ZiZiの書き殴り妄想ノート

興味を持った事柄をその場で躊躇なくメモる

タグ:モバイルWi-Fiルーター

SBとイーモバ両対応のモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 203Z」登場


ソフトバンクモバイル株式会社は、下り最大110Mbpsの「SoftBank 4G」に加え、イー・モバイルの1.7GHz帯も利用できるマルチネットワーク対応のモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi SoftBank 203Z」(ZTE製)を発売する。


「Pocket WiFi SoftBank 203Z」は、約5000mAhの大容量バッテリーを搭載し、長時間の利用でも安心して使うことができるのに加え、スマートフォンに給電できる機能を備えているためモバイルバッテリーとしても利用できるようになっている。

また、発売に合わせてイー・モバイルの1.7GHz帯にも対応したモバイルWi-Fiルーター向け料金プラン「4Gデータし放題フラット+(プラス)」(基本使用料:5,985円/月)の提供を開始する。さらに「4Gデータし放題フラット+」が月額3,880円でずっと利用できる「4Gデータし放題フラット+特別キャンペーン」と、機種変更で購入するユーザーを対象に、契約変更時まで利用していた機種で残っている分割支払金と同等の金額を毎月割引する「4Gデータし放題フラット+機種変更キャンペーン」の2つのキャンペーンを実施する。


■「4Gデータし放題フラット+」の概要
料金:5,985円/月

※別途、4Gデータ通信基本料525円/月がかかります。
対応機種:Pocket WiFi 203Z
サービスエリア:
メイン回線:SoftBank 4Gエリア、ULTRA SPEEDエリア
サブ回線:ULTRA SPEEDサブエリア

※メイン回線とサブ回線を利用

■「4Gデータし放題フラット+ 特別キャンペーン」の概要
内容:キャンペーン期間中に「Pocket WiFi 203Z」を購入する場合に「4Gデータし放題フラット+」(基本使用料:5,985円/月)が月額3,880円、「4Gデータ通信基本料」(月額525円)が無料でずっと利用できるキャンペーン。
対象者:期間中に「Pocket WiFi 203Z」を購入するユーザー。
適用条件:
・「4Gデータし放題フラット+」に加入すること
・対象機種を新スーパーボーナス用販売価格(分割もしくは一括払い)で購入すること


■「4Gデータし放題フラット+ 機種変更キャンペーン」の概要
内容:契約変更で購入するユーザーを対象に、契約変更手数料(3,150円)を無料とし、契約変更時まで利用していた機種で残っている分割支払金と同等の金額を毎月の「4Gデータし放題フラット+」の利用料金から割引するキャンペーン。
対象者:「データし放題フラット for ULTRA SPEED」「データし放題 for ULTRA SPEED」「データフラットプラン for ULTRA SPEED」「データフラットプランS」のいずれかのサービスに加入しているユーザー。
適用条件
・期間中に契約変更で「Pocket WiFi 203Z」を購入すること
・上記の4つの料金プランから「4Gデータし放題フラット+」に契約変更すること


■キャンペーン受付期間
「Pocket WiFi 203Z」発売日の2013年8月9日から2014年1月13日まで


ニュースリリース
ソフトバンクモバイル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY

Share on Tumblr

最大112.5MbpsのWi-Fiルーター ドコモから国内最速のモバイルWi-Fiルーター
ドコモは、同社のLTEサービスである「Xi」(クロッシィ)受信時最大112.5Mbps の超高速通信に対応したモバイルWi-Fiルーター「HW-02E」を、今週末の2013年3月16日より全国で一斉に発売する。本日より発売日の前日まで全国のドコモショップで事前予約が可能だ。

■国内最速112.5Mbps対応。コンパクトで機能充実のモバイルWi-Fiルーター
「HW-02E」は、国内では超高速通信のLTE Xi。海外では3G&GSMで利用できる。そしてドコモのLTEサービスのXiでの受信速度が最大112.5Mbps、送信時最大37.5Mbpsの超高速通信が可能だ。デュアルバンドで800MHzにも対応し、更に広いXiエリアで利用できる。

Wi-Fiは業界標準のIEEE802.11n(※1)の無線LAN規格に対応しているので最大300Mbpsの通信速度が可能だ。国際ローミング(※2)は、3GだけでなくGSMにも対応することで、利用可能な国や地域が広がり、海外でもインターネットやメールが利用できる。主な特徴は以下の通り

