ZiZiの書き殴り妄想ノート

興味を持った事柄をその場で躊躇なくメモる

タグ:アマゾン




Miracast対応でKindleの画面を大画面テレビに表示


アマゾンの新型タブレット「Kindle Fire HDXが発売された。発売に合わせてl期間限定で体験スペースがオープンするなど、アマゾン側もかなりプロモーションに力を入れているタブレットだ。カラー液晶のタブレットのメリットが特に生きる動画配信サービスのインスタントビデオも開始され、気になっている方も多いと思う。アマゾンが体験スペース開始にあわせてプレス向けに説明したKindle Fire HDXの特徴を紹介しよう。

まずはアマゾンジャパンKindleデバイス&アクセサリー事業部長の小河内亮氏が、Kindle Fire HDXの特徴について説明した。Kindle Fire HDXのポイントとして「軽くて速くて画面がきれい」そして「音もいい」という点を上げていた。

サウンド環境は旧モデルから引き続きドルビーのデジタルプラスに対応するなど、各種タブレットの中でもかなり高いクオリティになっている。

旧モデルでは前面カメラしか搭載されていなかったが、本モデルでは背面カメラも搭載したため、持ち歩いたりしての写真撮影なども楽しめるようになっている。

また、Wi-FiによるMiracast対応で動画を大画面テレビなどに表示することができるため、Amazonインスタントビデオの映像を家族みんなで手軽に楽しむことを可能としている。Wi-Fi関連ではネイティブにワイヤレスプリンターに対応しているので、アプリのインストールなしで直接プリントが可能になる点も上げていた。



Kindle Fire HDX 8.9とiPad Airも比較してみた。重量はiPad Airの469gに対して、Kindle Fire HDX 8.9は374gと100g程度軽い。画面サイズが異なるものの画面解像度はiPad Airの2048×1536どっと(264ppi)に対して、Kindle Fire HDX 8.9の2560×1600ドット(339ppi)で情報量が多く精細感も高い。



機能面ではiPad Airと比べも基本機能が高い製品となっているが。むしろ価格は非常に安く、16GBでiPad Airの51,800円に対して39,800円と1万2千円安く、64GB版ではiPad Airの71,800円に対して51,800円と2万円安い。かなり魅力的な端末であるといえるだろう。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)] 

cc_by-ndcc_by-nd 
Share on Tumblr

DESERTED 人の住めない場所DESERTED 人の住めない場所 [Kindle版]
著者:谷内俊文
出版: エレファントブックス
(2013-03-10)


あの日からはや2年 福島第一原発20キロ圏内の記録をまとめた電子書籍写真集
2011年3月11日、14時46分頃、三陸沖を震源としたマグニチュード9.0、震度7という日本周辺における観測史上最大の地震が発生。この地震によって発生した巨大津波により東北地方と関東地方の太平洋沿岸部(岩手、宮城、福島、茨木)に甚大な被害をもたらした。

地震から約1時間後に14~15メートルの津波に襲われた東京電力福島第一原子力発電所は、全電源を喪失。結果原子炉を冷却できなくなり、1号機と3号機で炉心溶融(メルトダウン)が発生。水素爆発により原子炉建屋が吹き飛び、大量の放射性物質の漏洩を伴う重大な原子力事故にまで発展。このため、原発のある福島県浜通りを中心に、周辺一帯の福島県住民は長期の避難を強いられることとなった。特に原発から20km県内は警戒区域内とされ、著しく人の出入りが制限されている。その20km区域内に侵入し数々の写真を撮影してきた写真家が谷内俊文(たにうち・としふみ)氏。谷内氏は警戒区域内に侵入したため、逮捕され一度取り調べを受け、現在、東京地方検察庁公安部からの出頭通告待ちという状態にある。

今回、版元である電子書籍専門出版社エレファントブックスは写真の重要性と社会的影響を考慮し、電子書籍写真集でのリリースを決定。著者の意向を踏まえて写真の解説を日本語と英語の二言語で表記し、日本、アメリカ、イギリスを含む世界10か国のアマゾンkindleストアで販売を開始した。なお収益はすべて谷内俊文氏の福島原発撮影活動費ならびに前述の弁護士費用にあてられる。また3月9日~3月24日(日)まで、新宿区にある経王寺にて今作の写真展を開催中だ。

警戒区域内への侵入という違法行為は司法の判断に委ねるとして、いまだ自宅に戻れずに避難生活を余儀なくされている人々が15万人近くいる事実、これを忘れてはいけない。

■収録されている写真
















エレファントブックス
DESERTED 人の住めない場所

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

DESERTED 人の住めない場所
DESERTED 人の住めない場所 [Kindle版]
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY

Share on Tumblr

日本通信 bモバイル 3G・4G スマートSIM 980Turbo 月額980円定額使い放題データ通信専用標準SIMカード [BM-AMU150L]日本通信 bモバイル 3G・4G スマートSIM 980Turbo 月額980円定額使い放題データ通信専用標準SIMカード [BM-AMU150L]
販売元:日本通信
(2012-09-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



日本通信、月額980円の「スマートSIM 980 Turbo」をアマゾンとヨドバシカメラで9月25日より販売

ゼロから始めるスマートフォン

日本通信は24日、月額980円で利用できるデータ通信SIMカード「スマートSIM 980 Turbo」を2012年9月25日(火)から大手通販サイト「Amazon.co.jp」および大手家電量販店「ヨドバシカメラ」にて販売開始すると発表しています。

ヨドバシカメラにおいては、全国のヨドバシカメラ全店だけではなく、ヨドバシカメラのインターネット通販サイト「ヨドバシ・ドット・コム」で販売されます。

スマートSIM 980 Turboは、月額980円で使える定額使い放題のデータ通信SIMカードです。ベースの通信速度は150kbpsで、ワンタッチで通信の低速と高速が切り替えられる「Turbo Charge」にも対応しています。

パッケージ価格は3,150円。Amazon.co.jpまたはヨドバシカメラでSIMカード購入後、日本通信の受付専用webサイトでサービス申込をすることでデータ通信サービスが使えるようになります。標準SIMとマイクロSIMの2製品が用意されています。

日本通信 bモバイル 3G・4G スマートSIM 980Turbo 月額980円定額使い放題データ通信専用標準SIMカード [BM-AMU150L]
日本通信 bモバイル 3G・4G スマートSIM 980Turbo 月額980円定額使い放題データ通信専用標準SIMカード [BM-AMU150L]
クチコミを見る




ゼロから始めるスマートフォン
日本通信、月額980円の「スマートSIM 980 Turbo」をアマゾンとヨドバシカメラで9月25日より販売 | ゼロから始めるスマートフォン

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
日本通信、低価格通信の決定版「スマートSIM 980 Turbo」をヨドバシカメラで販売開始|日本通信株式会社
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr

jp  カメラ・デジタルカメラ   家電 カメラ

amazon tool bar にてリンク
アマゾンのアフィリエイト・リンクを一発で発行できる「アソシエイト・ツールバー」の「シェア」機能にTwitter以外に5つの無料ブログサービスが加わりました。 
Share on Tumblr

↑このページのトップヘ