リコーイメージングは1月30日、全天球撮影カメラ「RICOH THETA」専用のWindows、Mac、iOS、Android向けアプリをアップデートした。最新版では、撮影した全天球イメージをGoogleマップ、Google+上に公開可能になった。

「RICOH THETA」

RICOH THETAは、一度のシャッターで撮影者を中心とした全天球画像を撮影できるカメラデバイス。スマートフォンとの連携も考慮されており、ユーザーが撮影した画像をWi-Fi経由で端末に転送可能。Windows、Mac、iOS、Android向けの専用アプリが公開されている。

最新版アプリでは、RICOH THETAで撮影した全天球イメージをGoogle+上に共有できるようになった。また、Googleマップへの投稿に対応したことで、全天球イメージをつなげて、オリジナルのストリートビューを作成できるGoogleマップの「Constellations(コンステレーション)」機能を利用可能となっている。

「Constellations(コンステレーション)」


© Mynavi Corporation. All Rights Reserved.