ZiZiの書き殴り妄想ノート

興味を持った事柄をその場で躊躇なくメモる

タグ:お役立ち

週末のまとめ記事とまったく関係のないような話だが、つい先日、大学時代からの友人から「会社を辞めたいのだが相談に乗ってくれ」と連絡があった。久々に会って話をしたのだが、ご尊父に介護が必要になり、職場に相談したところ遠回しに辞職をすすめられたのだという。いわく「現職では何かあったときに駆けつけることができない云々」「家庭に不安要素を抱えていたら判断力が鈍る云々」と、もっともらしい理由を言われ二、三日後に返事をしろと言われ迷っているというのだ。

IT関連の会社に二十数年勤めているのでPCの知識もあるしスマホやタブレットも使いこなしている。職場では、PC関連で困ったことがあれば、その友人に聞けば、ほぼ解決すると言われるほどの知識も持っている。なのでIT関連の派遣に登録して適当な時期に働き、一定額を稼いだら介護、みたいな生活を送れないかというのである。

実際、筆者はIT系の派遣の仕事をしていた時期があり、数社の派遣にエージェントとして登録していたことがある。それを知っていての相談だったというわけだ。そこで、以前紹介したWordのまとめとExcelのまとめ記事を見せ「この中でどの程度知っているか?」を聴いたところ、なんと半分も知っていなかった。

即座に「この辺を全部覚えるまでは退職はすすめられない」と返事をした。

なぜなら筆者は、Excelの知識が乏しかったため二度ほど派遣登録を断られた経験があったからだ。派遣に必要とされるスキルはPCのトラブル解決の雑学ではなく、地道なExcelマクロやWordの装飾の知識なのである。友人もそのことを聞いて「退職はするがWordとExcelの勉強をし直すまでは退職しない」という決意を固めたようだ。ちょうどいい時期なのでExcelのまとめをアップデートしておく。IT関連の事務系で派遣登録をかんがえているのであれば、ここで紹介している知識に加えて最低限のマクロをマスターしておくのが必須だと思ってほしい。


Excelで指定した印刷範囲を無視して全体を印刷する
Excelでは、「印刷範囲」を設定することで、一部分だけを印刷するよう限定することができる。しかし、いったん設定したものの、場合によってはシート内の内容をすべて印刷したいこともあるだろう。そんな時は一時的に設定を無視してしまおう。


関連あるExcelシートを並べてれば作業効率アップ
Excelで1つのブックに複数のシートを作成している場合がある。シートはお互い関連した内容のものであることがほとんどだと思うが、内容を確認するのに、いちいちタブを切り替えて見るのは面倒だ。こういう時は、1画面にシートを並べて表示してしまおう。


Excelで罫線はコピーしない方法
Excelで表を作成するのに、見出しの下のみ太罫線を利用するなど、表の中で線種を変えていることも多いだろう。こういった表で、セルの内容を別のセルにコピーしようとして、罫線までコピーされてしまい、変なところだけ太罫線になってしまったなんて経験はないだろうか。こういう場合は、罫線を除いて、内容だけをコピーしよう。


WordやExcelで最近使用したファイルの一覧を表示する
[最近使用したファイル]を利用して、ファイルを読み込むことは多いだろう。しかし、ファイルを読み込んだ状態では、[ファイル]タブを開いても[情報]が表示されてしまう。いちいち[最近使用したファイル]を表示するのは面倒だ。そんな時は、必ずいくつかのファイルは表示されるように設定しておこう。


たくさんあるシートから目的のシートを見つけ出すExcelワザ
Excelでは、1つのブックに複数のシートを作成することができる。シートは左下にあるシート見出しをクリックすることで切り替えることができるが、たくさんのシートがある場合、スクロールさせないと見つからないことがある。そんな時に便利なワザを紹介しよう。


シート名を連番で設定するExcelワザ
Excelでは、複数のシートを利用することができる。シート名は変更することができるが、シート名に連番を付けたい場合もあるだろう。もちろん一つ一つ設定してもいいのだが、自動で連番の付いたシートを作成することができる。


ExcelやWordで他人のデータを上書きしないようにするワザ
仕事関係で数人で確認するようなファイルを渡されたとき、ついうっかり上書保存してしまったなんてことがないだろうか。今回は、そんなミスを防ぐための方法を解説しよう。