■5秒で起動、Xi・FOMA・Wi-Fi自動切替えなど、初めての人でも役立つ機能が満載
起動が5秒(※3)と早いので、使わない時は電源OFFで節電が可能。必要な時に電源オンですぐ使えるのは非常にありがたい。また、Wi-Fiルーターが自動でXi、FOMA、Wi-Fiのネットワークを切り替えるので、利用エリアを意識する必要がないのもうれしい。さらに「docomo Wi-Fi」等の公衆無線LANへ接続すれば、データ量(パケット量の超過)を気にせずデータ通信が行える。USBテザリングで、パソコンなどとUSB接続でのデータ通信にも対応しており、バッテリーを気にせずに利用できる。

■分かりやすく便利なディスプレイと、スタイリッシュでコンパクトな3色カラバリ
液晶ディスプレイを搭載しおているので、バッテリー残量、電波状況、Wi-Fi機器接続数等のステータスはもちろん、利用したデータ通信量、接続に必要なSSIDやセキュリティキーも簡単に確認できるようになっている。コンパクトなサイズでいつでも手軽に持ち運びが可能。シンプルで親しみやすいデザインと選べる3色カラーバリエーションもポイントだ。

※1:2.4GHz帯のみ対応。
※2:国際ローミングはLTEには非対応。
※3:電源オンから待受け画面が表示されるまでの時間。電源オフの時に充電を行なった場合や初回起動時、又は電池入れ替え時等を除く。使用環境によって長くなる場合もある。

◆製品詳細
製品名:モバイルWi-Fiルーター「HW-02E」
発売日:2013年3月16日(土曜)【全国一斉】
販売チャネル:全ドコモ取扱店
事前予約:2013年3月13日(水曜)より発売日前日まで全国のドコモショップにて事前予約可能。


国内最速のLTE「Xi」(クロッシィ)受信時最大112.5Mbps対応のモバイルWi-Fiルーター「HW-02E」を発売
エヌ・ティ・ティ・ドコモ


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

PLANEX Xi対応 LTEモバイルルータ MZK-MR150
PLANEX Xi対応 LTEモバイルルータ MZK-MR150 [Personal Computers]
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY


Share on Tumblr

NTTドコモ、さらに高速化したXiに対応のファーウェイ製モバイルWi-Fiルーター「HW-02E」を発表!コンパクトフォルムに3色のカラーバリエーション

112.5Mbpsに対応した「HW-02E」が登場!

NTTドコモは22日、2013年春に発売する予定の新モデル「2013年春モデル新商品・新サービス発表会」の発表会を行い、同社が展開するLTE規格の次世代高速データ通信サービス「Xi(クロッシィ)」をさらに高速化した下り最大112.5Mbpsに対応するファーウェイ製のモバイルWi-Fiルーター「HW-02E」を3月中旬以降に発売すると発表した。


HW-02Eは、コンパクトなフォルムに「Blue」「White」「Chocolate」の3色のカラーバリエーションを揃えたモバイルWi-Fiルーター。同社初のCat.4対応により下り最大112.5Mbpsの高速通信が可能なほか、3Gは下り最大14MbpsのHSDPA、上り最大5.7MbpsのHSUPA、800MHz帯にも対応し、より広いエリアで利用できる。また、国際ローミングは3GおよびGSMに対応する。

docomo Wi-Fiなどの公衆無線LANに接続することができるほか、Xi、FOMA、公衆無線LAN(Wi-Fiネットワーク)への自動切換えも可能。Wi-Fi搭載機器と同時に10台まで接続が可能。

■主な仕様
寸法
(高さ×幅×厚さ:mm)
約90×56×13.9
質量(g)約103
3G連続通信時間(時間)約5
LTE連続通信時間(時間)約5
「Xi」(クロッシィ)(LTE)下り最大112.5Mbps
上り最大37.5Mbps
FOMAハイスピード
(HSDPA/HSUPA)
下り最大14Mbps
上り最大5.7Mbps
Wi-Fi(無線LAN)
(Wi-Fiテザリング同時接続台数)
IEEE802.11b/g/n
(10台)
Blue
White
Chocolate

※仕様は発表時点のもので、製品版は変更になる場合があります。



■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
NTTドコモ ホーム
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY


