ZiZiの書き殴り妄想ノート

興味を持った事柄をその場で躊躇なくメモる

タグ:芸能界

明石家さんま、テレビ東京に26年以上出演していない理由を語る

ざっくり言うと
  • 明石家さんまがテレビ東京に26年以上出演していない理由を語る
  • かつて、さんまはテレビ東京のバラエティ番組で司会を務めていた
  • 高視聴率を記録していたが急に打ち切りが決定し、それ以来出演していないという

トピックニュース



タモリ、ビートたけしと並び日本お笑い界の「BIG3」と賞され、デビューから40年近くたつ現在も意欲的に活動を続けるお笑い芸人・明石家さんま。「さんまのSUPERからくりTV」(TBS系)「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)といったレギュラー番組のほか、不定期のものを含めればほとんどのテレビ局に出演しているさんまだが、長きにわたり疎遠になっている局もあるようだ。12日放送のTBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」ではさんま自身が、そのひとつであるテレビ東京との確執を語っている。

話のきっかけは、番組リスナーから寄せられた「まだ出入り禁止が解けていないテレビ局・ラジオ局はいくつあるんですか?」という質問だった。これに答える形で、さんまは「こっちから出入り禁止にしているっていうのは2つありますね」「テレビ東京さんは、もう26、27(年)くらいから出てないのかな」などと語り、同局と疎遠になっていることを明かしたのである。

かつて、さんまは深夜のバラエティ番組「さんまのサタデーナイトショー」(テレビ東京系)で司会を務めていた。さんまが「ちょっとお色気番組の」と語る同番組は視聴者に好評で、深夜にも関わらず高視聴率を記録していたという。放送でさんまは「土曜日の12時からやってたんですけど、深夜の。それで、テレビ東京でトップの数字をとったんですね」と語るなど、その結果に満足していたようだ。

当時関係者と「10年、20年、この番組頑張りましょう!」と挨拶するなど、番組への意欲をみなぎらせていたさんま。しかし、挨拶をした翌週には「あのお色気番組の深夜が、テレビ東京のトップになるのはテレビ局のイメージとして良くない」という理由で、番組の打ち切りが決定したそうだ。

これにはさんまもかなり落ちこんだようで、当時を振り返り「俺たちテレビタレントが、頑張って面白い番組、人気番組にして終わるって、俺物凄いショックやった」「意味がないと。頑張って喋って人気番組にして、それで打ち切られたらもう」などと語っている。

この一件以来、さんまはテレビ東京の番組に出演することはなく、テレビ東京側も出演依頼をすることはなくなったというのである。ただし、さんまは同局に恨みを持っているわけではないようで、放送では「それが良かったのは『数字なんて取ってもアカンし、取らなかってもアカンねんから、どうでもエエか』ってその時に思えたんで。ものすごく助かったね、その後のお笑い芸人としての人生」と締めくくり、自らの教訓としたことを明かしている。

【関連記事】
さんま、IMALUとは共演NG「娘がしゃべってうけなかったらもう、嫌やんか」
明石家さんまが明かした、フジテレビとタモリ事務所の2年に渡る交渉 
明石家さんま、やしきたかじんから受けた「一生忘れられない恩」を語る 
明石家さんまが「AKBのルール」に疑問を呈す
cc_by-nd 
Share on Tumblr

トピックニュース



写真拡大

岡本夏生
現在服役中の大王製紙前会長・井川意高受刑者が15日に出版した著書「熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録」は、同受刑者の半生だけでなく、かつての華麗な交遊関係も記されているという。同著書では、井川受刑者が六本木・麻布界隈で知り合った芸能人との交流が暴露されており、アイドルや俳優など50名以上が実名で登場しているとも。その内容は、週刊誌を始めとした複数メディアが「芸能界・闇の交遊録」などと報じて話題となっている。

そんな芸能界の交友関係について、12日に放送されたTOKYO MXの情報番組「5時に夢中!」でタレント・岡本夏生が、かつての自身の経験を踏まえ苦言を呈した。

岡本が井川受刑者の暴露に言及したのは、同番組で東京スポーツの「大王製紙前会長『闇の交友録』」と題したニュースを紹介したことがきっかけ。司会のふかわりょうから接点があるかどうか尋ねられた岡本は、20年ほど前に大王製紙主催の「プロアマ」と呼ばれるゴルフコンペでの経験を明かした。

岡本によるとプロアマとは「芸能人が一人入って、大王製紙の関係のね、偉い接待を受けるような男性が二人入って、そこでプロゴルファーが一人入って。この四人の組み合わせでゴルフをやる」というもの。岡本は営業の一環としてこのゴルフコンペに、コンパニオン・司会として参加したという。この際、出演料として大王製紙側に40万円を提示されたが、50万円に値上げを要求。しかしこれは却下され「『意外と金にはシビアだったかな』と思うけども」と当時の印象を述べた。

また、「(同著書にあるように)こういう風に調子がいい時に、羽振りのいい企業にピタっとくっついて、それでお車代やら何やら、飲んだ食うだでちょっと顔出すだけで金もらうっていう芸能人。そういうの、いますよいっぱい」と証言。こういったことをするタレントを「おいしい生き血を吸いにいく芸能人」と、厳しい言葉で評した。かつては岡本自身も「その一人だったかもしれない」としながらも、「今は卒業した、というか声もかからない」と、現在の関係は否定した。

井川受刑者の暴露で実名を挙げられた芸能人には、「ただでチョロチョロ金くれるところに、チョロチョロついていくと高くつくってこと」「そういうところにチョロチョロいってると、ゲスな芸能人の中のひとりになっちゃうのよ」と苦言を呈した。「要は『金くれればなんでもするのか』とかさ。ペニーオークションじゃないけど、そうなっちゃうわけよ」と締めくくり、仕事を選ぶよう促している。

cc_by-nd
 
Share on Tumblr

↑このページのトップヘ