ZiZiの書き殴り妄想ノート

興味を持った事柄をその場で躊躇なくメモる

タグ:インテル


写真拡大

昨日「インテル、タブレットや2-in-1ノートに最適化した「Core M」を正式発表」で紹介したようにインテルの2-in-1製品向けCore Mが正式に発表された。その中で搭載製品は20以上のデザインが開発中で年内に約5社から、2015年初頭には様々な価格帯とフォームファクターで登場するとインテルがアナウンスしていた。早い製品では10月には発売されるようだが、ドイツで行われたIFAに合わせてインテル紹介したCore M採用製品から、どのような製品が登場してくるのかチェックしてみよう。

■Acer Swich 12
12インチのフルHD液晶を使ったデタッチャブル製品で、東芝のdynabook KIRA L93風に5つのモードで利用できるようになっている。

corem-helix

■Lenovo Helix
11.6インチのフルHD液晶を使用したデタッチャブル型2-in-1製品で、キーボード側にはYogaヒンジの機能もあるようだ。重量はタブレットでは795g、Ultrabookモードでは1.35kgか1.7kg。タブレット部分の厚みは9.6mmとなっている。

■DELL Latitude 13 7000 Series
デタッチャブル型の2-in1製品で、型番からは13インチ液晶を搭載していることがわかる。

corem-zen

■ASUS Zenbook UX305
13インチでQHD+の3200×1800ドットという超解像度版とフルHD版が用意される。厚みは12.3mmで重量は1.2kg。599ユーロから。これ以外には、「ASUS Transformer Book T300FA」とCOMPTEX TAIPEIで公開した「ASUS Transformer T300 Chi」も用意される。

corem-hp

■HP ENVY x2
15インチもしくは13.3インチのフルHD液晶を採用し、マイクロソフトのSurface風に、単体で自立できるスタンドを内蔵した製品。13.3インチ液晶モデルは949.99ドル、15インチ液晶モデルは849.99ドルとなっている。

詳細は公表されていないが、東芝、Winstronの製品も紹介された。どの製品も薄型軽量で、デタッチャブルも従来よりドッキング機構が洗練されていたり、従来よりも2-in-1の機構の使い勝手は向上しているようだ。価格は従来と同等程度になる模様。この中で、Acer、ASUS、Dell、HP、Lenovoの製品は年内に出てくるようで、多様な製品が登場するのは確実とみていいだろう。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

cc_by-nd 

Share on Tumblr

ITライフハック
発売日にゲット成功! Windows 8搭載「ASUS VivoBook X202E」開封レポ
ASUSのWindows 8搭載タッチパネル搭載ノート「ASUS VivoBook X202E」。Windows 8の発売日と同時に発売予定だったが、あまりの人気に予約が殺到したためか、発売日が延期され本日、10月31日の発売となってしまった。ITライフハックで何とか一台を確保、CPUがCore i3で本体カラーがシャンパンゴールドのASUS VivoBook X202E-CT3217Gだ。

■ASUS VivoBook X202Eの主な仕様
型番/本体カラー:X202E-CT3217G(Core i3モデル、シャンパンゴールド)
OS:Windows 8 64ビット 正規版
CPU:超低電圧版インテルCore i3-3217U(1.8GHz)
メインメモリー:4GB(増設不可)
液晶ディスプレイ:11.6型ワイドTFT、タッチスクリーン液晶
(10点マルチタッチ対応/LEDバックライト)
表面仕様:グレア
表示解像度:1366×768ドット(WXGA)、外部出力時1920×1080ドット(フルHD)
グラフィックス:Intel HD Graphics 4000(CPU内蔵)
ストレージ:500GB(HDD)
ワイヤレス:IEEE802.11b/g/n、Bluetooth 4.0
外部ディスプレイ出力:D-Sub 15ピン×1、HDMI出力×1
インターフェイス:USB 3.0×1:USB 2.0×2:SDメモリーカード(SDXC対応)
バッテリー駆動時間:約5.2時間
本体サイズ:幅303mm×奥行き200mm×高さ8.5~21.7mm
質量:約1.3kg
ビジネス統合ソフトウェア:KINGSOFT Office 2012 Standard 
価格:54,800円



54,800円という低価格ながら、タッチ液晶を搭載しCPUもインテルCore iシリーズとWindows 8を搭載し新しいUIのタッチ操作が可能になっており、コストパフォーマンスが非常に高いモデルと言える。ということでさっそく開封レポートをお届けしよう。

