人気の7インチタブレット「Nexus 7」にSIMフリー版の「モバイル通信対応モデル」が日本でも発売!2月9日から販売開始
いよいよ3G通信対応版が日本でも発売!

ASUSTeK Computer(ASUS)は7日、7インチタブレット「Nexus 7」のモバイル通信対応モデルを日本向けに2月9日(土)に発売することを発表しました。オープン価格で、メーカー予想実売価格は29,800円となっています。

モバイル通信対応モデルは、SIMロックフリー端末で、microSIMスロットにSIMカードを挿入すれば、いつでもどこでもW-CDMA(HSPA+)方式で、インターネットにアクセスできることが特徴です。

W-CDMAの対応周波数帯は850/900/1700/1900/2100MHz帯で、これらに対応した事業者が提供するマイクロSIMカードを用意して、然るべき設定を行えばモバイル通信ができるようになります。モバイル通信に対応したこと以外は、既に発売済みのWi-Fi(無線LAN)モデルと同等のスペックとなっています。ただし、OSは最初からAndroid 4.2(開発コード名:Jelly Bean)になっています。

また、バッテリー駆動時間については、モバイル通信時で9時間程度で、本体サイズは、幅198.5mm×奥行き120mm×高さ10.65mm、質量は約350gと、従来のWi-Fiモデルに比べ高さが0.2mm高くなっていることと、約10g重くなるとのことです。内部ストレージは32GBモデルのみで、製品型番は「Nexus7-32T」となります。

ASUSは、先月に「Padfone 2」を国内で発売するなど、SIMロックフリーなスマ-トフォンやタブレットを積極的に投入する傾向にあります。更なるSIMロックフリー端末の登場に期待したいところです。

記事執筆:せう(Sho INOUE)

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Nexus 7 - S-MAX - ライブドアブログ
Padfone 2 - S-MAX - ライブドアブログ
ASUS
ƒNƒŠƒGƒCƒeƒBƒuEƒRƒ‚ƒ“ƒY