ZiZiの書き殴り妄想ノート

興味を持った事柄をその場で躊躇なくメモる

タグ:キヤノン



Canon PowerShot N100『2014年4月下旬発売予定予約』[前面と背面に2つのカメラ搭載!撮る人も思い出に残せるニューコンセプトカメラ] 【smtb-TK】
Canon PowerShot N100『2014年4月下旬発売予定予約』[前面と背面に2つのカメラ搭載!撮る人も思い出に残せるニューコンセプトカメラ] 【smtb-TK】



一芸に富んだカメラ!PowerShot N100の魅力をさぐる

写真拡大

今年もいよいよ待ちに待ったゴールデンウィークがやってきた。社会人にとっては年末年始に次いで、長期休むことができる大型連休ということもあり、家族揃って遊園地へ行ったり、ドライブを楽しんだりする人も多いだろう。

こうした行楽地への遠出で家族の楽しい思い出のシーンを残すためにデジタルカメラ(以下、デジカメ)があるわけだが、複数人で観光などに出かけた際の悩みに「撮影者は自分が撮影している写真に通常は映らない」という点だ。もちろん、その場に誰か別の人間がいたり、鏡でもあれば自分を含めた家族全体の写真を撮ってもらうことはできる。しかし、いつでもどこでも都合よく頼める人がいるとは限らない。

そんな「撮影者自身も写真に写りたい」という無理を実現してしまったのがキヤノンのデジカメ「PowerShot N100」だ。いったいどうやって撮影するのか? その魅力をさぐってみよう。

■思い出をストーリーで残す「ストーリーカメラ」
「PowerShot N100」の最大の特徴は、ストーリーカメラが背面に搭載されている点だ。単純に言えばスマホでインカメラとアウトカメラがあるが、あれと同じで撮影者側にもカメラ機能があり、その姿を捉えて同じ画像に一緒に組み込んでしまう。あまり良い言葉が浮かんでこないが、たとえるなら学生の遠足やクラス全体の集合写真で欠席した生徒が写真の隅に別ワクで張り付けられて映っている。あれをデジカメで実現してしまったのである。

01

これを「デュアルキャプチャー」と呼んでおり、ストーリーカメラが撮影者を撮影し、メインカメラで撮影した静止画や動画と合成して記録できるのだ。この機能によって、撮影者も写真に写ることができる。写るというか、追加することができるというのが正しい表現感もしてない。ただ、こうした発想は「目からウロコ」的な考えで、言われてみればなるほどと思える着眼点であり、さすがキヤノンと思わせる。

04

また本製品の「デュアルキャプチャー」では、静止画に静止画を加えるだけでなく、静止画を撮る直前4秒間+直後2秒間の動画を同時に記録できる「プラスムービーオート」という昨日まで搭載している。静止画を撮る前後の撮影者の表情を一緒に残すことで、そのシーンがもつストーリーを記録するという、新しい映像表現を実現している。これは、いままでにないデジカメの使い方と言えるだろう。

他にも作品映像のような動画アルバムを簡単に生成する「ストーリーハイライト」も大きな特徴だ。同機能を利用すれば、カメラ内のメモリーカードに記録された静止画と動画の中から、撮影者にとって大切なデータをカメラが独自のアルゴリズムにより選び出し、思い出の詰まった作品のような動画アルバムが作成できる。

03

この機能により子供の成長記録や、旅行・イベントなどの大切な思い出が編集された動画アルバムを手軽に作成して残すことが可能だ。


・ PowerShot N100 魅力紹介ムービー 【キヤノン公式】

以上のように「PowerShot N100」があれば、子供の写真を撮ったときの親の表情やリアクションを残すことができる。さらに、後で見直したときに、その時の情景を静止画+映像で見ることができ、忘れかけていたことをはっきりと思い出すことができる。

これからのゴールデンウィークをはじめ、春の運動会シーズンに向けて記念撮影シーンが増える中、デジカメの購入を検討している人は、「PowerShot N100」を選択肢の筆頭候補することをおススメしたい。

■「PowerShot N100」製品情報

■「PowerShot N100」スペシャルサイト

cc_by-nd 
Share on Tumblr



キヤノン、「置き撮り」「自分撮り」など自由なスタイルが楽しめるデジタルビデオカメラを発売
iVIS mini


キヤノンは、「置き撮り」「自分撮り」など、新たな撮影スタイルと映像の楽しみ方を提案する“iVIS mini”を、9月17日よりキヤノンオンラインショップ限定で発売します。

