシームレスなマルチタスク処理が可能。

背面のロゴも横置き前提になっている。


■ロング・ターム・エボリューション(4G LTE)もインテル製
また同タブレットに搭載されているインテルXMM 7160は、世界最小クラスの最低消費電力を誇るマルチモード・マルチバンドLTEソリューション2だ。同モデムは15種類のLTEバンドに同時に対応するほか、エンベロープ・トラッキングとアンテナ・チューニング用にリアルタイム・アルゴリズムを採用。

高度な設定が可能なRFアーキテクチャーの実装により、コスト効率に優れたマルチバンド設定やバッテリー駆動時間の延長、グローバルLTEローミングを1つの製品で提供することが可能だとしている。また、スマートフォン、タブレット、Ultrabookなどの複数のデバイスをサポートしているので、タブレットやスマホに限らずノートPCなどにも搭載可能だとしている。

インテル製だけで固めたAndroid端末の実力は、実際に触ってみないとわからないが、スマホやタブレットで後発のインテルのCPUや通信チップが、2013年後半に向けてどの程度まで巻き返せるのかに注目したい。

GALAXY Tab 3リリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY

Share on Tumblr

Samsung、主力スマホの最新モデル「GALAXY S 4」を発表!5インチフルHDディスプレイや1.6GHzオクタコアCPUなどを搭載

GALAXY S 4が正式発表!

Samsung Electronics(サムスン電子)は14日(現地時間)、アメリカ・ニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールにてイベント「UNPACKED 2013 Epsode 1」を開催し、同社のスマートフォンシリーズにおけるフラッグシップモデル「GALAXY SIV(GALAXY S4)」を発表しています。

2013年4月下旬から全155カ国で発売を予定しているということで、特に日本での発売については触れられていませんが、恐らく従来通り、海外版をベースにしたモデルが発売されるのではないかと期待して正式発表を待ちたいところです。

なお、イベントには、同社のモバイル事業を統括するJK・シン氏が登壇し、GALAXY SIVの詳細をプレゼンテーションしていました。


Screenshot_2013-03-15-13-19-29


GALAXY SIVは、サムスン電子の主力スマートフォン「GALAXY Sシリーズ」の最新モデルです。プラットフォームにAndroid 4.2.2(開発コード名:jellyBean)を採用。

スペックとしては、現在、他社のハイエンドモデルも多く採用してきている5インチフルHD(1080×1920ドット)ディスプレイを搭載し、画素密度が441ppiとなります。SamsungのSuper AMOLED(有機EL)パネルを採用。ディスプレイを覆う素材には、Corning製「Goriila Glass 3」が採用され、さらに傷が付きにくくなっています。

また、チップセットは、通信方式などの関係もあり、市場や事業者ごとに採用する部品が異なるものの、主要モデルでは同社製のオクタコアCPUを採用。このCPUは、最大1.6GHz駆動で、Cortex-A15系の4つのCPU(クアッドコアCPU)とCortex-A7系の4つのCPU(クアッドコアCPU)を内蔵しており、作業内容や消費電力によって各コアを使い分けることで、低消費電力ながらより高いパフォーマンスを示すという「Exynos 5 OCTA」となっています。その他、Qualcomm製で最大1.9GHz駆動のクアッドコアCPUを内蔵した「Snapdragon 600」を搭載したモデルも用意されるとのことです。




03


カメラは、1300万画素裏面照射型CMOSアウトカメラおよび200万画素裏照射型CMOSインカメラを搭載。2GB内蔵メモリー(RAM)を搭載しているほか、内蔵ストレージ(ROM)は、16GBおよび32GB、64GBの3モデルが用意されています。また、外部ストレージ(メモリー)には、最大64GBまでに対応したmicroSD/microSDHC/microSDXCカードスロットをサポートしています。

無線通信では、受信時最大100MbpsのLTE(カテゴリー3)に対応しているほか、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.0、NFC、GPS、赤外線通信「IR LED」に対応。専用ケーブルでHDMI出力が行えるMHL 2.0に対応したmicroUSB端子も備えます。

