ZiZiの書き殴り妄想ノート

興味を持った事柄をその場で躊躇なくメモる

タグ:ニコン

COOLPIX S800c [ホワイト]
COOLPIX S800c [ホワイト]


まさかデジカメでATOKやGoogleマップが使える日が来るとは!ニコンのAndroid搭載デジカメ「COOLPIX S800c」をAndroid端末として使ってみた【レビュー】
カスタマイズはAndroid端末の楽しみの一つ!

9月27日発売のAndroid搭載デジタルカメラ ニコン「COOLPIX S800c」。有効画素数1602万画素、25-250mmの手ブレ補正機能付き光学10倍ズームレンズを搭載したスタイリッシュなデジタルカメラである。

今回は、COOLPIX S800cをAndroid端末としての使い勝手をチェックしてみたいと思う。

COOLPIX S800cのホーム画面は、ホーム/ドロワー切り替え式の標準的なものとなっている。ドック部分には、ホーム画面が切り替わっても撮影、ドロワー、再生がすぐできるよう配慮されている。

COOLPIXとして使うには便利だが、Androidとして使うにはちょっと物足りないのでまずはホームを「LauncherPro」に切り替えてみた。

01


電話アイコンが見えるが通話機能はない。ホームを入れ替えることで、自分に使いやすいようにカスタマイズできるのがAndroid端末の良いところ。

02


日本語入力は、フリック機能の無い標準的なIMEがインストールされている。トグル入力で十分と言う人もいるとは思うがやはりフリック入力を使いたい。
というわけで、ATOKをインストール。

03


フリック入力だけではなく、キーのサイズやQWERTYキーを使えるなど色々便利になりかなり使いやすくなった。

04


COOLPIX S800cのストレージは、microSDではなく標準のSDカードとなっている。microSDカードをSDカードアダプターに入れてストレージとして使用可能だった。

このストレージの管理部分がデジタルカメラとしてみるとマイナス要素となっている感もある。

通常デジタルカメラの場合は、簡単にSDカードをフォーマットできるが、Androidの場合はアプリの管理領域など様々な関連づけがされているため、SDカードのフォーマット時に消失するデータが分かりづらいのと、そもそもフォーマットが簡単ではないと言う点がある。

「ストレージのマウント解除→初期化」という操作が初心者にはハードルが高いような気もする。

そのストレージに音楽データを入れれば、当たり前だが内蔵のミュージックプレイヤーで再生することができる。ただし、イヤフォン端子が用意されていないため、内蔵スピーカーからの再生となってしまう。とはいえ、デジタルカメラで撮影中にBGMが流れるのはなかなかシュールで面白い。

05


イヤフォンで音楽や動画を楽しむには、Bluetooth接続でBluetoothアダプターやヘッドセットを使用する。ペアリングは一般的なAndroidと同じ操作なので、特に難しいことはない。Bluetoothデバイスからの再生コントロールやボリューム変更も可能だ。

06


「Lineカメラ」などのカメラアプリをインストールしてみたが、残念な事にズームレバーなどは無反応だった。一般的なカメラアプリではAndroid標準のカメラとして動作するが、COOLPIXのハード的な部分は専用のカメラアプリ以外では使えないようだ。

09


GPSを利用したGoogleマップが使えるので、Wi-Fiルーターなどを使用することで出先でも地図の確認も簡単にできる。撮影中にスマートフォンを探すことなく、COOLPIXでちょっとした調べ物ができるのは便利かも知れない。

07


COOLPIX S800cの残念な点は、USBコネクタがコンパクトデジタルカメラ用であることだ。これがMicro USB端子だったら、外部バッテリーの共有や、データの取り込みもAndroidと共有できて便利だったのだが……。

08


COOLPIX S800cは、スマートフォン的な使い方をしつつ、さらに充実のカメラ機能が楽しめると考えると、なかなか面白い端末だと思う。

ただ、Android端末のハードとしては数周遅れの感も否めない。Android部分は、純粋にカメラプラスαとして捉えると良いだろう。

記事執筆:mi2_303


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ニコン「COOLPIX S800c」関連記事 - S-MAX - ライブドアブログ
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr

Nikon COOLPIX S800c WH(ホワイト)
Nikon COOLPIX S800c WH(ホワイト)


本日発売!Androidなデジカメはどうなの!?ニコン「COOLPIX S800c」を写真でチェック【レビュー】
Android版のCOOLPIXが登場!