 “iVIS mini”は、クリエイティブな趣味やライフスタイルを持つユーザーに向け、「置き撮り」「自分撮り」など自由な撮影スタイルで映像を楽しめるカメラとして開発された。超広角レンズの搭載をはじめ、手で構えずに撮影可能な操作性を備え、コンパクトなボディーに仕上げている。これにより、ダンスや演奏といった室内パフォーマンスやクッキングなどを印象的な映像表現で撮影することに加え、それらの練習のための動きのチェックなどにも効果を発揮する。

■自由な撮影スタイルを実現する基本仕様
対角約170°(静止画撮影時、動画撮影時は対角約160°)のワイドアングルレンズの搭載により、室内、スタジオやカフェなど狭い空間でも隅々まで撮影できるとともに、遠近感が強調された印象的な映像表現を生み出す。加えて、多様な撮影アングルに対応するバリアングル液晶モニターと、最大で約60°まで自立する内蔵スタンドの採用により、「置き撮り」「自分撮り」を自在に楽しむことができる。

■妥協のない高画質・高音質
約1,280万画素の高感度CMOSセンサーと、高性能な映像処理プラットフォームDIGIC DV4の連携による「HS SYSTEM」の採用により、暗い室内でも解像感が高くノイズを抑えた映像を残せる。さらに、高品位ステレオマイクの搭載により、臨場感あふれる音声記録も実現している。

■用途を拡大する便利な機能
左右反転させた記録/再生が行えるミラーイメージ機能など、パフォーマンスやスポーツの動きのチェックに有効な機能を備えている。また、Wi-Fiに対応しているため、録画映像のSNSなどへのアップロードや、スマートフォンなどによるカメラのリモート操作を可能にしている。


 製品名:iVIS mini(ホワイト/ブラック)
 価格(税込):29,980円
 発売日:2013年9月17日


キヤノンオンラインショップ
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY

Share on Tumblr

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 EF-S18-55 IS STM レンズキット KISSX7-1855ISSTMLKCanon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 EF-S18-55 IS STM レンズキット KISSX7-1855ISSTMLK [エレクトロニクス]
商標:キヤノン
(2013-04-24)


“スゴ”かわいいプレイで話題沸騰!サッカーキッズを撮る「チャンスにKiss」新CM


被写体に対するピント合わせが高速で、コンデジでは難しい背景をボカす写真を簡単に撮影できるデジタル一眼レフカメラは、子供の成長をキレイな写真で残したいと思っているパパやママに大人気のデジタル家電だ。

中でも“キスデジ”の愛称で知られるデジタル一眼レフカメラで、デジカメ市場のデジタル一眼カテゴリーで圧倒的人気を誇るのがキヤノンの「EOS Kiss デジタル」シリーズだ。このキスデジ、初代が2003年9月に登場したので今年2013年9月に発売10周年を迎えることになる。

そのキスデジの最新モデルで世界最小・最軽量を実現し「EOS Kiss X7」が2013年4月24日より発売される。その発売に先立って新しいキスデジのテレビCM 「チャンスにKiss」篇が本日(4月18日)よりオンエアとなった。

このCM、単に可愛いだけでなく、視聴者に製品を印象づけるという意味で、プロモーション的に非常に優れたものなので、さっそく紹介しよう。

■撮影秘話あり!キッズたちの驚きの瞬間
CMでは、赤ちゃんたち(キッズたち)がセリアA、ブンデスリーガ、Jリーグといったプロのサッカー選手顔負けのスーパープレイを次々と繰り出し、そのスーパープレイの瞬間を逃さずに次々に新キスデジで撮影していくという内容になっている。



それがそのままEOS Kiss X7の特徴を伝えている。どんな素早い動きにも小型で軽量なEOS Kiss X7なら追従することができ、さらに即座にピントを合わせ、そしてシャッターチャンスを逃さないといったEOS Kiss X7の性能を示しているというわけだ。BGMにはQueenの「We are the Champions」が採用されている。デジタル一眼レフの中で圧倒的なチャンピオンを取るという思いが込められているのかもしれない。