センサーは、照度センサーや加速度センサー、電子コンパス、気圧センサー、ジャイロセンサー、近接センサー、温度・湿度センサーを搭載。

04

05


バッテリー容量が2600mAhで、取外しが可能なほか、ワイヤレス充電にも対応しています。サイズは、大きさが約136.6×69.8×7.9mm、質量が約130g。ボディーカラーには、ホワイトおよびブラックの2色が用意されており、2013年後半にはさらに他のボディーカラーが追加される予定だということです。

デザインとしては、既存モデル「GALAXY SIII」をほぼ踏襲しており、若干丸みのあるものとなっています。ただし、さらにディスプレイの周りのベゼルが狭くなっており、各部品の配置などが若干異なっています。

なお、イベントの模様は、Youtubeにてリアルタイム中継されたほか、以下からオンデマンドで閲覧することができます。



◯主な仕様
サイズ136.6×69.8×7.9mm
質量130g
ディスプレイ5インチフルHD(1080×1920ドット)Super AMOLED 441ppi ゴリラガラス3
OSAndroid 4.2.2(開発コード名:JellyBean)
CPU1.9 GHzクアッドコアCPU または
1.6 GHzオクタコアCPU(市場によって異なる)
内蔵メモリー(RAM)2GB(LPDDR3)
内蔵ストレージ(ROM)16GB、32GB、64GB
外部ストレージmicroSD/microSDHC/microSDXC(最大64GB)
カメラ1300万画素裏面照射型CMOSアウトカメラ
前面200万画素裏面照射型CMOS
無線LANIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(HT80対応)
Bluetooth4.0(LE)
赤外線IR LED (Remote Control)
NFCTypeA/B
GPSA-GPS(GLONASS)
HDMIMHL 2.0
ネットワークGSM/GPRS/EDGE(850/900/1800/1900MHz)
W-CDMA/HSPA+ 下り42Mbps対応(850/900/1900/2100MHz)
LTE Catgory 3 下り100Mbpsおよび上り50Mbps対応(Hexaバンド)
センサーAccelerometer、RGB light、Geomagnetic、Proximity、Gyro、Barometer、Temperature & Humidity、Gesture
バッテリー容量2600mAh(取り外し可能)
カラーブラック、ホワイト


記事執筆:S-MAX編集部


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Samsung、3月14日開催予定のイベント「Samsung UNPACKED 2013」のティザー動画を公開!GALAXYの新モデルを発表へ - S-MAX - ライブドアブログ
MWC 2013:Samsungブース、最新のSペン対応8インチタブレット「GALAXY Note 8.0」などを展示 - S-MAX - ライブドアブログ
Samsung、”Unpacked 2013 Episode 1”を3月14日に開催すると正式発表!次期主力機種「GALAXY S IV」発表へ - S-MAX - ライブドアブログ
NTTドコモ、サムスン製Androidスマホ「GALAXY S II SC-02C」のソフトウェア更新を再開!まれにEメールが正常に受信できない不具合を改善 - S-MAX - ライブドアブログ
ついに日本でも発売開始!Googleブランドの10インチタブレット「Nexus 10」を早速開封して使用してみた【レビュー】 - S-MAX - ライブドアブログ
Samsung、Sペンによる繊細なペン入力が可能な8インチタブレット「GALAXY Note 8.0」を発表!MWC2013で展示で2013年Q2に各国で発売 - S-MAX - ライブドアブログ
Google、10.1インチタブレットのリファレンスモデル「Nexus 10」の日本国内での販売を開始 - S-MAX - ライブドアブログ
NTTドコモ、サムスン電子製のスマートフォン「GALAXY Note II SC-02E」と「GALAXY SIII α SC-03E」のソフトウェアアップデートを一時中断!再開は未定 - S-MAX - ライブドアブログ
NTTドコモ、サムスン電子製のタブレット「GALAXY Tab 7.0 SC-02D」のOSアップデートを提供開始!待望のAndroid 4.0へ - S-MAX - ライブドアブログ
キャリアの垣根を越えた相談窓口として、アークモバイルが「スマホの窓口」を開設!スマートフォン教室や講師派遣などのサービスを開始【レポート】 - S-MAX - ライブドアブログ
Samsung UNPACKED 2013 Livestream - YouTube
Samsung Mobile Press
Samsung GALAXY S 4 | Samsung Mobile Press
Introducing the Samsung GALAXY S 4 | Facebook
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY


Share on Tumblr

CESの基調講演で感じた勢いの差 パナソニックとサムスンの方向性 を読み解く【デジ通】
パナソニックの津賀一宏社長によるCES基調講演
2013年1月初めにラスベガスで行われた世界最大の家電トレードショーの「CES 2013」で筆者が特に注目していたのはパナソニックとサムスンの基調講演で、それぞれでどういった内容が語られるかという点である。

それぞれが日本と韓国を代表する家電メーカーだ。スマートフォンやテレビなどの躍進でサムスンの方が業績自体は好調だ。その2社が世界中から来場した業界関係者が見守る中、どんな話を聞かせてくれるのか、それはワクワクしながら、それぞれの基調講演に参加した。パナソニックはエコなど無難な内容だったが、圧倒的な勢いを感じたのはサムスンの方だった。

■優等生的で落ち着いた内容のパナソニック基調講演
パナソニックの基調講演は展示会開催日の1月8日に津賀一宏社長によって行われた。ここでは、EL層印刷方式の4K対応有機ELパネルや20インチの4K対応タブレットなど、製品としては興味深いモノもいくつか披露されたが、講演の中心となったのは、エコや自動車、飛行機関連にも注力するB2B事業などだった。日本が置かれている現状を鑑みてか派手な演出等はあまり見られなかった。

パーソナライズ機能のあるスマートテレビなど、一般消費者向けのコンセプトも紹介されたが、どれも今後のパナソニックの方向性を示すモノではあるが、「数か月以内に、こんなすごい製品が出しますよ!」とか、「いま出てるこの商品は、これだけすごいですよ!」というような具体的な話はほとんどなかった。

基調講演でのサムスンのステファン・ウー博士


■スマホ市場を食ってしまいそうな勢いのサムスン基調講演
いっぽうのサムスンであるが、基調講演はパナソニックの翌日に行われた。世界でスマホトップセールスを達成しただけあってスマートフォンを中心としたコンポーネントを中心にした講演となった。それもそのはずで、講演を担当したのはサムスン電子デバイスソリューション部門システムLSI事業担当社長のステファン・ウー博士であって、自身が担当する分野(スマホやタブレット等)の話題が中心となったのは当然と言える。

現在では家電業界の中核であるスマートフォンのコンポーネント(部品)を講演の中心にしたことで、結果的にこの事業で世界的に躍進するサムスンの勢いがよくわかる内容になっていた。

たとえばCortex-A15でパフォーマンスと低消費電力を実現するARMのbig.LITTLE技術を採用した新しいCPUの「Exynos 5 Octa」、そして曲げることができる有機ELディスプレーの「YOUM」などのこれからの製品の紹介。特に曲げられる有機ELディスプレーに関しては、単に曲げられるというだけでなく、曲げた状態で側面までディスプレイにしたスマートフォンのデモなども行うなど、今後の製品展開についても期待が持てる内容だった。

サムスンのゲストスピーカーとして登場したビル・クリントン氏


また、元アメリカ大統領のビル・クリントン氏がゲストスピーカーとして招かれたが、筆者が参加したこの手の基調講演では初めて観客がゲストをスタンディングオベーションで迎えるという経験をした。

パナソニックの方は、グループ会社も含めたパナソニック全体での方向性を示した内容だったが、サムスンはいくつかある事業の中でスマートフォンなどを中心にした内容だ。このように講演の内容が異なるので直接比較することはできないが、パナソニックは良く言えば無難、悪く言えば面白味のない、いわば優等生的な基調講演であったと言える。

一方、サムスンは、同社の事業の中でも世界的に躍進しているスマートフォンを中心にした内容にしたことで、その勢いがそのまま出ていたように感じた。2013年は始まったばかりだが、来年の両社のCES基調講演では、どういう内容になるのか、いまから楽しみにしている。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)] 

デジ通の記事をもっと見る
アップル決算から見えてきたこと PCハードウェア中心からiOS製品をメインへ
フルHDの次はUltra HD フルHD解像度より高い解像度は4Kからどう変化した?
デジカメスマホのGalaxy Camera スマート化はコンデジのひとつの方向性!
スマホとタブレットは融合するか? ASUSのPadFone 2に見るデバイスの今後
形で性能が変化するPC! ThinkPad Helix搭載のCore iはTDPが三段階に変化