本日、2012年9月27日発売のニコンのデジタルカメラ「COOLPIX S800c」は、ニコン初となるAndroid OSを搭載した新しいコンセプトのカメラとなっている。

有効画素数1602万画素のCMOSセンサー、そして光学10倍ズーム、Wi-Fi、GPSを搭載している。ハードウェア的には2012年2月発売の「COOLPIX S6300」に近い。

今回は、この発売したばかりのCOOLPIX S800cを簡単に紹介してみたいと思う。

02

COOLPIX S800cを正面から見ると、ごく普通にデジタルカメラ。角のない滑らかなデザインで手にフィットする。サイズは約93.6(横幅)×57.7(高さ)×26.0(奥行き) mmとなっており、サイズ的には折りたたみケータイに近い。重さは約160gと思っていたよりも軽い印象。


03

シャッターボタンの周りにはズームレンズを操作するレバーがある。基本的な撮影操作はデジタルカメラそのもの。


04

スマートフォンとの大きな違いはこの本格的なレンズだ。光学10倍ズームレンズとなっており、焦点距離は35mm判換算で25-250mm相当と守備範囲が広い。最短撮影距離はマクロモードで約10cmまで寄ることができる(広角側)。


z01
広角端(35mm判換算約25mm)


z02
望遠端(35mm判換算約250mm)


z03
参考:GALAXY Note SC-05D



05

デジタルカメラのメニュー操作は背面の[MENU]ボタンで行う。ボタン操作系はAndroidでお馴染みの[MENU]、[HOME]、[戻る]ボタンのみとなっている。3.5型の液晶はタッチパネルとなっている。


06

再生メニューの中には、画像編集機能やミニチュア風に変換できるデジタルフィルターなど、COOLPIXでお馴染みの機能が搭載されている。


07

撮影機能、再生機能は独自のアプリとなっており、ホーム画面でそれぞれを起動することができる。Androidを知らない初心者には、この画面はちょっと難易度が高そうな印象。

Googleプレイストアからのアプリのダウンロードが可能で、デジタルカメラ以外の機能を追加することも簡単に行える。3Gによる通信機能はないものの、Wi-Fiルーターがあればいつでもどこでも通信が可能となるので、COOLPIX S800cでwebページをみたり、SNSをみたり、メールの確認も可能だ。もちろん見るだけではなく、SNSへの投稿やメール作成も可能なのが楽しい。


08

設定メニューは一般的なAndroid端末と同じで、OSのバージョンは2.3.3(開発コード名:Gingerbread)であることがわかる。

基本的にはデジタルカメラであるが、使い込むに従ってデジタルカメラ以上の面白さが出てくるのではないだろうか。引き続き、S-MAXらしくスマートフォン目線で色々と試してみたいと思う。

記事執筆:mi2_303


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ニコン、Android 2.3搭載のコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S800c」を9月下旬に発売 - S-MAX - ライブドアブログ
通話するのは恥ずかしい!?完全デジカメスタイルのデジカメケータイ「L-03C」を試す - S-MAX - ライブドアブログ - S-MAX - ライブドアブログ
COOLPIX S800c | ニコンイメージング
Nikon
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr

D600WLK【税込】 ニコン デジタル一眼レフカメラ 「D600」ダブルレンズキット [D600WLK]【返品種別A】【送料無料】【RCP1209mara】
D600WLK【税込】 ニコン デジタル一眼レフカメラ 「D600」ダブルレンズキット [D600WLK]【返品種別A】【送料無料】【RCP1209mara】

優れた描写性能と高い基本性能を実現! ニコン、2400万画素のデジタル一眼レフカメラ「ニコン D600」を発売
WU-1b


株式会社ニコンの子会社、株式会社ニコンイメージングジャパンは、ニコンFXフォーマットを採用したデジタル一眼レフカメラとして最小・最軽量、高精細で高画質な画像を実現する有効画素数約2400万画素の新開発ニコンFXフォーマットCMOSセンサー、上位機種(「D4」や「D800」「D800E」)と同じ画像処理エンジン「EXPEED 3」を搭載、充実の基本性能を備えたデジタル一眼レフカメラ「ニコン D600」を発売する。

これは、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラシリーズに新たにラインナップされるモデルで、ハイアマチュアやプロフェッショナルフォトグラファーだけでなく、さらに幅広い層にニコンFXフォーマットモデルを手軽に楽しめるようにと開発されている。

コンパクト(幅約141mm、高さ約113mm、奥行き約82mm)で軽量(約760g)なボディーを実現しながら、上位機種に迫るほどの高画質と描写性能、操作性能、耐久性を凝縮させている。

0319243_04


有効画素数約2400万画素の新開発のニコンFXフォーマットCMOSセンサーと、上位機種と同じ画像処理エンジン「EXPEED 3」、視野率約100%の光学ファインダー、大画面で視認性に優れた広視野角3.2型液晶モニターを搭載。さらに、「D800/D800E」と同等の防塵、防滴性能を実現し、上位機種から多くの高度な機能や性能を継承しながら、小型軽量化と高いコストパフォーマンスを実現している。

発売は9月27日で市場価格は22万円前後になりそうだ。
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr

↑このページのトップヘ