ZiZiの書き殴り妄想ノート

興味を持った事柄をその場で躊躇なくメモる

タグ:東日本大震災

東日本大震災に対する世界からの復興支援に感謝を示すイベント「ARIGATO in LONDON」を、ロンドン・オリンピック開催期間中にあたる28日から8月11日までの15日間、ロンドンカウンティホール(旧ロンドン市庁舎)で開催すると発表した。

f:id:topcruz:20120730100105j:plain

f:id:topcruz:20120730100121j:plain

建築家安藤忠雄さんやデザイナーコシノジュンコさんらが実行委員となって企画した。初日は、五輪に出場した経験があり、震災後は寄付金集めなどに注力してきた元スポーツ選手2人も出席した。陸上競技400メートル障害で活躍した為末大さんは「いま五輪で戦っている選手たちの分まで謝意を伝えたい」とあいさつ。バーをプロデュースしたのは元サッカー日本代表の中田英寿さん。「世界一大きな祭典の開催中に、日本文化を知ってもらい、つながりを強めたい」と英語で話した。

f:id:topcruz:20120730100230j:plain

 会場には宮城県南三陸町在住の写真家佐藤信一さんの作品が掲げられ、被災地への寄せ書きコーナーもある。三味線・和太鼓の演奏や生け花の実演も日替わりで予定されている。

Share on Tumblr



毎日新聞リンク

東日本大震災:おかえり、小晴 重機に乗り長女を捜し続けた母--宮城・石巻の大川小 - 毎日jp(毎日新聞)


TVワイドショーでも度々取り上げられ話題になってましたが、
ようやく念願が叶い遺体の一部を確認できたそうです。
感動を与えてくれ、ご苦労様でしたと声を掛けたいです。

「もういい加減諦め無駄なことは止した方が…」、
影で囁かれた心配の声も他所に、行動が報われました。

警視庁の応援部隊が引き揚げ警察の捜索態勢が縮小された。長靴姿のなおみさんは、今も帰らぬ4人の児童を思い「これからどうなるの」と大粒の涙で部隊を見送ったが、その後再び重機に乗った。

Share on Tumblr

↑このページのトップヘ