WordやExcelで、開いているファイルがどこのファイルかを確認する
別々のフォルダーに保存されている似たような名前のファイルを開いて作業をしている場合、どっちがどのフォルダーのものだったかが分からなくなって困ることがある。そんな時、WordやExcelでは、簡単にそのファイルのフルパスを知る方法がある。


Excelで行の間に挿入してコピーする
Excelで表を作成している際、後から間に項目を付け加える必要が出てくる場合がある。別の個所に挿入する部分を作成してコピーし、挿入したい位置で貼り付けを行うと上書きされてしまう。今回は、そんな時に役立つ、コピーした部分を挿入してしまう便利な方法を紹介しよう。


ダブルクリックするだけ! Excelでセル内容を簡単コピー
Excelで表を作成しているとき、あるセルに入力した数式を表の下の行にコピーするという作業をよく行うだろう。その際、ドラッグを利用している人が多いと思うが、実はもっと簡単にコピーは実行できるのだ。


Excelで2つのセルの内容を合体させる
住所録のデータとかで、都道府県と以降の住所、姓と名など、別々のセルに入力されているデータを1つのセルにまとめたい場合があるとしよう。いちいち入力し直していたら、大変だ。こんな時、計算式を使って簡単に2つのセルの内容を合体させることができる。


Excelでセル内の改行を一気に削除する
Excelでは、[Alt]+[Enter]キーを押すことで、セル内でも改行して文字を入力することができる。しかし、あとからセル内には改行を入れないようにしたくなった場合、一つ一つ探しては改行を削除していくのは大変だ。置換を使うことで、一気に削除する方法があるので紹介しよう。


Excelでデータの範囲に自動で名前を付ける
以前、「データ管理のコツ! Excelで範囲に名前を付ける」で、範囲に名前を付ける方法を紹介した。その際、範囲名は手動で入力していたが、実は表のデータを利用して自動的に範囲に名前を付けることができるのだ。




Excelの起動と同時にファイルを開きたい
仕事で毎日同じExcelファイルを操作しているというのなら、起動すると同時にそのファイルも開くように設定しておけば便利だろう。ちょっとしたことかもしれないが、ラクすることができるし、時間の節約にもなるはずだ。


一度入力した文字を再利用するExcel便利ワザ
Excelで表を作成する際、同じ文字を何度も入力することがあるだろう。そんな時、その列に以前入力したデータを簡単な方法で再利用することができる。それが[Alt]+[↓]キーだ。一覧が表示されるので、そこから選ぶだけで簡単にデータを入力できる。


Excelの起動と同時にファイルを開きたい
仕事で毎日同じExcelファイルを操作しているというのなら、起動すると同時にそのファイルも開くように設定しておけば便利だろう。ちょっとしたことかもしれないが、ラクすることができるし、時間の節約にもなるはずだ。


Excelの空白セルを一気に選択する
Excelの表で、データが入っておらず、空白となっているセルにまとめて何か処理を実行したいという場合、いちいちセルを選択して実行するのは面倒だ。[検索と選択]を利用すれば、自動的に空白セルだけを選択できるのでやってみよう。


Excelのシートタブに色を付けて見やすくしよう!
Excelは、画面下にあるシートタブを利用してシートを切り替えることができる。シート名は好きな文字列に変更できるが、シート数が多くなってくると、これだけでは目的のシートを探し出すのは大変だ。似たような名前が付いている場合などはなおさらだろう。こんな時はタブに色を付けて、より分かりやすくしてみよう。


連続入力するデータを自分で作っちゃおう! Excel便利ワザ
Excelでは、ドラッグだけで入力できる連続データはひんぱんに使う機能だ。しかし、「これれが入力したい!」と思ったものでも、意外に連続データ入力できないものも多い。そんな時は、自分でデータを作成してしまおう。


Excel表を書き換えたのに再計算されない!? を解決する
人から受け取ったExcelファイルを更新しようとしたところ、値を変更したのに合計が変更されないことがある。そんなときには自動で再計算する設定にしてみよう。


Excelで5ずつ増える数を入力!Excelで意外と知らない便利ワザ
Excelにはオートフィルという便利な機能がある。最初の数字を入力し、マウスでドラッグすることで、1ずつ増えた数値を自動的に入力できるのだ。しかし、いつでも1ずつ増える数値を入力するとは限らない。5日おきの日付を入力するなど、決まった数ずつ増えるデータの入力方法を紹介しよう。