Share on Tumblr

【 イーモバイル LTE 】商品券10000円付 EMOBILE LTE  Pocket WiFi LTE GL04P 月額3880円【送料無料】【Wi-Fi】Pocket Wi-Fi ipod touch,ipad, PS Vitaで高速インターネット【回線セット販売】フレッツ光より安い【あす楽対応】
【 イーモバイル LTE 】商品券10000円付 EMOBILE LTE  Pocket WiFi LTE GL04P 月額3880円【送料無料】【Wi-Fi】Pocket Wi-Fi ipod touch,ipad, PS Vitaで高速インターネット【回線セット販売】フレッツ光より安い【あす楽対応】

タブレット端末時代の「LTEモバイルWi-Fiルーター」活用術
今年(2012年)は、iPad miniやNexus 7、Kindle Fireと、7インチクラスのタブレットが相次いで登場し、タブレット端末の利用者の増加に拍車をかけている。さらに、Windows 8搭載タブレットも発売開始されたことで、“タブレット時代”の幕が開きつつあるといってよいだろう。

これらのタブレット端末を最大限に活かす鍵は、外出先においても自宅やオフィス同様に「いつでもどこでも」安定した通信環境を確保することにある。「いつでもどこでも」と言えば、最近話題のスマートフォンを使ったテザリング機能がある。手軽にスマートフォンでWi-Fiを通信できるが、バッテリーに課題があるスマートフォンでは、いざ電話として利用する際に、バッテリー切れとなる可能性もあり、そうなっては元も子もない。

タブレット端末を活用するためには、バッテリー持ちが心配なスマートフォンよりも、インターネットに長時間接続ができるモバイルWi-Fiルーターを持ちたいところだ。




手のひらサイズで通信エリアが広い「Pocket WiFi LTE(GL04P)」


筆者の場合、モバイルWi-Fiルーターとして「Pocket WiFi LTE(GL04P)」を使っている。
Webサイトの編集者であり記者という仕事柄、時と場所を選ばず記事を執筆する必要があるため、連続通信が最大10時間と大容量バッテリーを備えたこの製品が何かと重宝している。
また「Pocket WiFi LTE(GL04P)」は、「EMOBILE LTE」と「EMOBILE G4」の両エリアに対応しているため、全国の幅広い地域で利用することができる点も魅力だ。それでいて重量は約140gと軽く、大きさも名刺入れと同程度のサイズで、軽々と持ち運べるところが、移動の多い筆者としてはありがたい。

通信機器は毎月支払いが発生する費用面も気になるところだ。気になる「Pocket WiFi LTE(GL04P)」の料金は、LTEサービスを“使いたい放題”にする定額プランの「LTEフラット(にねん+アシスト1600)」でも、月額3,880円で利用することができる。この料金は、LTEモバイルWi-Fiルーターでは業界最安値レベルと言えるだろう。

タブレット端末+モバイルWi-Fiルーターの組み合わせはオンとオフの両方で活躍


「ITライフハック」では、オフィスや外出先にかかわらずインターネットにアクセスすることが必要不可欠となっている。たとえば企業担当者との打ち合わせでは、ITライフハックを実際に参照しながら説明するケースも多い。

ノートPCであれば相手に見えやすいよう画面の向きを変える配慮をしていたのだが、タブレット端末を利用するようになって、今ではその必要が無くなった。360度どこからでもWebサイトを閲覧することができるからだ。筆者と相手が身を乗り出してノートPCを覗き込むといった煩わしさからは開放されたのだ。

打ち合わせなどで訪問する先に来客用のインターネット環境が提供されていればよいのだが、実際に無線LANを提供している企業はまだ少数派だ。あったとしてもセキュリティ上、アクセスできる範囲を制限しているケースも多い。

そこで役に立つのが「タブレット端末+モバイルWi-Fiルーター」という組み合わせである。「Pocket WiFi LTE(GL04P)」は、タブレット端末で一度設定すればWi-Fiネットワークを記憶してくれるため、いつでも素早くインターネット環境に接続ができる。

また「Pocket WiFi LTE(GL04P)」には、「NAS機能」が搭載されているので、この機能を使えば、打ち合わせに使用するファイル共有が簡単にできるのも助かる。使い方は簡単で、共有したいファイルを保存した「microSDカード」をモバイルWi-Fiルーターに挿入するだけで、ネットワーク経由でカードを読み込み、すぐにファイルをダウンロードすることができるのだ。

