ZiZiの書き殴り妄想ノート

興味を持った事柄をその場で躊躇なくメモる

タグ:クラウド

テラバイトも可能なクラウドサービス 自宅のHDDをクラウド化できるPogoplug【デジ通】
インターネット上にデータを保存できるクラウド型のストレージサービスは、それこそ様々なサービスが提供されている。中でもユニークな存在なのが、自宅にあるデータをクラウド型のストレージにしてしまう「Pogoplug」だ。

Pogoplugでは、自宅に設置したHDDをクラウドに対応させることができる。インターネット上のどこかに設置してあるサーバーにデータをアップロードするのではなく、インターネット経由でどこからでも自宅のHDDデータへアクセスできるようになる。容量は接続するHDD次第なのでTB単位での増設も低コストにできるのが特徴だ。

一般的にクラウド型のストレージサービスはGB単位の容量でサービスが提供されている。文章などを中心にしたデータなら十分足りるが、写真や動画データなどは1日の撮影でGB単位の容量になることも多く、クラウド型のストレージで保存するには、テラバイトクラスでないと厳しい。

例えば、Dropboxは2GBまでは無料で使えるが、100GBにすると1年間に99ドルとなる。比較的安いGoogle Driveの場合、100GBは1ヶ月に4.99ドルだ。文章や各種ソフトのデータファイルなどを中心に保存するなら100GBで十分だろう。この場合、年間のコストは5千円から1万円程度で一般ユーザーでも出せる範囲だ。

しかし、写真や動画、各種バックアップなども含めたすべてのデータを保存するような場合、100GB程度では不十分となる人がほとんどだろう。もちろん、直近のデータや厳選した写真のみ保存するなら足りるだろうが、データをすべてクラウド上に保存しておくような用途には不十分だ。

Google Driveは16TBまで容量を増やすことができるがべらぼうな金額になってしまう。現実的な範囲でとりあえず必要十分な容量として2TBの場合、1か月に99.99ドルだ。1か月分の利用料で2TBのHDDが買えてしまう。1年間の出費は約11万円(1ドル92円の場合)となる。3TBのHDDが10台買えてしまう(つまり30TB)。11万となるとなると、オンラインストレージとは言っても個人ユーザーでは手が出なくなるレベルだ。

もちろんオンラインストレージもあり、5GBまでなら無料で使える


そしてPogoplugの場合、対応ハードウェアを購入すれば、それ以降費用がかかることはない。例えば、Pogoplug Mobile(約6,000円)と、それに接続する2TBのUSB HDD(約1万円)を購入し、自宅に設置し、最低限の設定をすれば、それ以降は電気代以外に費用が発生しないのだ。なお、無料で5GBのストレージも用意されているので、とりあえずユーザー登録しておいて損はないだろう。


設定によっても異なるが、HDDは自宅内ではNASとしても使えるし、外出先でもインターネットを経由しローカルドライブとしてアクセスすることができる。対応ハードによっても異なるが、ファイルのコピーなどは自宅のNASにコピーする感覚で非常に素早くアクセスできる。大容量のデータをインターネット上でアクセスしたい場合は、おすすめしたいサービスだ。


上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)] 

デジ通の記事をもっと見る
Twitterに不正アクセス 該当ユーザー以外もより強固なパスワードに変更しよう
スマホに夢中なアメリカンチルドレン 任天堂ゲーム機が振るわない北米市場
iPadでネイティブ講師と英会話練習! Rosetta Stone ReFLEXにiPadアプリが登場
アップルのiPhone急成長の影でMacは これからも成長を続けることはできるのか
CESの基調講演で感じた勢いの差 パナソニックとサムスンの方向性 を読み解く

WD Green 3.5inch IntelliPower 3.0TB 64MBキャッシュ SATA3.0 WD30EZRX-1TBP/N 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)】
WD Green 3.5inch IntelliPower 3.0TB 64MBキャッシュ SATA3.0 WD30EZRX-1TBP/N 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)】
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY


Share on Tumblr

ITライフハック
既成のサービスを徹底活用して便利生活を送るのがライフハックの基本だ。しかし、さらに深く他人と差を付けるのであれば「皆が知っていることとちょっとだけ違うこと」を知っているかどうかがポイントになってくる。既存サービス以外にも目を向けることで便利な環境を構築できる方法がある。そんなテクニックを教えてくれるのが【ハイテク家電で新生活】である。今回は、クラウド利用をプライベート環境で構築する方法を集めてみたので参考にしてほしい。

家族でファイルを安全に共有!無線LANルーターで実現するプライベートクラウド環境
今回試してみたのが、アイ・オー・データ機器の無線LANルーター「WN-AG450DGRシリーズ」だ。本製品は、USB機器を接続して使える無線LANルーターだが、手持ちのUSB接続のハードディスク(HDD)を繋げることで、複数のユーザーがアクセスできるパーソナルクラウドとしても利用ができるのだ。


家族のアカウントをコレひとつで管理!Dropboxと連携できるLAN接続ハードディスク
Dropboxをもっと、仕事仲間や家族間で有効に使いたいという人にお勧めなのが、アイ・オー・データ機器の高速LAN 接続型ハードディスク「HDL-Aシリーズ」だ。このハードディスクは、バックアップ機能が利用できるだけでなく、複数のDropboxアカウントを共有できるという優れものなのだ。


家族の写真はポータブルクラウドで管理!スマホと繋がる無線ハードディスク
最近では、写真データはクラウドではなく、あらためてローカルのHDDで保管という人も増えているわけだが、せっかく撮影した写真なので、家族で共有したいという人も多いだろう。そんな願いを叶えてくれるのが、アイ・オー・データ機器のWiFiハードディスクだ。


外出先で録りためたビデオを見る!クラウドの動画ライブラリを作ろう
いつものようにアイ・オー・データ機器のサイトで調べてみたところ、USB接続でフルHDにも対応し、H.264ハードウェアエンコーダ搭載ビデオキャプチャー「GV-D4HVR」なる新製品を見つけた。本製品があれば、録画した番組のファイルサイズをクラウドでも利用できるサイズに小さくできる。ハードウェアエンコーダなので、非力なPCでもコマ落ちが少ない安定した長時間録画ができる。


クラウドより便利で速い!安全!大容量!デュアルHDDで大事なデータを守る必殺技
「HDL2-Aシリーズ」があれば、安全なパーソナルクラウド環境を簡単に構築することができる。ネットワーク環境に対応しているので、PCデータのバックアップも手軽にできるうえに、テレビで録画した番組のダビング先として利用する事や、ブルーレイレコーダーへのムーブにも対応している。


PCバックアップからスマートフォン連携まで!なんでもできる魔法の小箱「HDL-Z2WH」
「HDL-Z2WH」は、法人向けのNASとして販売されているが、個人で使っても手軽にファイル共有ができるうえに、万が一のトラブルに備えてのPCバックアップにも最適なうえ、スマートフォンからもアクセスできる優れものだ。まずは、「HDL-Z2WH」がどういったものかを説明してから、実際の使用感をお届けしよう。


スマホ写真は個人情報!安い・安心・大容量のパーソナルクラウドを実現する魔法の小箱「HDL-CE」
できれば、個人情報である家族の写真なども含まれるデータは、外部ではなく自分専用のクラウド環境で保存していきたい。安心して家族といっしょにテレビに映して楽しみたいものだ。そうした切なる願いをかなえてくれる魔法の小箱が、アイ・オー・データ機器のLAN&USB接続対応ハードディスク「HDL-CE」だ。


【ハイテク家電で新生活】
アイ・オー・データ機器

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

I-O DATA USB3.0対応 レグザ・アクオス録画対応ポータブルハードディスク「カクうす」 1.0TB ブラック HDPE-UT1.0 [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
I-O DATA USB3.0対応 レグザ・アクオス録画対応ポータブルハードディスク「カクうす」 1.0TB ブラック HDPE-UT1.0 [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr

↑このページのトップヘ