Excel表をらくらく修正!ドラッグで列の順序を入れ替える
Excelで表を作成したものの、後から列の順序を入れ替えたくなるときがある。そんな時どうしているだろう? 移動先に列を挿入し目的のデータを移動したら、もとあった場所の列を削除する? そんな手間をかけなくても、実は、一発で列を入れ替えることができる。


入力し直し不要! Excelで表の行と列を入れ替える
Excelで表を作成したものの、行と列を入れ替えた方がよかった……なんてことがある。たとえば一緒にまとめて提出する書類が横置きなのに、縦に長い表を作ってしまったなどという時だ。いちいち入力し直すのは手間だし、間違いの基になる。実はコピー&ペーストを利用すれば、簡単確実に変更できるのだ。


見栄え良い表やグラフをiPhoneだけで作る そしてExcel形式で送る
iPhoneアプリにOffice互換ソフトは数多くあるが、ほとんどのアプリは利用できる編集機能は表内の数値を書き換えられるくらい。iPhoneでも表の見栄え良く整えたりグラフを編集したい場合、「Numbers」がオススメ。作ったファイルはExcel形式に変換して、パソコンに送信できる。


データ整理に役立つ! Excelで大量の連番をまとめて入力
Excelで連番を入力したい場合、オートフィルの機能を使うと、マウスのドラッグだけで簡単に連続したデータを入力する事ができる。ただし、たくさんのデータを一気に入力したい場合、ドラッグして範囲を指定するのも大変だ。こういう場合はコマンドを使おう。


Excel操作を簡略化! ドラッグ&ドロップでシート間コピー
Excelで複数のシートを使用している場合、このシート間でデータをコピーするにはどうしているだろう? 範囲を指定して右クリックメニューでコピーし、シートを切り替えて目的の位置で貼り付けという人も多いのでは? 実はもっと簡単な方法があるので紹介しよう。


計算式をすばやくチェックできるExcelの便利ワザ
Excelで表を作成したら、計算式が正しいかどうか確認する作業は欠かせない。ちゃんと目的のセルを参照しているかどうかをチェックしたいときに使える、便利ワザを紹介しよう。


肩や腕の負担を軽減するExcel/Wordキー操作術
ExcelやWordなどのオフィスソフトを使うときには、文字入力するキーボードと、リボンメニューを操作するマウスの間を右手が行き来して、肩こりの原因になる。あらゆる操作をキーボードから行う方法を覚えれば、この移動が不要となり、肩や腕への負担も軽減できるハズだ。


編集部:池田利夫+岡本奈知子(ジャムハウス
制作編集:エヌプラス
Copyright 2013 LINE Corp. All rights reserved.

■PC便利技が満載!「知っ得!虎の巻」ブログ
ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY

Share on Tumblr

ITライフハック
10月26日に登場してから1か月が経過したWindows 8.アップグレードや搭載PCを購入してバリバリ使いこなしている人も多くなってきたのではないだろうか。Windows XPやVistaから乗り換えたという人にとっては、「アノ機能どこにあるの?」「アノ設定はどうしたらいいの?」という部分があるかもしれない。ということでWindows 8を操作する場合に役に立つ記事をまとめておいたので参考にしてほしい。


スタートボタンがないWindows 8では検索機能を活用
Windows 8でアプリを起動するにはスタート画面を表示する。けれど、デスクトップで作業中にスタート画面に切り替えるのはめんどうに感じることも。タスクバーやデスクトップに、アプリのアイコンを表示しておけばすぐ呼び出せるけれど、登録していない場合には検索機能が頼りになる。


Windows 8のライブタイルを非表示にする
Windows 8のスタート画面に並ぶアイコンには、新着メール、ニュースや天気など、さまざまな情報が表示される。単にアプリを起動するためのアイコンではなく、リアルタイムに情報を知らせてくれる「ライブタイル」と呼ばれている。ライブタイルはオン/オフを切り替えることが可能だ。