Panasonic DIGA HDD搭載ハイビジョンブルーレイディスクレコーダー 3TB 4Kダイレクトクロマアップコンバート&ネットワーク/ハイレゾオーディオ対応 DMR-BZT9300
Panasonic DIGA HDD搭載ハイビジョンブルーレイディスクレコーダー 3TB 4Kダイレクトクロマアップコンバート&ネットワーク/ハイレゾオーディオ対応 DMR-BZT9300
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY


Share on Tumblr

デジカメスマホのGalaxy Camera  スマート化はコンデジのひとつの方向性! 【デジ通】
一見普通のデジカメだが
昨年の夏、NikonがAndroidOSを搭載するデジカメ「COOLPIX S800c」をリリースした。実際に触ってみた人ならわかると思うが、OSは古いAndroid 2.x系で動きはもっさり、唯一画質はさすがNikonと思わせるモノだったが、UIがあれじゃあという感じで、せっかく面白いコンセプトなのに残念だと感じた製品だった。

まだ時期的に早いんじゃないかと思っていたのだが、サムスンが4G対応でAndroid OSを搭載するデジカメ「Galaxy Camera」を2012年末に発売した。4G対応だがスマホではなくデジカメである点に注目。

日本では販売されていないこともあり、これはNikonの二の舞だろうな、なんて予想していたのだが、今年のCESに行った際に試しに触ってみたが、これが中々の完成度で、この方向性はアリなんじゃないかと思った。

既存のカメラメーカーは、コンセプト的にはあまり冒険はできない。いっぽうデジカメ市場の中では新興のサムスンが、スマートフォンで得意な技術を活用して、各種機能をデジカメに盛り込んだというのは、チャレンジャーだからこそ可能だったと言える。

Galaxy Cameraは液晶面がタッチパネルで、Wi-Fiなどの通信機能を搭載、データの送信などの機能を備えている。ここまでは、他社の通信機能などを搭載したカメラにもあった機能だが、このタッチパネルによる操作でカメラとしての必要な機能である、狙った撮影を簡単にできる機能がわかりやすく用意されている。

そして何より快適さを生み出している一番の理由は、UIの追従速度がNikonのCOOLPIX S800cに比べて、サクサク動いていたことだ。ここまで快適に操作できるからこそ、Androidにした意味があるというものだ。おそらく自社製の高性能クアッドコアCPUが搭載できたからこそ可能な芸当だ。

例えば、人物写真を撮る際、シャッターを押したタイミングと表情がうまく合わない場合があるが、何枚か連続してシャッターを押し、その中で最も表情の良い画像だけを残すようなことが、タッチパネルを使用し簡単にできるようになっている。直感的に操作しても待たされることがない。

タッチ操作による撮影関連機能も満載


デジカメ用のプログラマブルなOSとしては、1998年頃にコダックやミノルタ、ペンタックスのデジカメに搭載されていたDigtaOSがある。VxWorksというリアルタイムOSをベースにデジカメ向けの機能を実装したものだ。あの火星探査機のマーズ・パスファインダーに搭載されていたOSもVxWorksベースでDigtaOSとは兄弟みたいなものである。

Digitaスクリプトという言語でプログラミングが行え、コダックの発表会に行くとデジカメのメニュー画面でインベーダーゲームが動いており、前モデルより高速です!と自慢げにデモしているのを見て「可能性」は感じたものの、残念ながら普及しなかった。

これに対してAndroidはすでに広く普及しているので、あとから追加する必要がない。すでにある豊富な資産を持ってきて使えるわけだ。Android用に用意されたTwitterやInstagramなど、様々なアプリを活用することだって可能だ。内蔵ストレージが満杯になってしまったとしても、4G通信やWi-Fi経由でPicasaにアップロード&アルバム化して内蔵ストレージのデータは消してしまうことができる。

スマホのカメラ機能と同じことがデジカメでできてしまうわけだ。コンデジを持たずにスマートフォンでデジカメ撮影できるようになった利点は、単に携帯電話にカメラ機能が付いてカメラを別途買わないでいいとか、二台持ち運ぶ必要がなくなったとかではない。様々なアプリを使って、撮影した画像を簡単に楽しく活用できるようになっている点が最大のメリットなのだ。それならデジカメもスマホ化しちゃえばいいじゃん、という逆転の発想がGalaxy Cameraであると言える。