CMの中身について少し触れよう。CMが始まると、赤ちゃんたちのサッカー大会か、と思わせる和やかな雰囲気から一転プロ顔負けのスーパープレイを次々と決めはじめるスーパーキッズたち。シザーズ、マルセイユターン、ヒールキック、そして、ダイビングヘッドでシュート! その驚きの瞬間を余すことなく捉えるのが、世界最小・最軽量のデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X7」という流れになっている。 



関係者によると、瞬間に強いデジタル一眼レフが、驚きの小ささになったことを伝えるため、今回のCMでは小さなスーパーキッズを起用したとのこと。キッズたちのおかげで、世界最小・最軽量のデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X7」がより印象づけられるものとなっている。EOS Kiss X7を擬人化したのがスーパーキッズたちと言い換えることもできる。



※APS-Cサイズ相当の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラにおいて。2013年3月1日現在(キヤノン調べ)。 サイズ:約116.8(幅)mm×90.7(高さ)mm×69.4(奥行き)㎜。重さ:約370g(本体のみ)。 


■どこが凄いの?「EOS Kiss X7」
今回キヤノンが満を持して発売する新キスデジ「EOS Kiss X7」について、まだ何も知らない人がいると思われるので、ここで簡単に説明しておこう。



「EOS Kiss X7」は、画質やAF性能などデジタル一眼レフカメラに求められる基本性能を高い水準で維持しながら、小型・軽量化を実現したデジタル一眼レフカメラだ。いつでもどこでも、手軽に持ち歩けるのでシャッターチャンスを逃さない。被写体の動きに追従しながらの撮影も余裕でこなすことができる。

特長1:小型・軽量
前機種である「EOS Kiss X6i」と比べ、体積は約25%小型化、質量は約28%軽量化を実現した。

特長2:かんたん撮影
シーンに合わせてシャッターボタンを押すだけ。一眼レフカメラ初心者にやさしい設計

特長3:ライブビュー撮影 
ライブビュー&動画撮影時の高速・高精度オートフォーカスをさらにワイドエリア化。よりオートフォーカスが快適になった。




主な仕様
・世界最小・最軽量のボディー、重さ約370g(本体のみ) 
・約1800万画素CMOSセンサー&DIGIC 5の高画質 
・中央クロス9点AFセンサー 
・最高約4コマ/秒の連続撮影 
・常用ISO感度100~12800(拡張ISO25600)の高感度 
・充実のモードダイヤルで、シーンに合わせた簡単撮影 
・ワイド3.0型・タッチパネル液晶 


「EOS Kiss X7」製品情報 
CMギャラリー
キヤノン
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
  • すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
  • 今日のできごと
  • 話題のニュース
  •  
    Share on Tumblr

    【台数限定特価】SONY コンパクトデジカメ Cyber-shot(サイバーショット) HX30V ブラック DSC-HX30V-B
    【台数限定特価】SONY コンパクトデジカメ Cyber-shot(サイバーショット) HX30V ブラック DSC-HX30V-B

    時期を選べば安価に入手できる! デジカメを確実に安く手に入れるテクニック【デジ通】
    発売直後の価格に対して半額程度で購入したDSC-HX30V
    人気のデジタルカメラは1年でモデルチェンジする。最新モデルを誰よりも早く使いたいというのであれば発売直後の最高値のときに買うしかないが、そうしたことにこだわらないなら販売価格が下がってきて、手頃になった頃を狙う方法がおススメだ。

    デジタルカメラは、毎年毎年機能が強化され続けているが1年程度では、画素数やASIC(デジカメの頭脳)などが、それほど大きく変化しないため、2~3年に一度くらいの間隔で買い替えていれば、比較的最新の機能を低コストで使い続けることができる。肝心の価格だが、発売期間の1年の間に大きく変動し、最高値の発売直後に比べ最後は半額くらいになることもあるのだ。


    特に価格変動が激しいのは5万円以下の低価格なコンパクトデジカメ(コンデジ)で、とりあえず1台購入するなら、その中でも以前紹介した光学ズーム性能の高いコンデジがおすすめだ。