Windows 8プチテクニック 万一のために「回復ドライブ」を作成する
Windows 8には、システムが深刻なエラーを起こしたときに外付けのHDDやメモリーカードからツールを起動してシステムの状態を調べることが可能な「回復ドライブ」という機能がある。Windows XPでは回復コンソールと呼ばれ、Vistaや7では「回復オプション」と呼ばれていた機能を発展させたものだ。


Windows 8プチテクニック cmdでIMEが有効になってしまうのを停止する
先日より始まったWindows 8のプチテクニック紹介企画の第二弾。今日はコマンドプロンプトを起動すると、標準状態では、日本語IMEがオンになった状態で起動してくるが、これが地味に迷惑だったりする。コマンドプロンプトは、IPアドレスのチェックを行う「ipconfig」や「netstat」「ping」といったネットワーク関連の基本的なコマンドから「chkdsk」「defrag」といったディスク周りのコマンドと便利なコマンドが多く用意されている。


Windows 8プチテクニック ファイル名を指定して実行の出し方
つい先日、筆者のオンボロデスクトップをWindows 8 Proへアップグレードした。タッチパッドやタッチ液晶等のまったくない、マウスとキーボードだけのPCなので、Windows 8にした意味が薄いかもしれないが、これから自分好みの使いやすいWindows 8へと環境を構築し直すついでに、気が付いた点などを紹介していこうと思っている。


Windows 8でよく使うアプリをすぐ使えるようにする
Windows 8のアプリはスタート画面から起動する。けれど、スタート画面をいくら探してもアプリが見つからないことがある。よく使うアプリなら、すぐに起動できるように、スタート画面に登録しておこう。


スタートメニューがないWindows 8のデスクトップを使いやすくするワザ
Windows 8の特徴は、アプリのアイコンがタイル状に並ぶスタート画面。アプリを起動するには、ここでアイコンをタップする。一方、デスクトップにスタートメニューはなくなった。よく使うアプリを起動するために、スタート画面に戻るのは面倒だと思ったら、タスクバーに「ピン留め」しておこう。


終了もここから Windows 8のチャームを極める
Windows 8にはスタートメニューがなくなり、アプリの起動はスタート画面から行うことになった。スタートメニューがなくなって、パソコンの終了や、Windowsの各種機能を利用するにはどうすればいいのか、迷うかもしれない。そんなときには、新しいメニュー「チャームバー」を活用しよう。


Windows 8のスタート画面を使いやすくカスタマイズ
Windows 8の発売日も間近。基本的な操作解説は、いろいろなところで書かれているので、ここではちょっとしたカスタマイズ方法について解説したい。今回は、最初に開く「スタート画面」を使いやすくしてみよう。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版 (XP・Vista・7からのアップグレード専用:2013年1月31日まで)
Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版 (XP・Vista・7からのアップグレード専用:2013年1月31日まで)
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr

ITライフハック
Excelの空白セルを一気に選択する【知っ得!虎の巻】
Excelの表で、データが入っておらず、空白となっているセルにまとめて何か処理を実行したいという場合、いちいちセルを選択して実行するのは面倒だ。[検索と選択]を利用すれば、自動的に空白セルだけを選択できるのでやってみよう。

■知っ得No.381 表内の空白セルを選択する
表を選択し、[ホーム]タブの[検索と選択]をクリックし、[条件を指定してジャンプ]を選択する(画面1)。
画面1 表を選択し、[ホーム]タブの[検索と選択]-[条件を指定してジャンプ]を選択する。

[選択オプション]ダイアログボックスで、[空白セル]を選択し、[OK]をクリックする(画面2)。
画面2 [空白セル]を選択し、[OK]をクリックする。

表内の空白セルだけが選択状態となった(画面3)。この状態で、たとえば[塗りつぶしの色]を実行すれば、空白セルだけにまとめて色を設定することができる。
画面3 表内の空白セルが一気に選択状態となった。

[Ctrl]キーを使って選択すれば、複数のセルをまとめて選択状態にできるが、空白セルが多い場合は面倒だし、大きな表の場合など、ついうっかり見落としてしまうなんてこともあるかもしれない。このやり方なら確実に空白セルを選択できるので、覚えておこう。

編集部:池田利夫+岡本奈知子(ジャムハウス
制作編集:エヌプラス
Copyright 2012 livedoor. All rights reserved.