ノート等に見られる取っ手付きの箱という以外至ってシンプル。


箱を開ける。梱包も箱の外観同様にシンプルだ。


ACアダプター、製品マニュアル、Windows 8マニュアル、製品保証書など、必要十分な付属品類


本体左サイドにはAC電源、有線LAN、HDMI、USB3.0、USB2.0が並ぶ


本体右サイドには、SDカードスロット、マイク/ヘッドホン端子、USB2.0、D-Sub 15ピン(アナログRGB)出力


前面右側のパームレスト手前に各種LEDを搭載


アイソレーションタイプの日本語87キー、マルチタッチ対応のパッド


真正面から見た感じとWindows8の画面


グレア液晶の移り込み具合はこんな感じ


以上だ。なお使い勝手等やパフォーマンスについては、今後紹介する予定でいる。

ASUS VivoBook X202E-CT3217G
ASUS

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr

Intel 520 Series SSDSC2CW120A3K5 (120GB SATA SSD)
Intel 520 Series SSDSC2CW120A3K5 (120GB SATA SSD)

ITライフハック
SSDを初体験するチャンス! インテル SSD 520 短期決戦 3on3レビュー
最新のウルトラブック等を持っている人はさておき、数年間PCを使い続けている人のストレージはおそらくHDDがほとんどだろう。SSDは一度その速さを経験してしまうと、知らなかった頃には戻れないほど快適だ。OSがサクッと起動して来るしデータの書き込みも高速で、Windowsが見違えるようにキビキビと動くのである。だからといっておいそれと乗り換えるほどの予算がなくて、あきらめているという人に、高速なインテル SSD 520 シリーズをタダで手に入れるビッグチャンスがやってきた。

ソーシャルレビューコミュニティ「zigsow(ジグソー)」では、「秋のインテル製SSD製品 購入キャンペーン」( http://eventweb.jp/ssd/ )に連動したユーザー参加型製品レビュー企画「デビューするなら今がチャンス! インテル SSD 520 短期決戦 3on3 レビュー」のレビューアーを募集中だ。

レビューアーの募集要項を紹介する前に、インテル SSD 520 シリーズについて簡単に紹介しておこう。

■数多くあるSSDの中でも高速なインテル SSD 520 シリーズ
インテル SSD 520 シリーズは、各社が出しているSSDの中でも高速な部類に入る製品だ。読み込み速度が最大550MB/秒、書き込み速度が520MB/秒とHDDと比べようもないほど高速な読み書きが自慢だ。メディアの容量は、60GB、120GB、180GB、240GB、480GBと容量別に5種類がラインナップされる。



■インテル SSD 520をゲットする夢の企画
今回zigsowが行っている「デビューするなら今がチャンス! インテル SSD 520 短期決戦 3on3 レビュー」は、これまで「インテル SSDシリーズ」を使用する機会のなかった人に同シリーズを体験してもらうという企画だ。つまり“SSDを使ったことがない人”にとって大チャンスなのだ。

レビューでは、「インテル SSD 520 240GB」をこれまで気になっていながら機会のなかった人に使ってもらい「ファーストインプレッション」「こんなふうに試してみました」「総評」の3つに分けて簡潔にレビューしてもらい製品を使ってみたいほかのユーザーに同SSDを訴求することを目的としている。

募集と選出は3回に分けて行い、各回3名計9名のレビューを選出する。すでに最初の3名分の募集は終了してしまったが、残り2回のチャンスで選ばれる人数はあと6名。まだ間に合うのだ!



今回の企画は、パソコンのよりよい環境作りを提案するジグソーならではの、ユーザーが自由に書き綴るレビューと、選ぶ楽しさが一体となったキャンペーンというわけだ。PC用のストレージを交換したい!という人は、このビッグチャンスに賭けてみてはどうだろうか。

[PR企画]


●レビューアー募集概要 
レビューアー募集期間:2012年10月9日(火) ~ 10月25日(木) 23:59 
レビューアー選出日:
1stラウンド選出日:2012年10月15日(月)※終了しました 
2ndラウンド選出日:2012年10月22日(月) 
Final ラウンド選出日:2012年10月26日(金) 
応募資格:
・ジグソーにユーザー登録している人、または今回ご登録される方 
・ジグソーで既にご自分のもちものを登録されている方(もちものを登録していない場合、
 もちものの説明文が書かれていない場合は選考対象外になります)
・日本国内に在住の方


「デビューするなら今がチャンス! インテル SSD 520 短期決戦 3on3 レビュー」
zigsow
秋のインテル製SSD製品 購入キャンペーン
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr

↑このページのトップヘ