ZiZiの書き殴り妄想ノート

興味を持った事柄をその場で躊躇なくメモる

タグ:円安

円安で大幅値上げも近い? 突然のiTunes Storeにおける価格改定に注意しよう【デジ通】
赤い線はiTunesでのApp最低価格


現在、為替レートが急激に円安に変動しており、海外から輸入している多くのデジタル機器はこの影響で、徐々に価格が値上がりすることが予想されている。PC本体は、外資系のメーカーの新製品発売時に旧モデルより若干高めに設定されるなど、徐々に変わっていくと思われる。

いっぽうで突然大きく変更されるモノもある。それが、iPhoneやiPad向けアプリ販売サイトのiTunes Storeや、Mac用のソフト販売サイトのMac App Storeだ。加えてAmazonなどで扱っている製品も、ドル建てで輸入していた場合、新しいロットから価格が急に跳ね上がったりするかもしれない。

■iTunes StoreやApp Storeの現在の最低基準
2013年5月の原稿執筆時点で、アップルのiTunes StoreやApp Storeでの有料アプリの最低価格は、アメリカの0.99ドルを基準にした85円だ。この日本の価格は2011年7月にそれまでの115円から突然値下げされた。現在、当時の為替水準から大きく変動しているため、前回のように突然値上がりしても不思議ではない。

実際の為替にあてはめると、2008年にiTunes Storeが始まった際には1ドル110円程度だったためiTunesでの当時の115円は妥当なところだったが、その後徐々に円高になり2010年後半になると80円台程度になった。

80円から83円程度が定着して半年ほどの2011年7月に、iTunes Storeなどの価格が突然変更になり、最低価格が85円になった。

政権交代が行われた頃、1ドル80円前後の為替が円安傾向になり始めたのは2012年12月からで、この傾向は従来と比べると非常に急に進み、まだ価格が安定したとは言えない状態が続いている。

アップルの場合、アメリカの価格と各国の為替を基準に、各国での価格をアップルが独自に設定している。為替の状況によって地域ごとに変更のタイミングは異なるが、例えば2012年10月にヨーロッパの一部の国で最低価格が0.79ユーロから0.89ユーロに変わっている。

■突然の価格改定前に駆け込み購入しておくのもアリ
円相場が今後どうなっていくかはわからないし、安定しているとは言えないが、半年前と比べると価格差がかなり大きいと言える。そのため従来よりも早いタイミングで最低価格が変更される可能性がある。

日本では、最低価格が115円の時の実際の為替は1ドル110円程度だったが、もしも現在の1ドル100円程度を基準にするなら、105円くらいになるだろう。現時点から2割程度は、値段が上がる可能性があるということだ。

高価なソフトの場合、この差も大きい、例えば850円なら1,000円程度に、17,000円のソフトなら20,000円程度になることが予想される。いつ値上がりするかわからないが、値上がりは突然実施されるため、比較的高いアプリを買おうかどうか悩んでいるなら早めに入手しておいたほうがいい。

同様に海外からの輸入製品で、買おうかどうか迷っていたというケースでも、販売価格が急騰する前に購入しておくというのも一種の買い時と言えるのかもしれない。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)] 

デジ通の記事をもっと見る
アドビCreative Cloudへの移行はいつするのがお得?~複数ソフト利用の場合~
アドビCreative Cloudへの移行はいつするのがお得?~単一ソフト利用の場合~
機能が強化されたBrinnoの「TLC200Pro」でHDRのタイムラプス撮影がより手軽に
パッケージ販売からサブスクリプション型へ!アドビのCreative Cloudの行く末は?
インテルとNVIDIAの資料から読み解く! 第4世代インテルCore iシリーズの内蔵GPU性能は?


ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY

Share on Tumblr

iPad (Retinaディスプレイモデル 第3世代) 64GB Wi-Fiモデル ブラック MC707J/AiPad (Retinaディスプレイモデル 第3世代) 64GB Wi-Fiモデル ブラック MC707J/A
販売元:アップル

販売元:Amazon.co.jp


アップル製品買うなら今! 円安に影響されないアップルの価格設定【デジ通】
日本を含めた海外におけるアップル製品の価格は、本国アメリカでの価格を基準にしつつ、その国での発売日近辺の為替や各国のマーケティング情報などを考慮して価格が決まる。

例えばここ数年、外為面では、1ドルが80円近辺という超円高が続いていた。これが自民党に政権交代した2012年末より、いわゆるアベノミクス効果で急激な円安傾向になり、2013年2月中旬現在1ドル93円前後になっている。

このため為替レートで単純計算するとApple製品は現時点で昨年よりも15%ほど高くなる。2月に新モデルが投入されたMacBookシリーズは、全体的に値上げされているものの実際の為替を反映しておらず、若干だがお買い得価格になっていることがわかる。

つい先日、2月13日に「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」のマイナーアップデートモデルが発表された。CPUやメモリーなどが強化されたモデルで、これに合わせてMacBookシリーズの価格も全体的に見直されている。

例えばMacBook Air 13インチの128GB SSDモデルはアメリカでの価格は1,199ドルで変わらないが、日本では102,800円から108,800円へ6千円ほど値上げとなった。

MacBook Pro Retina の15インチモデルは、最低構成時でCPU(2.3GHz)、8GBメモリー、256GB SSDだったが、CPUが2.4GHz駆動へと強化された。価格はアメリカでは2,199ドルで変わらないが、日本では184,800円から198,800円へと1万4千円ほど値上げされている。

アメリカでは外税、日本では内税なので、それを考慮すると価格改定前は1ドルあたり81円程度で計算されていたのが、新価格では1ドル86円程度になっていることがわかる。

しかし、現在の状況を考慮して実際の為替と同じ1ドル93円で計算すると、MacBook Airは117,000円程度、MacBook Proは214,700円程度になるはずだ。現時点でも日本ではかなりお得に買えることがわかる。

さらに為替の関係で、お買い得感が高いのがiPadの128GB版である。iPadは2013年1月末に128GB版が発表されたが、2012年10月に発表されたiPadと同じ為替基準で価格設定されているようだ。

64GB Wi-Fi版が699ドルで58,800円、128GB Wi-Fi版が799ドルで66,800円で、どちらも1ドル約80円の為替レートで日本での価格が決められていることがわかる。

iPad 128GBの発表時点の為替1ドル91円で計算すると、64GB Wi-Fi版が67,000円程度、128GB Wi-Fi版が76,000円程度になる。128GB版登場と同時に価格改定されていてもおかしくはなかったが、現時点ではかなりお買い得だ。

今後、為替レートの換算がどうなるかは全くの未知数だが、現時点でアメリカの価格と比べても、アップル製品はお買い得になっていると見ていいだろう。買うのなら今がチャンスなのかもしれない。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)] 

デジ通の記事をもっと見る
わずかなキズも厳禁! 少しでも高くPCを買い取ってもらう方法
高品質なNEC公認再生PC  リフレッシュPCの再生現場を見てきた
半分あきらめていた並行輸入品のトラブル 海外サポートへの連絡で急転直下の神対応へ
バッテリー駆動時間の問題を解決! Nectarの燃料電池は手軽で安全
 Pogoplugを利用するために必要なハードウェア クラウドで大容量ストレージを使う方法

APPLE iPad Retinaディスプレイ Wi-Fiモデル 128GB ME393J/A [ホワイト]
APPLE iPad Retinaディスプレイ Wi-Fiモデル 128GB ME393J/A [ホワイト]

ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY

Share on Tumblr

↑このページのトップヘ