■PC便利技が満載!「知っ得!虎の巻」ブログ
ITライフハック
ITライフハック Twitter

「知っ得!虎の巻」の記事をもっとみる
Windows 8のスタート画面を使いやすくカスタマイズ
Firefoxでいくつものタブを1画面に表示して見比べる
一文だけをパッと選択できるWord便利ワザ
プライバシーを守ってiPhone 5を使う
ブログは1つだけじゃつまらない! Tumblrで複数のブログを管理する
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr

ITライフハックへのアクセスログではアクセスして来るユーザーのブラウザの種類(ユーザーエージェント)が分かるようになっている。いまではChromeやFirefoxといったブラウザを合わせたほうがInternet Explorerを上回るようになってきている。

ということでITライフハックでは、ChromeやFirefoxの使いこなし技の解説を「知っ得!虎の巻」連載の中に取り込むことにしているのはご存じの通り。先月にまとめを紹介してから、およそ1か月、さらにアップデートされたので参考にしてもらいたい。


オフラインでもGメールが使えるChrome拡張機能【知っ得!虎の巻】
WebブラウザーからGメールを利用したいとき、普通はインターネットの接続環境が必要。だけど、拡張機能を入れるとオフラインでも、直前に同期したメールを読んだり、新規メールを作ったりできるようになる。電車で移動中など、いきなり回線が遮断される場面でも利用できて便利だ。


Facebookのメッセージを見逃さないChromeの拡張機能【知っ得!虎の巻】
ついつい忙しくて、Facebookにしばらくアクセスしないことがある。久しぶりにアクセスしてみると、友達リクエストやメッセージがいくつか届いていて、申し訳ない気持ちになる。そんなことを防ぐため、Google ChromeからワンクリックでFacebookの通知を見られるようにしておこう。


Firefoxのブックマーク管理がタグでもっと便利になる【知っ得!虎の巻】
よく見るページはブックマークに登録。これは誰もが実践していることだろう。Firefoxの場合、もう一工夫しておけば、もっと便利にブックマークを利用できるようになる。それが「タグ」なのだ。


Firefoxのダウンロードを俄然便利にするアドオンソフト【知っ得!虎の巻】
サイトからファイルをダウンロードするのに、Firefoxだとダウンロードマネージャが開く。ダウンロードが完了したら閉じなくてはならず、わずらわしいと思っている人も多いはずだ。そんな人にオススメなのがアドオンソフトの『Download Statusbar』だ。


目的のキーワードへ素早くジャンプできるChrome拡張機能【知っ得!虎の巻】
キーワードで検索したものの、ページ内に情報が多すぎて、探していることがどこに書かれているのか見つからないことがある。そんなときには、Chromeの拡張機能を使って、目的の場所へズバッとジャンプしよう。


会議の遅刻がなくなる! Chromeの拡張機能【知っ得!虎の巻】
スケジュール管理にGoogleカレンダーを利用する方も多いだろう。けれど、せっかくスケジュール登録していても、うっかり見逃しては意味がない。次の予定までの時間を表示してくれる拡張機能を利用して、会議の遅刻もなくしてしまおう!


Firefoxの超簡単ブックマーク登録ワザ【知っ得!虎の巻】
よく見るサイトは、ブックマークに登録しておけば簡単に呼び出すことができるので便利だ。Firefoxでは、わざわざメニューから選択しなくてもページをブックマークに登録できるし、詳細も設定することができるので、方法を覚えておこう。


タブの多段表示やウィンドウのシングル表示 Firefoxを強化しよう【知っ得!虎の巻】
Firefoxで[ツール]-[オプション]を選択してオプション画面を開き、[タブ]を選択してみると、実に簡単な機能しか用意されていないことが分かる。設定できる項目に不満がある人は、アドオンを利用して便利な機能を追加しよう。タブの多段表示や、Firefoxを1つしか開かない設定ができるようになる。


ニュースやメールをいつでもチェック! Chromeをカスタマイズしよう【知っ得!虎の巻】
Webブラウザーとして人気の高い「Google Chrome」、実はエクステンションを入れて機能拡張することで、もっと便利に使えるようになる。今回は情報収集に役立つ拡張機能を3本紹介しよう。


編集部:池田利夫+岡本奈知子(ジャムハウス
制作編集:エヌプラス
Copyright 2012 livedoor. All rights reserved.