    このクラスの製品は発売直後は定価の8掛け4万円後半で販売され、発売から半年程度で1万円くらい下がり、さらに数か月すると、なんと1万円台になることがある。

    価格.comの価格推移によると、ソニーのDSC-HX30Vは発売直後の2012年3月は3万円半ばだったが、8月頃になると2万円台に、10月頃になると最安値が2万円程度にまで落ちてきた。

    同ジャンルのキヤノンPowerShot SX260 HSの場合、発売直後の3月頃までは3万円程度だったが、5月頃には2万円台半ば、11月になると2万円を切るようになっている。

    どのメーカーの製品がいつ頃どのように価格が落ちるかは毎年変わるので予想はできないが、おおよそ発売から数か月以内に若干下がり、半年から9か月程度でさらに下がるというような傾向がある。

    例えば、上記2モデルは後継モデルが去年と同じ時期に販売されるとすると、12月から2月頃までがお得に購入できる時期と予想できる。しかし、売れすぎて価格が上昇する可能性もあるし生産完了になる場合もあることに注意。

    12月に購入しても2か月後程度には新モデルの情報が出てきて、3か月後には新モデルが店頭に並ぶ。自分が不満だった機能が数か月で改良されたりした場合はかなりがっかりすることになるが、発売直後の半額近い価格で購入できれば、あまり不満もないだろう。

    前述したように新機能を追うのでなく、2年から3年に一度程度新モデルに買い換えるなら、機能よりも落ちてきた価格を優先した方が賢い買い方だと言えるだろう。

    上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)] 

    デジ通の記事をもっと見る
    大画面液晶で超薄型のNEC LaVie X 商戦期は外れているが魅力的なUltrabook
    中古端末に潜むリスクを知るべし! スマホや携帯の中古品購入時の注意点
    万が一を考えるなら! データのバックアップだけでなく古いデバイスの整備保存もしておきたい
    Amazonの7インチタブレット発売! Kindle Fire HDが日本で成功するポイントを考えてみる
    二重課税を回避! 海外からの源泉徴収を回避するテクニック
    著作権ゴロには徹底対応! YouTubeでの著作権警告時の対策
    1台選ぶならどれ? デジカメ一台選ぶなら高倍率ズーム付きのコンデジがおススメ

    SONY Cyber-shot HX30V (1820万/光学x20) ブラック
    SONY Cyber-shot HX30V (1820万/光学x20) ブラック
    ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
    Share on Tumblr

    PowerShot S110
    PowerShot S110

    ITライフハック
    ホイールが特徴の高性能コンデジ!スマホと連携する、キヤノン「PowerShot S110」開封レポ
    キヤノンの高性能コンパクトデジタルカメラ「PowerShot S110」がついに発売された。マニュアル感覚でカメラを操れる「コントローラーリング」、タッチ操作でさまざまな動作が行える「タッチパネル」に加え、スマートフォンやタブレットへ写真を転送できるWi-Fi機能が備わったので、気になる人もいるだろう。

    そんな「PowerShot S110」を運良く入手できたので、開封レポートをお届けしよう。

    「PowerShot S110」のパッケージ。


    パッケージを開けたところ。


    「PowerShot S110」本体のほかに、リストストラップ、インターフェースケーブル、バッテリーパック、バッテリーチャージャー、Canon Digital Camera Solution Diskが同梱される。


    「PowerShot S110」製品情報
    キヤノン

    ITライフハック
    ITライフハック Twitter
    ITライフハック Facebook

    ■キヤノンに関連した記事を読む
    ミラーレス一眼は高画質APS-C時代へ!APS-C vs マイクロフォーサーズ
    ついに発売!キヤノン、初のミラーレス一眼「EOS M」開封レポ
    頂上対決は必至か?ミラーレス一眼の次世代機 ソニーNEX-5R vs キヤノンEOS M
    高画質と小型・軽量化を両立!キヤノンのミラーレス一眼「EOS M」を見てきました
    高解像度の写真で見る!キヤノンのミラーレス一眼「EOS M」はココが凄い

    Transcend SDHCカード 16GB Class10 永久保証 [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] TS16GSDHC10ETranscend SDHCカード 16GB Class10 永久保証 [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] TS16GSDHC10E
    トランセンド・ジャパン
    販売元:Amazon.co.jp
    クチコミを見る
    ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
    Share on Tumblr

    ↑このページのトップヘ