今やインターネットを使った情報収集は必要不可欠であるが、タブレット端末+モバイルWi-Fiルーターがあれば情報収集をスピーディかつ簡単に行うことができる。取材のために電車で移動する際でも、メールをチェックしたり、ニュースを読んだりすることができるだけでなく、いつでもどこでもFacebookやTwitterなどのSNS閲読や投稿も可能だ。

ビジネスシーンで役立つ一方、オフの時にもこの2つの組み合わせは活躍する。地方に出かける際のすきま時間を楽しく埋めてくれるのだ。モバイルWi-Fiルーターがあれば、空港での待ち時間や喫茶での空き時間でさえも、インターネットを楽しむことができる。さらに旅先では、宿の情報や観光情報をチェックすることもできるので、急な予定変更が発生しても、すぐに対応できるので便利だ。

またタブレット端末に電子書籍をダウンロードすれば、広い画面で快適に読書も可能だ。今までのように旅先に何冊も重い書籍を持ち歩かなくてよくなったのは時代の進歩のおかげだ。とくにこれからの年末年始には、タブレット端末とモバイルWi-Fiルーターを活用しまくるのには絶好の機会と言えるだろう。

タブレット端末は、モバイルWi-Fiルーターに接続することで用途が格段に広がる。筆者のオンとオフを振り返ってみても、タブレット端末とモバイルWi-Fiルーターの組み合わせは、もはや無くてはならない存在となっているといってもいい。

今注目されているタブレット端末をより快適に使うためには、良質な通信環境を手に入れることが何よりも重要なのである。これからタブレット端末の購入を見据えている人は、モバイルWi-Fiルーターの活用を合わせて考えてみてはいかがだろうか。きっと、利用シーンが限りなく広がるはずだ。


「Pocket WiFi LTE(GL04P)」製品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

Share on Tumblr

エスマックス
NTTドコモ、下り最大100Mbpsに高速化したXiに対応した「モバイルWi-Fiルーター L-03E」を発表!モバイルバッテリーとしても利用可能

モバイルWi-Fiルーター L-03Eが発表!

NTTドコモは11日、2012年冬に発売する予定の新モデルや新サービスを発表する「2012冬モデル 新商品・新サービス発表会」を開催し、15MHz幅で利用することで下り最大100Mbps、上り最大37.5Mpbsでデータ通信ができる「Xi(クロッシィ)」に対応したモバイルWi-Fiルーター「L-03E」(LGエレクトロニクス製)を発表しています。2013年1月発売予定。

L-03Eは、外部電源としてスマートフォンなどの充電もできるモバイルバッテリーとしても利用できるようになっているモデルです。
02


サイズは約92×60×19.5mm、質量は約145g。ボディーカラーはBlack(ブラック)のみ。Xi(docomo LTE)でのデータ通信は、下り最大100Mbps、上り最大37.5Mbps、他にFOMAハイスピード(HSPA)によって下り最大14Mbps、上り最大5.7Mbpsでデータ通信が可能です。

ルーター部分としては、無線LAN(Wi-Fi)はIEEE802.11b/g/n準拠で、2.4GHz帯のみに対応。インターフェイスはmicroUSB、Wi-Fiによるルーター接続は同時に10台まで可能。

FOMAカードはminiUIM(microSIM)カードで、microSDカードスロットは搭載されておらず、microSDカードリーダー/ライターとしては利用できません。

電池パックは3.7V/3600mAh(13.4Wh)。連続通信時間はXi(LTE)で約8時間、3G通信で約11時間となる予定。

■主な仕様
機種モバイルWi-Fiルーター L-03E
寸法 (高さ×幅×厚さ:mm)約92×60×19.5
質量(g)約145
連続待受時間 (3G/LTE)(時間)未定
連続通信時間 (3G/LTE)(時間)約11/約8
通信方式(ネットワーク側)【Xi】受信時最大100Mbps/送信時最大37.5Mbps
通信方式(ネットワーク側)【3G】受信時最大14Mbps/送信時最大5.7Mbps
通信方式(ネットワーク側)【無線LAN】IEEE802.11b/g/n (2.4GHzのみ)
通信方式(端末側)【無線LAN】IEEE802.11b/g/n (2.4GHzのみ)
インターフェイスmicroUSB
同時接続台数10
Black
製造メーカーLG Electronics Japan


