ZiZiの書き殴り妄想ノート

興味を持った事柄をその場で躊躇なくメモる

カテゴリ: なにこれひどい

壇蜜

写真拡大

壇蜜
9日、タレント・女優の壇蜜が、TBS系バラエティ番組「サンデージャポン」に出演し、佐村河内守氏を巡る騒動について語った。

「全ろうの作曲家」として活動していた佐村河内氏は、7日に記者会見を開き、別人に作曲させていたことなどを謝罪した。しかし、ゴーストライターであることを公表した新垣隆氏については、一部証言を否定。さらに「新垣氏らを名誉毀損で訴えます」と発言し、いまだに騒動が続いている。

同番組でもこの会見の模様を特集しており、司会の爆笑問題・田中裕二にコメントを求められた壇蜜は、まず「謝罪会見よりも、反論会見に聞こえてしまった」とその印象を語った。さらに「ご自分で会場を用意されたりしていたそうなので…そちらでせっかく謝罪をするチャンスを、ファンや関係者の方々への言葉を自らの手で潰されてしまったような気がして」と続け、佐村河内氏の謝罪の方法に疑問を呈している。

また壇蜜は「報道とのやり取りが過熱している様子がわかってしまって。なんとなく視聴者としては面食らっている。遠いニュースになってしまった」とも語り、騒動を冷ややかな目で見るようになってきたことも明かした。

同番組に出演したテレビプロデューサーのテリー伊藤は「(佐村河内氏は)自分を守ろうとしている」、俳優の坂上忍は「完全に、自分の自己主張を言いたいだけの会見になってしまった」とコメントするなど、佐村河内氏に対して厳しい姿勢を見せている。
cc_by-nd 
Share on Tumblr

トピックニュース
遠隔操作ウイルスに感染したパソコンを使い、横浜市のHPに犯行声明が書き込まれた事件で、元・明治大学の学生が、今年7月に誤認逮捕された。

10月15日に、真犯人を名乗る人物が、犯人しか知り得ないであろう情報を暴露したことから、元明大生は無実とされたが、この事件で、静岡家裁が、誤認逮捕された元明大生に対し、拘束された日数分の補償手続きを始めていることが判明した。

すると、ネット掲示板では、補償金の金額に注目が集まった。補償金は拘束1日当たり、最高1万2500円。少年は、7月1日に逮捕されてから、保護観察処分が決まった8月15日まで、46日間拘束されたため、最高で57万5千円が支払われる可能性がある。

補償金の推定金額にネット掲示板では「安すぎるw」「おいおい、ふざけとんなあ」「人生狂わされたのにたった57万」「警察はたった1万2500円払えば人間の自由を拘束できるのか」と、非難の声が殺到している。

また元・明大生は、逮捕時に「明治大学の学生」と報じられていたが、10月中旬には各メディアで「元・明治大学生」と表記が変更されている。これを知ったネットユーザーの間では、誤認逮捕が原因で大学を辞めざるをえなかったのではと憶測が広がっている。

【関連記事】
無実の罪を着せられた学生、大学を辞めていた!?
警察が犯行動機を創作か? 掲示板では怯える声も
PC遠隔操作事件 家裁の異例の保護観察取り消し処分にあたり、お父さんがコメントを発表されました
誤認逮捕されてしまった場合、損害は補償されるのか - 弁護士ドットコム

【関連情報】
誤認逮捕の少年に補償手続き開始 静岡家裁、PC遠隔操作で
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY
Share on Tumblr

↑このページのトップヘ