高倉健 生放送初出演でSMAPの未熟さ、なれ合いを叱った

ゲンダイネット

2012年08月21日17時00分

提供:ゲンダイネット

 


 タメ口は10年、いや100年早い――。高倉健(81)がまさに役者の違いを見せつけたといったところか。18日深夜の「SmaSTATION!!」(テレビ朝日)に生出演。6年ぶりの主演映画「あなたへ」(25日公開)の宣伝のためだが、共演したSMAP草なぎ剛や司会の香取慎吾にダメ出しを連発し、スタジオは凍りつき、連中は青ざめた。

 開口一番、草なぎが「ボク、今度のアルバムで(高倉健の代表曲)『唐獅子牡丹』を歌わせてもらったんですよ!」とオベンチャラを言うと、「聴いたけど、あんまりうまくねぇな」とバッサリ。また、ドラマ「任侠ヘルパー」でヤクザを演じている草なぎが「健さんをマネしています」と言うと、「役が合わない」と突き放した。それでも「あなたへの演技は良かったですか?」とすがりつこうとする草なぎに対し、「う~ん……ちょっと役が足らない」と最後まで評価しなかった。

 矛先は香取にも向けられた。「台本の記憶などは全て撮影現場で済ませちゃいます」と香取が悪びれずに言うと、健さんは唖然とした表情になり、「役者に向いてないんじゃないのか? オレが企画部長だったら(映画に)使わないな……」と切り捨てた。

 健さんがテレビ番組にゲスト出演するのは15年ぶり。生放送に出演したのはなんと初めて。取材に応じることもまれな健さんのまさに貴重な番組出演である。SMAPの面々は健さんを引っ張り出したと大威張りのつもりだったろうが、“大人”を甘く見てはいけない。収録なら間違いなくカットされていたはずだが、SMAPに対して視聴者が常日頃から思っていることを直言され、そのままオンエアの想定外の事態となった。

 芸能評論家の金沢誠氏がこう言う。

「高倉健ですから何を言われても、ジャニーズ事務所もテレビ局も黙らざるを得ません。SMAPは普段からPRしたい映画などがあると、それぞれのメンバーの司会番組に出演して、気持ち悪いほどお互いの作品を褒め合う。健さんはそんななれ合いをたしなめているのだと思う」

 草なぎと香取は高倉健に感謝した方がいい。

(日刊ゲンダイ2012年8月20日掲載)

すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