記事執筆:S-MAX編集部


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
NTTドコモ、2012冬モデル16機種17モデルを発表!スマートフォン&タブレットはAndroid搭載10機種11モデルでXiが100Mbps対応など - S-MAX - ライブドアブログ
 L-03E | 製品 | NTTドコモ
NTTドコモ
スマートフォン・タブレット・データ通信・携帯電話 | LG Electronics Japan
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
Share on Tumblr

【iPhone5 ケース】 編み込型押しレザーケース [iPhone5]iphone 5 カバー/iPhone5ケース/iPhone5カバー/i-Phone/アイフォン5/iphone5ケ-ス/アイフォン 5/softbank スマートフォン ソフトバンク/スマホケース/人気/人工皮革/ハード/プラ/ブランド/かわいい【RCP1209mara】
【iPhone5 ケース】 編み込型押しレザーケース [iPhone5]iphone 5 カバー/iPhone5ケース/iPhone5カバー/i-Phone/アイフォン5/iphone5ケ-ス/アイフォン 5/softbank スマートフォン ソフトバンク/スマホケース/人気/人工皮革/ハード/プラ/ブランド/かわいい【RCP1209mara】


下り何と最大110Mbps! ソフトバンクより最速のWiFi対応ルーターが登場!
ソフトバンクモバイルは、下りの速度が最大で110Mbpsとなる超高速通信が行える次世代ネットワーク「SoftBank 4G」に対応したモバイルWi-Fiルーター「ULTRA WiFi 4G SoftBank 102HW」(Huawei製)を10月19日より全国で発売する。

SoftBank 4Gとは、Advanced eXtended Global Platform(AXGP)網を利用した高速通信規格で最大通信速度が110Mbps(理論値)となるネットワークだ。今年のサービスイン時点では最大速度が76Mbpsに制限されていたが、今回ULTRA WiFi 4G SoftBank 102HWの発売に併せて最大110Mbpsが解禁されることになる。

また、「ULTRA WiFi 4G 102HW」の発売に伴い「SoftBank 4G」向け料金プランの「4Gデータし放題フラット」(月額料金5,985円)が月額4,410円でずっと利用可能な110Mbps対応機種向けのキャンペーン「新スマホセット割」を発売日より開始する。

新スマホセット割」の概要は、サービス料金が通常5,985円/月となるのが4,410円/月に、そして4Gデータ通信基本料525円/月が無料になるサービスだ。

このサービス適用条件として1回線目に同社のスマートフォン、iPhoneおよびiPadのいずれかを契約し「パケットし放題フラット for 4G LTE/4G」、「パケットし放題フラット」、「パケットし放題フラット for スマートフォン」、「パケットし放題MAX for スマートフォン」、「(iPad専用)データ定額プラン」および「(iPad専用)ベーシックデータ定額プラン」のいずれかに加入していること。

そして2回線目の「ULTRA WiFi 4G」は、新スーパーボーナス用販売価格で購入する必要がある。また、1回線目と2回線目は同一名義での契約でなければならない。

また、速度規制に関しては、キャンペーン価格では5GBまで、通常価格では7GBまで速度無制限だが、それを超えると請求月末まで通信速度を送受信時最大128kbpsに制限される。それを解除するには2GBごとに2,625円を支払うことで事実上無制限になる。通信速度制限の予告/制限に関する連絡はMy SoftBankにてEメールアドレスを登録することでメールによる通知がなされる。

■ULTRA WiFi 4G SoftBank 102HW(Huawei製)のおもな特長

1)「SoftBank 4G」に対応した、超高速の下り最大110MbpsのモバイルWi-Fiルーター

2)下り最大42Mbpsの「ULTRA SPEED」にも対応

3)最大300Mbps(規格値)の高速無線LAN「IEEE802.11n」に対応

4)自動回線切り替え機能で公衆無線LAN(ソフトバンクWi-Fiスポット)とも接続可能

5)microSDXCカードスロット(最大64GB)で簡単にファイル共有できるNAS機能に対応

6)同時接続は10台まで可能

7)約3000mAhの大容量バッテリーを搭載


製品情報
ソフトバンク

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr

↑このページのトップヘ