老舗のカメラメーカーが提案している撮影後の活用方法はPCに取り込んでから、付属ソフトなどを使えとか、RAW現像ソフトで現像して高性能プリンターで印刷といった活用方法になっている。これはプロやセミプロ、ハイエンドユーザー寄りであり、あまり一般ユーザー向けではない。

そもそも大手量販店のデジカメプリントコーナーに人が集まっていることからも、画質にそれほどこだわらない人は、自分で画像を編集したり印刷するようなことはないだろう。プロ向けの高価な機材で利益を確保するのも大事なことだと思うが、サムスンがGalaxy Cameraでやったような、デジタルカメラのスマート化の方向性を、日本のメーカーが本気でやれば、もっと素晴らしい製品が出てくると思うのだがいかがだろう。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)] 

デジ通の記事をもっと見る
スマホとタブレットは融合するか? ASUSのPadFone 2に見るデバイスの今後
形で性能が変化するPC! ThinkPad Helix搭載のCore iはTDPが三段階に変化
手書きフィーリングを追求したガジェット! ソフトベンダーによる初のハード「enchnatMoon」
日本じゃ余裕だけれども・・・ すれちがい通信を使って3DSの北米での普及度合を調べてみた
タイムゾーンの設定に注意! 海外渡航時のスケジュール管理術

【SAMSUNG】GALAXY CAMERA ギャラクシーカメラ WHITE 白 EK-GC100 海外版SIMフリー
【SAMSUNG】GALAXY CAMERA ギャラクシーカメラ WHITE 白 EK-GC100 海外版SIMフリー
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY


Share on Tumblr

特許訴訟アップル新型iPhone5からサムスン部品を大量除去

(以下、中央日報2012年9月7日付)
アップルが今月12日公開する新型スマートフォン「iPhone5」でサムスンの部品を大量に使用しなかったことがわかった。 
6日、業界によるとアップルはiPhone5発表に合わせて主なグローバル通信会社に供給する初期物量を生産しながらサムスンに部品供給を注文しなかった。代わりにアップルはNANDフラッシュ モバイル、DRAMなどメモリーチップをSKハイニックスや日本エルピーダ、東芝などに注文した。LCDはLGディスプレイ、ジャパンディスプレイから供給を受けた。バッテリーは中国のATL、日本の三洋電機から調達したとわかった。業界関係者は「サムスン電子はメモリー供給先に選ばれたが、数百万台から最大1000万台と推定されるiPhone5初期物量用としては注文されず、サムスンSDIも協力会社として選ばれたがバッテリー注文を受注することができなかった」と述べた。 

アップルはスマートフォンの頭脳役割をするアプリケーションプロセッサ(AP)の場合、サムスン電子から調達していた。当初、台湾のTSMCに製品を注文してテストしたが、収率(完成品比率)が満足できないとサムスンに取引先を変えた。電子業界関係者は「各国でサムスンと特許訴訟戦を行って関係が悪化するとすぐにアップルは昨年から着実にサムスン電子の部品使用を減らし、iPhone5製造を契機に部品供給先を大幅交替したとみられる」と説明した。 

業界はアップルがサムスンとの取引を完全に断絶することは難しいとみている。アップルは今年初め新型iPadのパネルをシャープとLGディスプレイから調達しようとしたが品質低下に苦しめられた。英国IT専門ファンドであるポリーキャピタルのベンマネージャーは「部品の品質は製品性能と直結するのでアップルがサムスンと取り引きをやめることは容易ではないだろう」と見通した。 

サムスンは今まで、iPhoneに40%(価格基準)ほどの部品を供給してきた。アップルが昨年サムスン電子から購入した半導体など部品の規模は10兆ウォンだ。これはサムスン電子の売り上げの約6%に相当する。
Samsungの今後の対応が気になります。

【ショップレビューを書いて¥500クオカードプレゼント】スマートフォン 白ロム ドコモ 携帯 サムスン SC-05D GALAXY Note Ceramic White 【あす楽対応】【新品】
【ショップレビューを書いて¥500クオカードプレゼント】スマートフォン 白ロム ドコモ 携帯 サムスン SC-05D GALAXY Note Ceramic White 【あす楽対応】【新品】
Share on Tumblr