■PC便利技が満載!「知っ得!虎の巻」ブログ
ITライフハック
ITライフハック Twitter

「知っ得!虎の巻」の記事をもっとみる
オフラインでもGメールが使えるChrome拡張機能
Facebookでアンケート みんなの意見を聞いてみよう
Firefoxのブックマーク管理がタグでもっと便利になる
Facebookのメッセージを見逃さないChromeの拡張機能
プロフィールはいつでも見てもらいたい tumblrで別ページ作成
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr


iPhoneの空き容量がなくなってきたら確認すること【知っ得!虎の巻】
iPhoneを長い期間使っているうち、気がつくとメモリの空き容量が不足してくる。音楽やアプリをたくさん入れているという場合、どこからデータを整理していいものか悩んでしまう。そんなとき、何のデータが多くの領域を占めているのか、確認する方法がある。

■知っ得No.360 iPhoneの使用状況をチェックする
iPhone 4Sには16GB、32GB、64GBのモデルが用意されているが、長く使ううち、それでも物足りなく感じてしまう。iPhoneの空き容量が気になってきたら、「設定」から、「使用状況」を確認してみよう。ここを開くと、どのアプリのデータがどれくらいのサイズを占めているのか、一覧で確認できる。
画面1 ホーム画面で[設定]アイコンをタップし、[一般]をタップするとこの画面が表示される。ここで、[使用状況]をタップする。

画面2 [ストレージ]項目で、各アプリのデータサイズが表示される。

上の画面に表示されるのは、アプリ本体のサイズだけでなく、アプリが作成したり、使用したりするデータまで含まれている。そのため、パソコンなどへバックアップ可能なデータはiPhoneの本体から削除したり、音楽は必要に応じてよく聴くものだけをパソコンから転送するなどの対策をとってみよう。

iPhone本体のメモリサイズは増量できない。パソコンやiCloudへのバックアップをうまく利用して、本体の空き容量を確保していく必要がある。

編集部:池田利夫+岡本奈知子(ジャムハウス
制作編集:エヌプラス
Copyright 2012 livedoor. All rights reserved.

■PC便利技が満載!「知っ得!虎の巻」ブログ
ITライフハック
ITライフハック Twitter

「知っ得!虎の巻」の記事をもっとみる
Firefoxのブックマーク管理がタグでもっと便利になる
Facebookのメッセージを見逃さないChromeの拡張機能
プロフィールはいつでも見てもらいたい tumblrで別ページ作成
連続入力するデータを自分で作っちゃおう! Excel便利ワザ
会議の遅刻がなくなる! Chromeの拡張機能
同窓会や女子会で大活躍! Facebookで簡単イベント作成
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr

ドラッグストアや薬局で、普段なんとなく薬を買っている方!第一類医薬品って御存知ですか?ドラッグストアや薬局で買えるけど、病院で処方される薬と同じくらい効き目が強い薬なんです。効果の強い成分が使われていて、薬剤師がいる販売店にて毎回使用上の注意を聞く必要がありますので、要注意です。


Share on Tumblr




Share on Tumblr



nanapiによるGoogle+完全レビュー、56項目に渡って利用法の詳細を解説いただいてます。コレを見ればもう安心、サークルに友達をどんどん+プラスして楽しめる。詳解した大量の記事なので少しずつマスターしたほうが無難かも?
  • Google+をはじめるときに知っておきたい背景

    Google+をはじめるときに知っておきたい背景

    はじめに Google+というサイトがスタートしています。これはGoogleがやっているソーシャルネットワーク(SNS)サービスです。 Google+ プロジェクト FacebookやTwitte...すべて読む

  • Google+の登録方法

    Google+の登録方法

    はじめに GoogleのSNS「Google+」(グーグルプラス)に登録する方法を説明します。 やり方 STEP1:Google+のページで「参加する」をクリック Google+のトップページにアクセ...すべて読む

  • サークルの追加方法

    サークルの追加方法

    Google+のサークルとは? Google+ではサークルという概念があります。 これは、簡単に言うと、人をいろいろと分類できるというものです。たとえば 知人 友人 家族 みたいに分けて...すべて読む


上記は3項目だけ、こんな感じで細かい利用法を完璧に紹介してくれるお役立ち記事です。
Share on Tumblr

↑このページのトップヘ