ZiZiの書き殴り妄想ノート

興味を持った事柄をその場で躊躇なくメモる

タグ:明石家さんま

トピックニュース
7日に放送された「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)の内容に、一部ツイッター上では疑問の声があがっている。

今回の放送では、お笑い芸人・明石家さんまを司会に「ネット社会の新常識」をテーマに進行。番組の内容は、SNSにおける個人情報流出の危険性を訴えるものから、「トイレでの孤独を癒すアプリ」といったウェブサービスの紹介まで、多岐に渡っていたが、とりわけ「ネット中毒」の危険性を強調する場面が目立った。

出演者である教育評論家の「尾木ママ」こと尾木直樹氏は、「情報がすぐ得られるため自分の脳でしっかり考えることをしなくなる」と指摘。また、脳科学者の澤口俊之氏は「インターネット中毒障害は精神疾患の一部」「覚せい剤中毒とほぼ同じ」「重度のネット中毒者には隔離治療が必要」と警告した。

さらに、番組のテロップには「コンピューターを使いすぎると脳が退化する?!」「想像上に深刻!!ネット中毒の恐ろしさとは」と、見るからに恐ろしい言葉が並ぶなど、ツイッターでは、「ネットやべーな。みんなホンマでっかTV見た方がいいよ!」「ネット中毒恐ろしいな」と、番組の内容に驚きを隠せないユーザーのコメントが寄せられた。

だが、その一方では、「ネット中毒?なんでテレビは中毒じゃないのにネットだけ中毒なんて扱いになるの?」「日本人がネット中毒になる前に、そもそも『テレビ中毒』だったんじゃないかな?」「そう言えば、TVだって見過ぎたらバカになる、とか色々言われてたわね」と、露骨に「ネット中毒」の危険性を煽り、「テレビ」については一切触れない偏った番組構成に首を傾げるユーザも散見された。

【関連記事】
フジテレビ「Mr.サンデー」の女性オタク特集に怒りのコメント殺到
五輪メダリストに無茶な要求をする番組に、ユーザは「中継が見苦しい」
脳科学者・澤口俊之氏 ブログ更新、金子哲雄さん偲ぶ
尾木ママ、金子哲雄さんへ最後の別れの言葉……「見事なまくひき!! あっぱれ! 金子さん!」

【関連情報】
「ネット中毒は隔離が必要」「攻撃性が強くて社会性が下がる」と、ホンマでっか!?TV(togetter)
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr


トピックニュース
さんまが明かす木村拓哉の人となり
「MBSヤングタウン土曜日」(TBS系列)より
13日に放送されたラジオ番組「MBSヤングタウン土曜日」(TBS系列)で、明石家さんまが、ジャニーズ事務所に所属するメンバーの意外な一面を明かした。

11日に放送された「ひみつの嵐ちゃん!」(TBS系列)のスペシャル番組に出演したさんまは、その際「視聴者にはわからなかったかもしれないけれど、嵐がさんまの番組を見て研究していた」ことがわかったという。

番組中、嵐の二宮和也がさんまに対し「えぇ?!」と不躾にリアクションを返す場面があった。さんまは、この言葉に対し「何が『ええ?!』や、失礼な」と、表面上ではツッコミを入れていたが、実際には、さんまが喜ぶと思って二宮がワザとやった行動だと感じ取ったという。二宮の計算された行動を見たさんまは、嵐に対する好感度があがったそうだ。

一方で、嵐の先輩であるSMAP・木村拓哉は「礼儀に厳しい」と語る。「ひみつの嵐ちゃん!」において、二宮のさんまに対する言動を知った木村が「すみません。ウチのニノが失礼な口のきき方をいたしまして」とさんまに謝ったというのだ。

また、さんまは、木村について「タテの社会とか敬語とか、失礼があったらすごく怒りよるからね」「あいつはタテの社会に厳しい」「軍人」などと上下関係に厳しい一面を明かしている。

【関連記事】
“絶対タブー”が解禁となったキムタク&マツコのドラマ共演
「日本のテレビ史におけるMVP」明石家さんまの人気は健在! 後継者は有吉か!?
【エンタがビタミン♪】「さんまが遅刻した」。タモリも呆れた“いいとも”を遅刻したさんまの言い訳。
【エンタがビタミン♪】「木村さんのあれはズルい」。木村拓哉の裏側を明かしすぎた芸人をアナが慌てて制止。

【関連情報】
ヤン娘。大好き 2012.10.13
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr

AKB48プロデューサー・秋元康

【送料無料】 さんまのまんま 〜永遠のスター編〜 BOX 1 【DVD】
【送料無料】 さんまのまんま 〜永遠のスター編〜 BOX 1 【DVD】


26日放送、フジテレビ「さんまのまんま~秋のさんまは脂がノッてますよSP」では、AKB48プロデューサー・秋元康が出演し、司会の明石家さんまとトークを繰り広げた。

卓球・福原愛、レスリング・浜口京子が同席していたため、さんまが福原に「もし(秋元が)アスリート(のユニット)に曲かいてあげるとか?」と話を振ると、福原は「本当に音痴なんです。試合の時、声出てるじゃないですか。カラオケ行って、AKBさんの曲を歌うこともあるんですけど、全然声出なくて」と苦笑いを浮かべて恐縮した様子を見せた。

すると、秋元は「みんな、音痴いっぱいいますよ」とアッサリ。「今のレコーディング技術すごいですからね。ちゃんと合わせてくれます」と話し、二人を驚かせた。

二人が退席した後、「これからの(AKB48の)仕掛けを考えるの、大変やろね?」と切り出すさんまに、秋元は「考えないですけども。遊んでますね」と返したが、ここで何を思い出したか、さんまは「あかんで二時間もじゃんけんしたら。ホンマに。ホンマあかんで。もうやめときや、テレビで二時間もじゃんけんするの」と直言した。

これに、秋元が「面白かったですね」と答えると、さんまは「面白かった?裏番組やらされた俺の身にもなれや。じゃんけんに負けたら、どないしようかな思って。初めてや、視聴率の心配したの」と続けた。

その後も、恋の話の延長で、さんまが「AKBの女の子と、ちょっとアバンチュールみたいなものを楽しみたいとか?」と尋ねると、「僕はないですね」とキッパリ否定した秋元。「娘が生まれると、みんな可愛いと思っても、お父さんがいるんだろうなと。なんにもしようという気がなくなりました。つまり、満員電車に乗った時に、痴漢に間違われないように両手を挙げている状態で生きています」と、その理由を語るのだった。

AKB48フォトギャラリー

【関連記事】
AKB48運営会社が抗議声明も、法的措置については「とる予定」
前田敦子、ドーム公演の舞台裏を告白「たかみなの怒鳴り声が聞こえだした」
「パクリ」「下品すぎ」AKB48新曲パフォーマンスに散々な評価
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr

↑このページのトップヘ