ZiZiの書き殴り妄想ノート

興味を持った事柄をその場で躊躇なくメモる

タグ:バラエティ番組

壇蜜

写真拡大

壇蜜
9日、タレント・女優の壇蜜が、TBS系バラエティ番組「サンデージャポン」に出演し、佐村河内守氏を巡る騒動について語った。

「全ろうの作曲家」として活動していた佐村河内氏は、7日に記者会見を開き、別人に作曲させていたことなどを謝罪した。しかし、ゴーストライターであることを公表した新垣隆氏については、一部証言を否定。さらに「新垣氏らを名誉毀損で訴えます」と発言し、いまだに騒動が続いている。

同番組でもこの会見の模様を特集しており、司会の爆笑問題・田中裕二にコメントを求められた壇蜜は、まず「謝罪会見よりも、反論会見に聞こえてしまった」とその印象を語った。さらに「ご自分で会場を用意されたりしていたそうなので…そちらでせっかく謝罪をするチャンスを、ファンや関係者の方々への言葉を自らの手で潰されてしまったような気がして」と続け、佐村河内氏の謝罪の方法に疑問を呈している。

また壇蜜は「報道とのやり取りが過熱している様子がわかってしまって。なんとなく視聴者としては面食らっている。遠いニュースになってしまった」とも語り、騒動を冷ややかな目で見るようになってきたことも明かした。

同番組に出演したテレビプロデューサーのテリー伊藤は「(佐村河内氏は)自分を守ろうとしている」、俳優の坂上忍は「完全に、自分の自己主張を言いたいだけの会見になってしまった」とコメントするなど、佐村河内氏に対して厳しい姿勢を見せている。
cc_by-nd 
Share on Tumblr

トピックニュース



1月28日、放送倫理・番組向上機構(BPO)の青少年委員会が、昨年大みそかに放送された日本テレビ系のバラエティ番組「絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時!」の審議入りを決めた。この件について、落語家でお笑いタレントの笑福亭鶴瓶は9日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送のラジオ番組「笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ」で見解を示した。


鶴瓶はこの日、リスナーから寄せられたBPOに関するお便りを紹介。このリスナーは楽しく観ていた番組がBPO入りしたことで「バラエティがつまらなくなるのではないか?」と思っており、鶴瓶に対して「昔と比べて厳しくなったなと感じることはありますか?」と質問した。

これに鶴瓶は「ないです」と即答。「自分がええねやったら、ええと思ってやってますから」と、特にテレビ出演に関して規制を意識していないことを明かした。

続けて、今回のBPO審議入りについて「審議してもらうのはありがたいけど、芸人にとってはそれはやらんといてほしい。保護せんといてほしい」と、ドラマなどとは違うと説明。ことバラエティに関しては「(芸人が)ギリギリでOK。自分はそれでいいと思ってんねん」「ギリギリの線で生きていって今があんねん」と、自身に照らし合わせ理解を求めた。

鶴瓶は今から39年前、テレビ東京で放送事故を起こし28年間にわたって出入り禁止になっている。「過去をいらう(触れる)のだけはほんまにやめてください。バラエティって昔いろんなことをしてきましたからね」と前置きしながらも、自身が経験した際どい仕事の数々を挙げ「俺はそれの先駆者ですよ」と語った。

最後に同期の芸人がライオンに噛まれながらも、その後、噛まれたことを仕事に活かしていたことを紹介し「覚悟して芸人はやってますから。“笑ってもらおう”と思ってやってる。その覚悟っていうのを、その勇気をぜひ観てやって欲しいなと思いますね」と締めくくった。
cc_by-nd 
Share on Tumblr



いいとも後継、タモリが仰天提案

スポニチアネックス

サムネイル

ざっくり言うと
  • 「いいとも!」の後継番組について岡村隆史がタモリに尋ねたという
  • タモリは「決まらないなら、俺、やろうかなと思ってるんだよ」と話したという
  • 終了後の番組を自身がやるというアイデアを明かしたそうだ
10月22日に、フジテレビ系バラエティ番組「森田一義アワー 笑っていいとも!」が、来年3月で終了するとタモリの口から明かされた。以来メディアでは、後継番組やその司会者についての話題が尽きない。

一方で気になるのは、「いいとも!」終了後のタモリの動向だ。6日放送のニッポン放送ラジオ「ナインティナインのオールナイトニッポン」では、ナインティナイン・岡村隆史が「いいとも!」終了発表後のタモリの様子を明かした。

岡村は、「いいとも!」が一段落するということで、久しぶりにタモリと会って食事をしたのだという。「これからはもう海外いけますね。どこ行きたいですか」と問う岡村に、「スコットランドでスコッチウイスキーを飲みたい」などとタモリは語ったという。

また、世界一周旅行をタモリに勧めたという岡村だが、問題は毎週金曜日に生放送している「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)だ。世界一周旅行は最低でも80日必要なため難しいと話すタモリに、岡村は「舟から(中継)やったらどうですか」と提案するなど、今後の話で盛り上がったようだ。

さらに「いいとも!」の後継番組について岡村が尋ねたところ、「なにやるんだろうな」とハッキリしたことは言わなかった模様だが、タモリは「決まらないなら、俺、やろうかなと思ってるんだよ」と、「いいとも!」終了後の番組を自身がやるという仰天アイデアを明かしたそうだ。

ナインティナイン・矢部浩之は「喜ぶ人も多いでしょ」とタモリの続投発言に賛同。岡村は同意しつつも「限りなく、ない話でしょうけども。ちょっとま、ゆっくりしてお好きなことをされるのもいいでしょう」とタモリを労った。

また、「いいとも!」終了を発表してから、タモリのもとには面白い企画書が多数届いているそうだ。「いいとも!」に使っていた時間を、今後タモリがどのように活用していくのか楽しみだ。

cc_by-nd 
Share on Tumblr

↑このページのトップヘ