ZiZiの書き殴り妄想ノート

興味を持った事柄をその場で躊躇なくメモる

タグ:富士通





女性向けパソコン「Floral Kiss」(富士通)がフルモデルチェンジ【デジ通】

写真拡大

富士通は、女性向けに特化したパソコンとして「Floral Kiss」というブランドを立ち上げ、いかにも情報機器然としたデザインではなく、可愛らしくオシャレなイメージを前面に打ち出した製品展開を行ってきた。その「Floral Kiss」に新モデルが登場した。

約1年半ぶりのフルモデルチェンとなる。前モデルはUltrabookだったのがスリムなことは変わらないが一般的なノートパソコンになった。女性向けを謳うだけあり、同社製の他製品には普通に付いている富士通ロゴすらない。そして今モデルでは、ユーザーのニーズを吸い上げた結果、光学ドライブを搭載。オシャレなUltrabookというよりも、実機能をより充実させたオールインワン型へと変化したことになる。

オールインワン型ということで、これ1台購入すればパソコンとしての機能は十分満たせるようにプリインストールソフトやサービスも、かなり充実している。

■パソコン然としたデザインから「持っててうれしい」デザインへ
Floral Kissは20代から30代の女性をメインターゲットにしており、「持っててうれしい」製品を目標として2012年秋に登場。今回のコンセプトは「わたしの好きなわたしになれる」となっており、より上質な自分を目指したい女性向けに、機能や付加価値を高めている。

たとえばハードウェア部分ではユーザーからの意見を取り入れDVD対応の光学ドライブを搭載。ただし、厚さや重量の増加は最低限に押さえ、厚さ17.5mmから22.5mmに、重量は1.45kgから1.72kgになった。モバイルで利用というのは、厳しくなってしまったと言える。ただ、吸い上げた声では、モバイル利用の優先度が低かったためと思われる。

大きく重くなった分、バッテリーも大容量なバッテリーを搭載したことで駆動時間は、従来の約2倍となる17.8時間へ伸びている(JEITA測定法2.0では約9.1時間となる)。もちろん同社製の他パソコンと同様に「LIFEBOOK CH75」という型番が付けられているが、先述したように富士通やLIFEBOOKのロゴは一切ない。完全にFloral Kissに特化したデザインとなっている。カラーはブラウン系と、レッド系の2系統用意される。

光学ドライブ、有線LANを搭載。また、HDMIポートも搭載し液晶テレビへの画面出力もケーブル一本でできるようになった。もちろんWindows 8.1なのでタッチパネルにも対応。最新OSであるWindows 8.1の機能をフル活用できるようになっている。このように機能は十分となった。

ターゲットとなる女性の関心事である旅行、美容、ファッション、スキルアップに合わせたソフトやサービスも強化している。ガイドブックの「ことりっぷ」、スポーツクラブ監修のエクササイズを実践できる「BIKATSU life」、ネットショッピングで気になった商品とURLをスクラップできる「SCRAPBOOK」、プリインストールされるOffice用にビジネスやprivateでも活用できる「Floral KissオリジナルOfficeテンプレート」が用意されている。さらに、ことりっぷの電子書籍1冊分や、エクササイズに関連したスポーツクラブの割引券といったこの機種だけのサービスも用意されている。発売予定は6月6日。価格は19万円程度になる見込みだ。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter

■ITライフハック Facebook

cc_by-nd
 
Share on Tumblr


ITライフハック



フルセグや高精細ディスプレイに大容量バッテリーの富士通「ARROWS Tab F-02F」』で富士通のドコモ向け10インチタブレット新モデルを紹介した。ほぼ同じスペックを持つハイエンドタブレットでえau向けのモデル「ARROWS Tab FJT21」が29日より発売される。

ARROWS Tab FJT21は、ドコモ向けの「ARROWS Tab F-02F」の兄弟機と言っていいほど、スペック的には同等だ。持ち運びやすい軽量・スリムボディに9600mAhという大容量バッテリーや「ヒューマンセントリックエンジン」によるきめ細かな省電力機能で長時間駆動を実現といった部分も同じである。

■ハイスペック
搭載するOSはAndroid 4.2.2、CPUはQualcomm製のMSM8974(2.2GHz、クアッドコア)、メインメモリーは2GB、ストレージは64GB、日本語入力システムの「ATOK」や防水(IPX5/8)・防塵(IP5X)、NFC搭載、DLNA連携(DTCP+対応)、Miracast、Bluetooth 4.0、Dolby Digital Plusなどは、ARROWS Tab F-02Fと同じである。

■iPad Airを凌ぐ高精細液晶ディスプレイ
液晶ディスプレイはCorning Gorilla Glass 3を採用し、タブレット最高クラスの解像度である2560×1600ドット(WQXGA)と、新しいiPad Airの2048×1536ドットより高精細なのがポイントだ。富士通独自の映像処理エンジン「Xevic(ゼビック)」の搭載によって様々なコンテンツに合わせ、色合いや輪郭の補正、ディテールまではっきりと映し出す超解像処理が適用される。そのためより自然な印象、緻密な描写で美しく表示できるようになっている。

■柔軟な対応が自慢の「ヒューマンセントリックエンジン」
ヒューマンセントリックエンジンによって、非常にきめ細かな制御が行われる。たとえば屋外なのか屋内なのかといったことを照度センサーが検知したり、輝度とコントラストを自動調整して画面を見やすくする「スーパークリアモード」。インカメラが顔の向きを検知し、寝転がった時も意図しない画面回転を防ぐ「あわせるローテーション」。さらに傾きや揺れを検知して持っている間は画面をONにし続ける「持ってる間ON」などの便利機能を搭載している。

スマート指紋センサーで家族ごとに指紋を登録しておくことにより、家族それぞれが、使い方に合わせて壁紙やアイコン・ウィジェットの配置などを自由にカスタマイズした自分専用のホーム画面を持つことができる「スタイル切替」機能にも対応。このほか高解像度で地デジ放送を楽しむことができる、録画対応フルセグの搭載といった点も共通だ。

■au版の独自機能「マルチコネクション」
ドコモのタブレットと、ほぼ同じスペックを持つARROWS Tab FJT21だが、唯一異なるのがマルチコネクションという通信モードに対応しているところだ。たとえばLTEや3Gがつながらないでau Wi-Fiだけが見つかった場合、Wi-Fiに接続するがLTEや3G回線が回復するとそちらに切り替えるといったつながり方をしてきた。

これがマルチコネクションでは、LTEや3Gで通信中にさらにWi-Fiまでをつなぎ両方でインターネットにアクセスする機能だ。Wi-Fiが弱くなってもLTEや3Gがその速度低下を補う(またはその逆)ことで速度低下をなるべく防ぐという仕組みだ。

マルチコネクションの仕組み


発売は、11月29日よりにKDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社を通して行われる。

cc_by-nd
ARROWS Tab FJT21
富士通
 
Share on Tumblr

↑このページのトップヘ