サムスンのアンドロイド搭載カメラが韓国で話題に




韓国のIT専門ニュースサイト「ブロター・ネット」は、29日、サムスンが公開したアンドロイド搭載のデジタルカメラ「ギャラクシー・カメラ」のレビューを掲載している。

サムスンのアンドロイド搭載カメラが韓国で話題に

アンドロイド4.1・ジェリービーンズが搭載されているこの商品について、記事では「ギャラクシー・カメラがカメラなのかスマホなのか曖昧」と説明している。同製品はアンドロイドOSが入っている以上、既存のギャラクシー・スマートフォンと似ている。

アプリのダウンロード、音楽鑑賞、インターネットももちろん可能だ。興味深いのはWi-Fiだけではなく、3G、4G回線も使用できるため、通信事業社を通して購入しなければならない一方、電話機能はない。記事では同製品を「共有機能に焦点が当てられた製品」と結論付けた。

記事コメント欄には「カメラ持ち歩くために毎月一定の額を支払えということだろう」「携帯にデジカメの望遠レンズをつけるとそれで電話しないだろう。カメラはカメラで特化して電話は電話」「写真を取った瞬間に送らなければならない職業の人は少ないと思う。産業スパイ用か、それとも記者やパパラッチ用か」「アンドロイドはもともと洗濯機、冷蔵庫、テレビなどにも使えるように設計されている」など、ユーザーから様々な反響が寄せられている。

【関連記事】 
サムスン、MSにくら替えか=最新OSスマホで一番乗り―米での敗訴濃厚が影響? 
サムスン、Android 4.1搭載の「GALAXY Camera」を発表 

【関連情報】
アンドロイド・デジカメ‘ギャラクシー・カメラ’公開(ブローター・ネット<韓国語>)
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr

Samsung Electronicsは5月3日 (英国時間)、英ロンドンでGALAXY Sシリーズの第3世代製品となる「GALAXY S III」を発表した。キャッチフレーズは「Designed for Humans and Inspired by Nature (自然からインスピレーションを受けた、使う人のためのデザイン)」。4.8型の大きなディスプレーを備えるが、8.6ミリと薄いため持ちやすく、またクアッドコアCPUの高い処理性能を活かして、音声操作などユーザーがスマートフォンと自然にインタラクトするための機能を充実させている。3Gモデルが5月29日に欧州で発売になり、モバイルコミュニケーション担当プレジデントのJK Shin氏によると今夏に日本、米国、韓国などで4G LTEモデルが登場する。
87184

yu_iii1

 
GALAXY S III GALAXY NEXUS GALAXY S II
ディスプレイ 4.8型HD Super AMOLED 4.7型HD Super AMOLED 4.3型SUPER AMOLED Plus
画面解像度 1280x720 1280x720 800×480
CPU クアッドコア デュアルコア デュアルコア
カメラ リア:8メガ、フロント:1.9メガ リア:5メガ、フロント:1.3メガ リア:8メガ、フロント:2メガ
バッテリー容量 2100mAh 1750mAh 1650mAh
サイズ 136.6×70.6×8.6ミリ 136×68×8.8ミリ 125.3×66.1×8.49ミリ
重量 133グラム 135グラム 116グラム

Share on Tumblr

スマホのトップメーカー同士が戦略を巡り火花を散らしてる最中、docomoから新製品の発表。
激しく揉めてる中、アップルの望む次期「A6」プロセッサもサムスンから調達の可能性?!とか、情報が錯綜してま
す。
ユーザーにとっては自分の好きな機種が何処まで安く利用できるか、メーカーの競争は望むところ。今後の動きに大いに注目です。

http://journal.mycom.co.jp/news/2011/10/18/088/index.html


News for docomo

WirelessWire News
  • ドコモが冬春モデル24機種、Xi対応Android機などスマホが14機種占める

    ITpro - 45 minutes ago
    2011年10月18日、NTTドコモは2011-2012年冬春商戦向けの新端末を計24機種発表した。うち14機種がスマートフォン、1機種がタブレット、8機種が従来型携帯電話機、1機種がフォトパネルである。さらにNTTドコモの山田隆持代表取締役社長は「11月中にも、 ...
    50 related articles
  •  
    Share on Tumblr

    ↑このページのトップヘ